谷古田用水をたどる⑥

「谷古田(やこだ)用水」の6回目です。
訪問日:2017/6/24

前回の水路の十字交差地点に入る写真を再掲。
前回はここから左に曲がってみましたが、まっすぐ方向も念のため行ってみましょう。
b0206463_15152738.jpg


道路を渡ってすき間道に入っていきます。
b0206463_15153820.jpg


突き当たりまで行くと、どうやら左に曲がっています。
b0206463_15154643.jpg


縁石付きで続いています。
で、突き当たりをまた右に。
b0206463_15155237.jpg


何だか雑なコンクリート蓋にw
b0206463_1516088.jpg


まっすぐ続いているのですが...
b0206463_15161248.jpg


何か左にも曲がっているような......。
b0206463_15162450.jpg


とりあえず正面方向に向かってみましょうか。
何だか細い側溝みたいになってしまったので、興味を失いつつありますが。
ここで途切れたように見えますが、
b0206463_1516344.jpg


右に曲がっていました。
b0206463_15164277.jpg


すぐまた左に。
b0206463_15164827.jpg


その奥は雑然としていますが、
b0206463_15165517.jpg


雑然エリアを抜けると、舗装路に。
b0206463_1517333.jpg


舗装路の先は、あの茂みが続きなのでしょうね。
b0206463_1517115.jpg


最後は綾瀬川にぶつかって終了です。
合流口みたいなものはもちろんありませんでした。
b0206463_15171743.jpg


さて、先ほど左に分かれていたルートを一応たどってみると、すぐに左折。
b0206463_15172547.jpg


左折した先は...
b0206463_15173224.jpg


再開発されたエリアに入ったようです。
どこかで本流に合流していたのかもしれません。
寄り道のルートはこれで終了。
水路の十字交差地点から北上するルート(冒頭の写真だと右方向)に向かってみます。
b0206463_15174059.jpg


この歩道は明らかに暗渠。
b0206463_15174976.jpg


途中、左から合流(または分水)している暗渠がありました。
b0206463_15175766.jpg


まっすぐに続いています。
しかし、この方向はどうせ綾瀬川にぶつかって終わりとなりそう。
スルーして先に進みます。
b0206463_151856.jpg


広い道にぶつかって消滅した感がありますが、このすぐ右に整備された川があることは手元の地図で分かっていました。
b0206463_15181354.jpg


これですね。
川の名前などは書いてありませんでしたが、谷古田用水ですね。
b0206463_15182352.jpg


振り向くと、そこから先は歩道暗渠のようでした。
ここまでにたどってきた暗渠は、このルートから分水しているのでしょうが、正確な分水地点などは分かりません。
b0206463_15183764.jpg


もう少し進んでみると、何と歩道が先細りになって消滅しています。
手元の昭文社の地図では、この辺、開渠がずっと続いているように書いてあるんですけどねえ。
この道を進んでももう何も起こらないので、先ほどの整備された水路をさかのぼっていきます。
b0206463_15184542.jpg


しかしこの水路、よく見ると二重構造になっています。
おそらく、下が本来の水路で、上は処理水を通しているのでしょう。
b0206463_15185869.jpg


この水路をたどっていくと、右側から別の水路が合流していました。
b0206463_1519672.jpg


この歩道部分ですね。
ちょっと面白そうなので、たどってみることにします。
b0206463_15191423.jpg

次回に続きます。
[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2017-09-19 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(0)  

谷古田用水をたどる⑤

「谷古田(やこだ)用水」の5回目です。
訪問日:2017/6/24

縁石付きの暗渠をたどっていくと、ここで道路の左から右にサイドチェンジ。
b0206463_19348.jpg


ここから道路の右側です。
b0206463_192055.jpg


ここはマイ橋。
b0206463_194180.jpg


ガードレールを越えて進みます。
b0206463_195015.jpg


あらら、コンクリート蓋の上に車。
b0206463_195776.jpg


この先でコンクリート蓋は終わってしまいますが、突き当たりを左に曲がっているようです。
b0206463_110356.jpg


左折してしばらく行くと、道路上の何となく暗渠っぽい構造物を経て、広い道路に合流してしまいます。
この広い道を右に進むと、このシリーズの第2回で開渠が終わっていた地点に着きます。
もしかしたら、この広い道の歩道を通って、開渠の直前で合流しているのかもしれません。
b0206463_110828.jpg


