大田区の「水没するレール」たちを見に行く

今回の記事にはちょっと前置きがあります。
以前、えいはちさんの記事のコメントで、「水没するレールが印象的だ」というようなやり取りをしました。
その際、私は「旧呑川」の水没するレールのことを言っているのかと思い、コメントしていたのですが、えいはちさんは「貴船堀(きぶねぼり)」のことをおっしゃっており、そこでお互いに「水没するレール」が複数あるということに気がついたのでした。
いつか貴船堀にも行ってみなければと思っていました。
先日の土曜日に希望がかないましたので、ご報告します。
なお、上のえいはちさんの記事は、私がブログを始めるきっかけとなったので、印象深いです。

訪問日:2010/10/23

大田区にはいくつもの旧川跡や堀跡があり、東京湾に河口を持っていましたが、そのほとんどが埋め立てられています。
しかし、河口手前の数百mくらいは埋め立てられずに残っていることが多いようです。
おそらく船舶の係留地として適しているからなのでしょう。
現在も多くの船がこれらの堀を埋めています。

「水没するレール」は、修理などのために水から引き上げる目的で設置されていると思われます。
旧呑川や貴船堀以外にもあるようなので、南の方から順に訪ねてみました。

これは「南前堀緑地」の入口。
丸く突き出た面白い形をしています。
(大田区東糀谷3-9と4-10の間)
b0206463_2164185.jpg


ここのすぐ左にはこんな看板がありました。
目を回している絵にしか見えない。
b0206463_2165283.jpg


この位置には「南前堀排水場跡」がありました。
昭和56年までは堀も健在だったことが分かります。
b0206463_217154.jpg


これは何の役割を果たしていたものでしょうか。
b0206463_2171059.jpg


さて、しばらく河口方向へ歩いて、ここが堀として残されている場所との境です。
上は高速羽田線が通っているので暗い。
高い金網で隔てられています。
b0206463_2171933.jpg


金網の上に手を伸ばして撮ってみました。
残念ながらここには「水没するレール」はないようです。
なお、どの堀もこんな風に、船を引き上げやすいように(だと思いますが)、「浅瀬」の造りになっています。
b0206463_217316.jpg


次は「北前堀緑地」です。
ここは北前橋。
堀留の位置へ向かいます。
b0206463_2174133.jpg


河口へ向かう途中、こんな物件が気になってしまいました。
存在意味不明の「二重の歩道」。
b0206463_2175227.jpg


うっかり右の歩道を進んでいると、こんな風に植え込みに突入することになります。
b0206463_218142.jpg


堀の位置まで来ました。
ありましたねー、水没レール。
でもここは堀の周りを植物が覆い隠しており、ちょっと撮影しにくい場所でした。
見届けたことに満足してあっさり次へ行きます。
b0206463_2181050.jpg


次を目指してさらに北上すると、新呑川を横切ります。
ここも多くの船舶が係留されています。
これは旭橋から見た上流方向。
b0206463_2182091.jpg


これが下流方向。
ここを下ると、もうほとんど海と言ってもいい海老取川に合流します。
b0206463_2183266.jpg


また北上し、この旧呑川緑道に出ました。
b0206463_21841100.jpg


この看板はなんでしょうか。
ここでゴルフ!?
b0206463_2185272.jpg


堀まで来ると、ここは6/6に一度来て知っていましたが、水没レールがありました。
上に船を乗せる台も見えますね。
b0206463_2192100.jpg


手前にあるのは船を牽引するための機械でしょうか。
b0206463_2191337.jpg


これは6/6に訪問した時の写真。
まだ朝なので日差しの方向が違います。

上に本当に船が乗っていて楽しい。
進水式か。
b0206463_2192682.jpg


これも6/6、昭和島から渡ってくる橋「大森東避難橋」からの写真。
えいはちさんの記事の写真とほとんどアングルが同じ!
b0206463_2110643.jpg


ついでにモノレール昭和島駅の様子も。
ホーム狭っ!
屋根も狭っ!
学校の廊下みたいな幅のホームです。
b0206463_21101982.jpg


さて、次の貴船堀にようやく到着しました。
おー、ありました。確かに。
「水没するレール」。
b0206463_21102938.jpg


手前から撮ってみました。
おじさんが釣りをしています。
油が浮いてたりしてメチャメチャ水は汚いのに、釣れるのかな。
b0206463_2110393.jpg


さて、ここまで来たら、えいはちさんの訪問された「ふるさとの浜辺公園」に行ってみない手はありません。
おお、ここですか。
b0206463_21104924.jpg


