川崎暗渠狂想曲【等々力緑地編】①

このところ川崎にばかり行っています。
いやー、川崎の暗渠はすごい。
いやいや、川崎の暗渠はすごい。

コンクリート蓋暗渠満載。
開渠満載。
枝分かれ、合流、ニアミスを果てしなく繰り返す暗渠。
暗渠迷宮にからめとられ、ひとつのエリアから出られなくなる。
頭の中が混乱して整理がつかなくなる。

・・・というような楽しい状況。
何度行ってもそんなことになります。
とりあえず、初めて行った日の状況からご報告していきます。
都内のほかのネタも結構たまっているのですが、後で川崎ばかりになってしまうのもナンですから、早めに小出しにしておきます。

訪問日:2010/11/14

まず行ってみたのが東急田園都市線の武蔵小杉駅。
駅周辺によいものはないか、と物色していたところ、駅西側にコンクリ蓋暗渠を発見!
駐輪場になっています。
奥に見えるのはJR南部線の高架。
左の方が武蔵小杉駅になります。
b0206463_19322487.jpg


高架の手前でコンクリ蓋は終わっていました。
高架の南側はすぐ中原区役所の敷地で、その向こうは二ヶ領用水。
二ヶ領用水にどこかでつながっているはずだと思ったのですが、続きは発見できませんでした。
そして反対側もはっきりしません。
この暗渠は結局これ以上は分かりませんでした。
b0206463_19332679.jpg


その後、さしたる成果もなく等々力緑地の端まで来てしまいました。
ここは、namaさんの記事を見て、真夏の8月に行ってみたのですが、見つけることができなかったところ。
ここからはnamaさんの後追い記事となります。
ここは「ミュージアム前交差点」の近く。
階段で降りる蓋暗渠が始まっています。
b0206463_1934288.jpg


少し先で一般道にぶつかっています。
b0206463_19341325.jpg


暗渠に降りて階段を見てみると、namaさんのご報告の通り、U字溝が材料に使われていますが、脇をコンクリで固められているのが面白い。
b0206463_19342435.jpg


さて、先へ進むと、一般道との合流地点から先は何もありません。
b0206463_19343457.jpg


しかし、左にずれてまた始まっているようです。
b0206463_19344252.jpg


どうもこれが続きのようですね。
b0206463_19345349.jpg


途中にあったマンホールは、はじっこが暗渠のために欠けています。
b0206463_1935279.jpg


これも。
b0206463_19351389.jpg


その先でまた一般道にぶつかります。
b0206463_19352552.jpg


一般道を越えて続いていますが、ここで様相が一変します。
b0206463_19353439.jpg


この横切っている道がやけに広い。
必要なさそうな歩道もあります。
怪しい。
これは右を見たところ。
b0206463_19354253.jpg


さて、暗渠の続きです。
金網、赤鉄板とあり、その先は開渠になっていました。
b0206463_1936041.jpg


開渠はカクッと右に曲がり、足元を右手に回っていました。
つまり、ここは橋になっています。
b0206463_19361145.jpg


続きはこんな感じで、側溝のようになっています。
b0206463_19362065.jpg


また赤鉄板がある先は・・・
b0206463_19363128.jpg


出ました!
リヤカー暗渠。
いや、でも、リヤカーじゃないでしょ。これ。
b0206463_19364115.jpg


ほとんど崩壊しかけているのが面白い。
b0206463_19365086.jpg


反対側から見てみました。
車はついてなさそうなので、やはりリヤカーではなさそう。
では何か、と聞かれても答えられません。
b0206463_1937281.jpg


その先は、多くの植木鉢が乗せられた「植木鉢暗渠」となります。
b0206463_19371312.jpg


これがその植木鉢たち。
b0206463_19372271.jpg


植木鉢の手前には、側溝から水が流れ込んできており、結構な水音を立てていました。
b0206463_19373364.jpg


側溝の先は家の奥につながっています。
この先に何があるかは確認できません。
b0206463_19374576.jpg


さて、暗渠の先に行ってみると、何とカラッカラに乾いていました。
下流の水のすべてがあの側溝から出ていたのですね。
驚きました。
b0206463_19375560.jpg


その先には、家の出入り口に無造作に鉄板が敷かれていました。
素朴でいいですねえ。
b0206463_1938698.jpg


さらに進むと、開渠は一般道のところで終わっていました。
b0206463_19383311.jpg


最後は黄色い鉄板が敷かれ、その上はゴミ置き場となっているようです。
この下の先の方がどうなっているのか、降りてのぞき込んでみましたが、よく分かりませんでした。
内部の写真も撮ってみたのですが、ワヤな写真で何も分かりません。
ふさがれてどこにもつながっていないようにも見えたのですが・・・。
さすがに奥まで匍匐前進はしてみませんでしたよ。
b0206463_19401558.jpg


上の先はこんな感じで、暗渠かどうかわかりません。
b0206463_19403510.jpg

うーん、なかなか面白かったですね。
しょっぱなからこんなにレベルの高い暗渠に出会ってしまって、後が尻すぼみにならないだろうか、と心配しましたが、この後結構いろいろと探索することができました。
このシリーズ、写真を整理してみたら、何と9回分の記事になることが分かりました。
まだ始まったばかりの川崎暗渠、ネタに困ることは当分なさそうです。

今回のルートです。

[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2010-12-20 19:56 | 川崎市の暗渠 | Comments(3)  

Commented by lotus62 at 2010-12-21 11:55 x
待ってました! 川崎!!!
このいたるところの雑さDIY感が川崎の魅力ですねー。好きです。
今後のも楽しみにしてます!!!
Commented by nama at 2010-12-21 13:20 x
キャッキャッ ってなりますよね、川崎。
やっぱリヤカーじゃないか・・・うすうすそう思ってましたが。でも、ほかに思いつくのは簡易ベッドくらいで、それも違いそうですよね?なんだかよくわからないので、リヤカー暗渠(仮)ということにしましょうw この、なんだかよくわからないのがすごーーく楽しいですよねえ。
汗だくになってデジカメの充電が切れたののリベンジですよね。おつかれさまでした。怒涛の川崎編、たのしみにしてまっす!!
Commented by 猫またぎ at 2010-12-21 15:12 x
●lotus62さん
lotus62さんの訪問された登戸、向ヶ丘遊園、中野島、稲田堤あたりもすでに訪問していますが、期待を裏切られたことがないですね。
というか、何度行っても回り切れない。
上記地域のご報告はしばらく先になりそうです。

●namaさん
いきなりnamaさんの後追い記事になって失礼しました。
あと8回分、できれば切りよく年内に放出したいと思っていますが、どうなりますやら。

<< 川崎暗渠狂想曲【等々力緑地編】② 蓮根川をたどる⑥ >>