「中川七曲がり」に併走する暗渠をたどる

今回は下町で見つけた暗渠を一つ紹介します。
もう半年以上も前に訪問した古いネタなのですが、探索に不備が多かったのでアップをためらっていました。
しかし、あまり時間が経つと古い情報になってしまうので、とにかくお出ししてしまうことにしました。

葛飾区、江東区を流れる「中川」は、荒川放水路の開削で真っ二つに分断されたり、まっすぐに南下する流路に付け加えられたりと、さまざまな治水工事を経てきていますが、今でもくねくねとした古い流路が残っているところがあります。
それが「中川七曲がり」です。
葛飾区青戸あたりから、江戸川区新小岩葛飾区東四つ木と西新小岩(2011/11/16修正)あたりまでの区間です。
「七曲がり」という言い方は、「何回も曲がっている」ということを示すだけの場合もありますが、数えてみると、中川の場合は本当に七回曲がっています。
その「七曲がり」の南側に、ほぼ平行な流路をたどる暗渠がありました。
今回はそこを東からたどっていくことにします。

訪問日:2010/6/20

これがスタート地点。
・・・のつもりでしたが、古い地図を見ると、少し位置がずれていたようです。
でも、この広い道は違和感たっぷりで面白い。
b0206463_20211336.jpg


ここもまだ暗渠じゃありませんw
この先の左から合流してくる道がかつての水路のようです。
b0206463_20203849.jpg


この道の左の歩道が暗渠と思われます。
正面に見える住宅の両側が道路になっています。
b0206463_20213457.jpg


右側の道は、かつての家の玄関口だったのでしょう。
b0206463_20215227.jpg


左の道は、車止めで始まっていました。
こちらを進みます。
b0206463_2022441.jpg


細い道が続きますが、道の右側の建物の右はすぐに先ほどの道となっています。
つまり、スタート地点からずっと建物1軒の幅を隔てた二本の道路が併走しています。
b0206463_20221566.jpg


ここは建物がないので、両方の道路を見ることができます。
これがずーっと続くのが面白い。
b0206463_20222487.jpg


これは土台付きの車止め。
b0206463_20224247.jpg


広い平和橋通りに出ました。
そして・・・
コンビニのすぐ右に興味深い物件が写っています。
分かりますか?
b0206463_20235049.jpg


ここで右を見ると、大きな鳥居がありました。
「天祖神社」。
b0206463_20245434.jpg


先ほどの「興味深い物件」がこれ。
石造りの橋跡!
なかなか見事なものですねえ。
歩行者の通行のためか、真ん中だけくり抜かれています。
それが残念と言えば残念ですが。
橋名は「天神前橋」。
先ほどの神社にちなんだ名前のようです。
b0206463_20252040.jpg


あまり感動したので、反対側からも1枚。
b0206463_20254725.jpg


さて、ここから先も建物1軒を隔てた二本の道路が続いていきます。
b0206463_2026792.jpg


黄色い一本の車止めが続きます。
b0206463_20262524.jpg


ちょっと開けたところに出ましたが、まだ道路の併走が続いています。
b0206463_2026498.jpg


さらに進むと、ここでは、支流が左から合流していました。
暗渠のT字路です。
b0206463_20273550.jpg


そして、いつの間にか、暗渠は右の道に移っているようなのでした。
b0206463_20281074.jpg


道路の併走は続いているのに、なぜか暗渠の位置がチェンジしています。
そしてこれが延々と続く。
b0206463_20283591.jpg


ここでいったん道路にぶつかります。
gooの航空地図を見ると、流れの一部はここで直角に右に折れ、そのまま中川に注いでいたようです。
b0206463_20285664.jpg


ぶつかった地点から少し左にずれた位置からまた再開しています。
ここは真ん中の建物が撤去されているようで、側溝の位置が変なことになっています。
b0206463_20295260.jpg


建物1軒を隔てた併走が続きます。
b0206463_20304368.jpg


残念なことに、ここからは暗渠っぽさが失われてしまいます。
b0206463_20312247.jpg


なぜかここだけ右側が崖になっています。
b0206463_20321732.jpg


そして、ここで完全に見失いました。
b0206463_20325231.jpg

gooの古い航空写真などを見ても、この先はどこへ向かうのか分かりませんでした。
最後がちょっと情けない感じになりましたが、でもここまでがなかなか雰囲気があってよかったので、よしとしましょう。