浜に下りてみました。
右手の方角を見ると、奥には先ほどの「大森東避難橋」が見えます。
b0206463_2111078.jpg


左を見ると、湾状になっています。
b0206463_21111219.jpg


「アサクサ海苔生育観察実験」をやっているそうです。
奥に見えるのは昭和島。
b0206463_21112225.jpg


えいはちさんの記事にあった「あわれなクラゲ」は今回はいませんでした。
b0206463_21113318.jpg


ここまでが砂浜。
この出っ張りの向こうは内川の河口です。
なかなかいい所でした。
久し振りに波打ち際を見た気がします。
夏は気持ちいいでしょうね。
b0206463_21114160.jpg


今回のルートです。

[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2010-10-29 21:42 | その他もろもろ | Comments(6)  

Commented by WeekendOutdoors at 2010-10-29 23:19 x
こんにちは。

ここには地元ゆえ、一度行ったことがあります。
季節的には5月連休あたりからがにぎわっているかも。
旧呑川緑道も暗渠ですよね。

それにしても、水没する線路があるとは知りませんでした。
今度行ったときに、是非、この目で確認してみたいと思いました。
Commented by えいはち at 2010-10-30 09:28 x
おお、待ってましたよ。
というかわざわざ再訪されたのですね。
で、水没レールを追いかけてくれたなんて、嬉しいですねー。
でも我々、「水没レール」なんて呼んでますが、絶対正式名称があると思うんですよ。
なんていうんでしょうねえ。
Commented by 猫またぎ at 2010-11-01 12:20 x
●WeekendOutdoorsさん
あ、大田区が地元でいらしたですよね。

> それにしても、水没する線路があるとは知りませんでした。

変なものに注目しちゃってすみませんw

●えいはちさん
> というかわざわざ再訪されたのですね。

はい、再訪しないとちょっと記事になりにくいと思ったもので。
別の川跡のレールもめぐれたのでよかったです。

> でも我々、「水没レール」なんて呼んでますが、絶対正式名称があると思うんですよ。
> なんていうんでしょうねえ。

うわ、正式名称があったら相当恥ずかしいですね。
「水没レール」なんて言っちゃって。

ネットでちょっと調べたところでは、レールをすべらせて引き上げる方式を「スリップリフト」、垂直に引き上げる方式を「シンクロリフト」という言い方があるそうですが、レール自体は「レール」と言っているみたいです。
なので、勝手に「水没レール」も悪くない気がします。
Commented by nama at 2010-11-01 12:49 x
わはー、この記事のうちいくつかのポイントを、わたしは猫目的で歩きましたよ~。猫、会いませんでした?
水没レール、ちいさめの港とかにもあったような・・・?でも川にある方が萌える気がします。
Commented by 猫またぎ at 2010-11-01 15:36 x
え、猫目的?
猫?
どこどこ?

残念ながらこの日はほとんど会いませんでしたねー。
このあと貴船神社にも行きましたけど、やはり会いませんでした。
貴船神社のことは今夜アップします。
Commented by nama at 2010-11-01 17:52 x
ありゃ、そうでしたか。人工砂浜の脇にある水道局の敷地内に数匹、それから平和島公園の砂浜寄りにもいっぱいいました。それとわたしも見られなかったけれど貴船神社周辺にものすっごい人なつこいチビ茶トラがいるみたいですね・・・ろっちさんの情報でした。たぶんこの子→http://8.pro.tok2.com/~kumax/neko/index.php?e=477

<< 貴船神社の暗渠をたどる 貫井川の支流の支流をたどる >>