谷端川・境井田支流(仮)をたどる①

先日、十条界隈を歩きたいと思い、池袋の駅を降りてふらふらしておりましたところ、よい感じの谷を見つけてしまいました。
で、谷底に降りてみたところ、とても感じのよい暗渠に出会うことができましたのでご報告します。
なお、この暗渠は(旧)ふろっぐねすとさんがすでに訪問されています。
支流名も、(旧)ふろっぐねすとさんの表記に従いました。

訪問日:2010/12/23

ここは、池袋郵便局前交差点から西に入ったところ。
広くてまっすぐな道。
b0206463_16433854.jpg


広い道がぐんぐん右に曲がっていきます。
地図でこの曲がり具合が面白いので歩いてみました。
b0206463_16435017.jpg


ここで右曲がりが終わり、道幅が急に半分になっています。
b0206463_1644498.jpg


ここの右手に何やら変わったお店が。
b0206463_16441288.jpg


てっぺんには十円玉。
「平成三年」製造のようです。
b0206463_16442046.jpg


何だか雑然としていて面白い。
b0206463_16452719.jpg


光の加減で分かりにくいですが、冷蔵庫・電子レンジ・カラーテレビの3点で1万円だそうです。
左下に何か書いてあるのは、「監視カメラに映ったごみ捨ての犯人」。
ごみの不法投棄に怒っているようです。
b0206463_16453724.jpg

展示品を見上げてみると、何とも言えないものが展示されています。
右の象人形のお腹には「売物」の張り紙が。
b0206463_16455051.jpg


このお店の名は「ザ・ガレージショップ」。
リサイクルショップのようです。
いやー、面白いなあ。
b0206463_1646342.jpg


その先、少し行くと窓からこんなに布団を干していました。
b0206463_16461430.jpg


そして、この通りの名前は「ロード十三通り」。
「十三」は大阪の十三から取っているのでしょうか。
だとしたら、読みは「じゅうそう」ですね。
ネットで調べても、正しい読みは出てきませんでした。
b0206463_16462770.jpg


さて、面白いものがありすぎて、なかなか暗渠にたどり着きませんが、右手にようやく谷が現れました。
b0206463_1646426.jpg


これは谷底を過ぎて反対側から撮ったところ。
V字坂となっています。
谷底に降りてみると、
b0206463_16471736.jpg


右側から暗渠が始まっていました!
これは細い道ですねぇ。
b0206463_16472970.jpg


ちなみに、振り返った反対側はさらに細く。
ここはさすがに入れません。
すき間が体の幅もありません。
b0206463_16474051.jpg


さて、暗渠を先に進みます。
こちらは下り方向のようです。
ここはヤツデの葉が覆いかぶさっています。
あまり人が通らない証拠と言えそうです。
b0206463_16475138.jpg


マンホールも窮屈そう。
b0206463_1648081.jpg


ここは護岸のような壁。
b0206463_16481030.jpg


細い道が蛇行しています。
いやー、申し分ない暗渠です。
b0206463_16481921.jpg


開けた先が駐車場になっているようですが、
b0206463_16482921.jpg


まだ先へ行けそうです。
b0206463_1648419.jpg


何だか右側が空き地になっています。
ここは道路予定地のようです。
b0206463_16485184.jpg


道路が開通したら、この暗渠はどうなってしまうのでしょうか。
b0206463_1649272.jpg


うーん、この先は進めるのか。
b0206463_16491253.jpg


進めました!
この細さはちょっとたまらないものがあります。
b0206463_16492460.jpg


ここは小さなベランダが設置されています。
この小さなベランダのために木の支柱まで建てています。
b0206463_1649371.jpg


さらに先へ進むと、左手に小階段。
b0206463_16494713.jpg


向こうへ抜ける抜け道となっているようです。
b0206463_1649581.jpg


また小階段。
造りがテキトー。
b0206463_16501064.jpg


今度は通り抜けられないかな。
b0206463_16502196.jpg


さらに細い道が続きます。
b0206463_16503189.jpg


今度は恐ろしく急な階段が見えてきました!
ステップの幅がちょっとしかないので、ほとんどハシゴ。
しかも、降りたところに全く足場がありません。
b0206463_16504120.jpg


見上げると、集合住宅につながっているようです。
b0206463_16505163.jpg


ちょっと離れて見てみました。
どう見ても平常時に使う階段ではありませんね。
非常階段なのでしょう。
しかし、ここを降りてきたら、最後は必ずケガをする気がします。
b0206463_1651231.jpg

かなり写真枚数を使ってしまったので、次回に続きます。

今回と次回のルートです。今回が赤、次回が青。

[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2011-02-14 17:06 | その他東京の暗渠 | Comments(3)  

Commented by Holive at 2011-02-14 22:42 x
コレ以上に細い暗渠道にはまだ出会ったことがありませんよ、境井田支流なんて呼ばれてたんですね。
下から辿ると、いつ途切れるとも知れない不安感があります(笑)
道路工事が始まる前は、もっっっと閉塞感のある暗渠でした~
Commented by tokyoriver at 2011-02-15 00:03
うわぁ、細い・・・ベランダが飛び出てるところなんか、普通に通れたんでしょうか?
Commented by 猫またぎ at 2011-02-15 09:50 x
●Holiveさん
「境井田支流」の呼び方は、(旧)ふろっぐねすとさんが旧字名から付けたものですから、こう呼ばれていなかった可能性が高いとは思います。
(旧)ふろっぐねすとさんに敬意を表してこの呼び方をそのまま使わせていただきました。

なるほど、工事の箇所は一瞬開けるので、気が紛れまてしまいますね。
以前の方が閉塞感を楽しめたのですか。
ちょっと訪問するのが遅かったかも知れませんね。

●tokyoriverさん
細くてかなりよかったです。この暗渠。

ベランダが飛び出ているように見えるところも、道にはみ出しているわけではなかったので、通るのに支障があるということはなかったです。

<< 谷端川・境井田支流(仮)をたどる② 川崎暗渠狂想曲【登戸・向ヶ丘遊... >>