今回のルートです。


以下、2012/1/30追記です。

天祖神社脇に橋跡があるというコメントをいただいて、確認に行ってきました。
訪問日:2012/1/28

これです、これ。
昔仕様の小規模太鼓橋です。
ありましたねー。
左が下流方向です。
b0206463_19101244.jpg


下流側から撮ってみました。
鳥居のすぐ内側にありました。
b0206463_19114994.jpg


ここで振り向くと、道路の向こうへと暗渠道が続いています。
この辺りは、暗渠が複数流路になっていて、片方しか追っていなかったのですね。
それで大事なものを見逃していました。
いい加減にもほどがありますね。
お詫びに神社にお参りして謝っておきましたよ。
b0206463_1913433.jpg


橋跡の近くには、人慣れした神社猫もいました。
b0206463_19152899.jpg


ほかにも2匹。
伸びしてる方は、このあと私の指にじゃれて遊んでいました。
このニャンコたちに会えたので、再訪したかいもあったというものです。
b0206463_19161530.jpg


また、この流路をさかのぼってみると、こんな突き当たりで唐突に終わっていました。
宅地化で分流地点はすでに失われているようです。
知らなかったー。
b0206463_19182358.jpg

ゆ さんにいただいたコメントのおかげで、いい加減なこのサイトも、少しはほころびを繕えそうです。
ありがとうございました。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2011-02-25 21:15 | 江戸川区・葛飾区の暗渠 | Comments(3)  

Commented by at 2011-11-15 02:35 x
通りすがりの者です。
スタート地点ですが、そこは道路予定地です。50年以上前に立ち退きした区間です。変な雰囲気はその為です。現在は蔵前橋通り小松橋北交差点付近の立ち退きがノロノロ行われています。
天祖神社の鳥居の所には橋が残ってると思います。下水道工事までは開渠になっていて、暗渠と開渠の2本が並行して流れていました。
暗渠を見失った地点から先は、gooの古い航空写真で見ると左(東)へ曲がっています(もしかしたら西方向にもある丁字かもしれないが)。東へ少し行った先は航空写真では確認できません。
それと、中川ですが、江戸川区ならば新小岩ではなく平井でしょう。放水路で分断される前は亀戸方向に流れていました。
懐かしい場所を堪能させてもらいました。
Commented by 猫またぎ at 2011-11-16 09:58 x
ゆ さん
コメントありがとうございます。

> スタート地点ですが、そこは道路予定地です。

なるほど。
不自然な広い道ってのは、たいてい道路予定地なのかも知れませんね。

> 天祖神社の鳥居の所には橋が残ってると思います。

ええっ!
鳥居の所に橋!?

それは気がつきませんでした。
確かに神社には入りませんでしたから・・・。
これは大きな見落としでした。
いつか再確認に行かねばなりません。

> 下水道工事までは開渠になっていて、暗渠と開渠の2本が並行して流れていました。

なるほどー。
このへん、何となく2本の流れがあったような感じはしていたんですが。

> 暗渠を見失った地点から先は、gooの古い航空写真で見ると左(東)へ曲がっています

そうですね。
それは本文には書きませんでしたが、あとで気がつきました(汗)。

(字数制限により、つづく)
Commented by 猫またぎ at 2011-11-16 10:00 x
(ゆ さんへのコメントの続き)

> それと、中川ですが、江戸川区ならば新小岩ではなく平井でしょう。放水路で分断される前は亀戸方向に流れていました。

「七曲がり」の執着地点は、地名で言えば新小岩ではなく、東四ツ木と西新小岩の間でしたね。
書き方が不正確でした。
修正しておきます。

いろいろと貴重な情報をありがとうございました。
少しでも楽しんでいただけたとしたら、これほど嬉しいことはありません。
この記事、書いたものの、コメントがつかなくて少しさみしい思いでおりましたので。

<< 川崎暗渠狂想曲【旧平瀬川編】① 三沢川支流をたどる② >>