出井川支流の前野川をたどる

さて、そろそろ地元の暗渠をご紹介したいと思います。
埼玉に転居しましたので、もう地元ではないのですが、板橋区は永遠に私の心のふるさとですから、今後はいちいち断らず、“地元”で通させていただきます。

板橋区には、新河岸川(しんがしがわ)に南から注ぐ3本の長い川があります。
出井川、蓮根川、前谷津川です。
現在はいずれも全区間暗渠となっています。
今回は3本のうち最も東を流れる出井川の支流「前野川」をたどります。
本流である出井川は、次回たどってみたいと思います。
訪問日:2009/9/19、2009/10/12、2010/3/14

こちらが前野川周辺の地形陰影図。
赤い矢印の場所からスタートします。
東武東上線「上板橋駅」が最寄り駅。
b0206463_18433542.jpg


暗渠のスタートポイントはここ。
ん? 分かりませんか?
ガードレールの左がちょっとした崖になっていて、階段で下りていくんです。
(若木1-6、7)
b0206463_1843528.jpg


ちょっと別の角度から撮ってみました。
ガードレールの向こうが低いのが分かるでしょうか。
右側にも階段があって降りることができます。
この場所、行ってみるとすごく変な雰囲気の場所なんです。写真で伝わるかなぁ。
ここに来れただけでも満足。
b0206463_18445100.jpg


左の階段上から撮ったところ。
右の道に斜め方向からぶつかる細い道。
早くも暗渠臭がぷんぷん。
b0206463_18442764.jpg


ガードレールの所から暗渠方向を撮ったところ。
右の道からはどんどん離れていきます。
b0206463_18444084.jpg


ガードレールの右から降りる階段がこれ。
前野川は右方へ流れていきますが、写真正面の方からも暗渠っぽい道が。
b0206463_1844508.jpg


いやー、それっぽいなー。
前野川の支流と見たいですね。
突き当たりを数段の階段で上がって終わります。
b0206463_1845375.jpg


本流の方を進むと、両脇のお宅とは相当な段差があり、こんな裏手階段も。
階段の上には細っそいドア。
b0206463_18451516.jpg


先に進むとちょっと広くなります。
右手の段差はさらに拡大。
b0206463_18452974.jpg


あれ、道がこんなことになっている。
これが川筋だとでも言うのでしょうか。
b0206463_18454116.jpg


さらに進むと、急に細くなります。
b0206463_1846074.jpg


先が見通せない。
b0206463_18461272.jpg


ちょっと広い道に出ます。
ここは若木通り。
b0206463_18462660.jpg


右と左に道があります。
どっちを行くのかな・・・。
b0206463_18465023.jpg


右が正しいようです。
b0206463_1847218.jpg


どんぐり山公園の脇を通り・・・
b0206463_18471485.jpg


この交差点でちょっとクランク。
クランクした先は勾配が急にきつくなり、水が流れていた頃は急流だったはずです。
そして、ここは実は絶好のV字谷鑑賞ポイント。
b0206463_18472711.jpg


ほらっ。
これは左岸の坂を上がったところ。
b0206463_18474135.jpg


今度は右岸から。
どっちから見ても対岸の坂がくねっと曲がって見えなくなります。
すごくいい。
b0206463_18475766.jpg


さらに進みます。
左岸からこんな支流らしき細道が合流。
この先は行き止まり。
b0206463_18481150.jpg


ここで右手からくっきりとした谷筋が合流。
この階段の右奥が公園になっており、その脇を手前の方に流れてきています。
この支流はあとで追ってみることにして、先へ進む。
b0206463_18482988.jpg


ひゃー、かなりカクカク。
ちょっと雰囲気変わりますね。
このあと、広い緑道になるのですが、ちょっと写真を撮ってません;;
緑道にはあまり関心がないので、気が抜けたようです。
b0206463_18484054.jpg


しかしっ。
緑道が終わったところで、こんな脇道が始まっています。
これが暗渠の続きなのです。
雰囲気ががらっと変わります。
(中台2-52)
b0206463_18485685.jpg


暗渠は突き当たりを右に曲がります。
うーむ、広い。
広いのにこの“打ち捨てられた感”はどうでしょうか。
b0206463_1849886.jpg


車が入れないのにこの広さはないでしょ。
無駄に広い空間です。
面白い。
b0206463_18491980.jpg


突き当たりを振り返ったところ。
これだけ広ければ、普通は緑道にするでは?
突き当たりは出井川との合流地点なので、ここで終わりです。
(中台2-50)
b0206463_18493073.jpg


スタート地点とゴール地点がひどく印象的で、途中も暗渠らしさがたっぷり楽しめる、なかなかいい暗渠でしたよ。
途中で合流していた支流を紹介する尺がなくなってしまったので、次回の出井川のアタマでご紹介しようと思います。

今回のルートです。

[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2010-09-15 19:18 | 新河岸川系 | Comments(5)  

Commented by nama at 2010-09-15 19:35 x
うわーすっごい暗渠暗渠していますねえ!
出井川は行ってみたいポイントだったのでたのしみにしてますよ。
板橋の記事を書いたときにコメントくださった方が、出井川に残る看板の話をしてくださって、それがとても印象に残っています。
Commented by 猫またぎ at 2010-09-15 20:59 x
前野川は暗渠ファンなら満足できる暗渠ではないかと思います。

namaさんが板橋の暗渠について書かれた時の事は鮮明に覚えていますよ。
「ブログにコメントを入れる」ということを初めてした時だったんです。
「風呂釜支流」の記事を拝見して興奮し、無我夢中で現地訪問、そしてコメントしたのでした。
身近にこんなすごい所があったなんてねぇ・・・。

出井川のコメントも覚えていますが、「川をよごすな」看板はちょっとどこだか分からないですねぇ。
たぶん緑道部分のどこかにあると思うのですが、緑道はさらっと流してしまう悪い癖がありまして・・・w
Commented by リバーサイド at 2010-09-15 22:39 x
わぁ、板橋にも、面白い場所がいっぱいあるのですね。思わず行きたくなってしまいました。

杉並の暗渠もまだまだ制覇してないのに・・・。
私は本流を歩くことから始めることにしているので、まずは新河岸川(都内部分)から行かなければ・・・いつのことになることやら。
Commented by lotus62 at 2010-09-16 10:48 x
!!!いいところですね!!! 始まりの階段も素敵。
このへんはほんとノーマークだったので、とてもおもしろいです。見所がいっぱいあるんですねえ。
出井川も楽しみにしています!!!
Commented by 猫またぎ at 2010-09-16 12:33 x
>リバーサイドさん
新河岸川本流からですか・・・(絶句)
道を究めようとする方の心意気を感じます。

新河岸川は、確か埼玉県内では2回ほど東武東上線を横切っていますので、私は毎朝2回ずつ出会っていることになります(帰りを含めれば計4回。夜は見えないけど)。
子供の頃は新河岸川に近い小豆沢という所に住んでいましたし、個人的にとてもなじみ深い川なのですね。

>lotus62さん
実は、出井川探索では、意外な展開が待っていました。
2回シリーズの前編を今夜アップしますので、ご覧になってみて下さい。

<< 出井川をたどる① 三田用水・今里橋への書き込み >>