今の道を逆方向から撮る。
こうして見ると、何だか暗渠っぽい道に見えます。
b0206463_1101778.jpg


さて、このルートの反対方向をたどっていきます。
b0206463_1102317.jpg


縁石が付くのはこの交差点まで。
b0206463_1103267.jpg


その先は縁石がつながって、暗渠らしさがなくなってきます。
b0206463_1103929.jpg


これが延々と続くw
b0206463_1104625.jpg


最後は何かの工場にぶつかります。
たぶんここで右折しているのかなあ。
b0206463_1105374.jpg


その道もすぐに広い道路にぶつかって、あとは分からなくなります。
スタート地点に戻ります。
b0206463_111264.jpg


えーと、スタート地点ってどこでしたっけ。
ああ、そうそう、ここでしたね。
で、この地点、よく見ると、左側の道路幅が広くなっています。
変な斜めのガードレールも不自然ですし。
おそらく写真左方向から来て、ここで左折したのでしょう。
b0206463_111912.jpg


角度を変えて。
やっぱりそんな感じでしょう。
b0206463_1111693.jpg


次の交差点で、道幅が元に戻っています。
そして、写真左に車止めが見えます。
こちらからやってきたものと思われます。
b0206463_1112221.jpg


この歩道のところね。
b0206463_1113158.jpg


ここから車道を離れ、奥まっていきます。
b0206463_1113978.jpg


裏道感たっぷりの暗渠。
b0206463_1114698.jpg


そして、この交差点でずいぶんと込み入ったことになっていました。
b0206463_1115155.jpg


交差点の右方向にもコンクリート蓋。
b0206463_1115979.jpg


左方向も。
この地点で水路が十字に交わっているようです。
で、方向的にはこちらは谷古田用水の下流方向。
これが谷古田用水の本流の続きかもしれません。
b0206463_112840.jpg


下流方向に進むと、ダイキン工業の敷地です。
このルートが、このシリーズの第3回の後ろから5枚目の場所(やはりダイキン工業の敷地)につながると考えたいですね。
b0206463_1121415.jpg


ちなみに、今の敷地内をのぞき込むと、一段低く、遊水池になっているようでした。
b0206463_1122596.jpg


で、ここでおばあちゃんに散歩してもらっているニャンコに遭遇。
b0206463_1123179.jpg


男前のニャンコでした。
b0206463_1124210.jpg

次回は、先ほどの水路の十字交差地点に戻り、それまでたどってきたルートの正面方向に探索を続けます。
[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2017-09-12 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(0)  

谷古田用水をたどる④

「谷古田(やこだ)用水」の4回目です。
訪問日:2017/6/24

谷古田用水との関連も分からぬまま、暗渠らしきルートをたどっていきます。
b0206463_194109.jpg


ここで90度右に曲がり、
b0206463_19411680.jpg


この先で道路と併走します。
b0206463_19412743.jpg


この蛇行具合は何とも良い!
b0206463_1947362.jpg


ここでいったん途切れたようになりますが、
b0206463_19414479.jpg


斜めにずれて再開しています。
b0206463_19415215.jpg


その先は、集合住宅の手前で左折。
b0206463_1942115.jpg


カクンと。
b0206463_1942783.jpg


その先は真っ直ぐ。
b0206463_19421522.jpg


カクカクと蛇行。
b0206463_19422454.jpg


また左折。
b0206463_19423074.jpg


左折の次は右折。
b0206463_19424063.jpg


また真っ直ぐ。
b0206463_19424749.jpg


道路を渡って、
b0206463_19425454.jpg


うーん、何だか左右にコンクリート蓋が続いています。
何かに合流、または分水しているようです。
b0206463_1943452.jpg


右方向。
b0206463_19431088.jpg


左方向。
今横切ったばかりの道をまた横切ります。
まずはこちらに進んでみます。
b0206463_19431683.jpg


裏道感あり。
b0206463_19432582.jpg


しかし、このルートはすぐに終わってしまいました。
近辺に続きは見つけられず、これで終了です。
先ほどの合流(分水?)地点に戻り、反対方向に行ってみましょう。
b0206463_1943314.jpg


またもや左から何かが合流(もしくは分水。以下略w)。
b0206463_19433860.jpg


先の方はこう。
まずはこちらに。
b0206463_19434578.jpg


道路の左右とも護岸風。
b0206463_1943524.jpg


またしてもぷっつりと途切れてしまいました。
まあ、あんまり長く続かれても大変ですから、これでいいんですが。
先ほどの地点に戻り、先に進みます。
b0206463_1944041.jpg


ここで道路を渡って、また何かと合流しています。
b0206463_1944737.jpg


右方向は縁石付きコンクリート蓋暗渠。
b0206463_19441428.jpg

次回はこちら方向に進みます。
[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2017-09-05 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(0)