世田谷区暗渠探検①

前回のゴールデンウィークの5/3に、世田谷区の暗渠をいろいろと回ってきました。
私の持っている昭文社の7000分の1の地図で、ほとんど足を踏み入れていないページがあったのですね。
この未踏の地に足を踏み入れてみようかと。
範囲としては、地図のページの右上が東急世田谷線の若林駅あたり、右下が東急田園都市線の駒澤大学駅あたり、左上が経堂5丁目あたり、左下が馬事公苑あたり、くらいな範囲です。
しかもそのページ、開渠を示す青い線があちこちに書かれているのです。
それらのいくつかは、というかほとんど全部が、実際は開渠ではなく、暗渠なのだと思われます。
今時東京で、部分的な川などそうそうありませんもんね。

なお、帰宅後に調べてみたところ、今回訪問したところは、ほとんどが世田谷の川探検隊さんが記事にされていました。
いえ、予期はしてましたけど。

訪問日:2011/5/3

これはおまけみたいな話ですが、ちょっとしたのを最初に見つけたので、最初に書いてみます。
これは、東急世田谷線の踏切になっている交差点。
交差点名は「若林踏切」。
b0206463_1793874.jpg


この踏切のすぐ東側(上の写真だと左側)を、開渠が横切っていました!
b0206463_1710492.jpg


振り向くと、何やら怪しげなスペースが続いています。
すぐに民家の敷地になっていて、その1ブロック先はもう烏山川です。
しかし、烏山川の側に痕跡はなく、また上流方向もこれ以上追うことはできませんでした。

ごく最近、ここをおたっきーさんのサイトが取り上げられていました。
偶然ながら驚きましたね。
b0206463_17101112.jpg


烏山川の側に痕跡はないのですが、この「若林橋」の近くに注いでいたちょっとした支流だったのでしょう。
しかし、古い橋が未だに残っているものですね。
b0206463_17102389.jpg


これは左側。
鉄格子が抜かれているのが逆に雰囲気を出しています。
b0206463_1710348.jpg


さて、ここからが本題。
この道の先が階段になっていますが、その先が開渠として書いてあります。
b0206463_17104792.jpg


降りてみると、やはり開渠ではなくて暗渠でした。
この辺が部分的に開渠だった期間があるのでしょうか。

ちなみにこの暗渠、「烏山川若林支流」として、すでに世田谷の川探検隊さんが記事にされており、また部分的におたっきーさんのサイトも記事にされています。
b0206463_17105747.jpg


今回は合流地点からさかのぼってみることにしましょう。
これは、烏山川緑道に残る「天神橋」。
この少し上流側(写真右奥の方)に合流地点があります。
b0206463_1711829.jpg


これですね。
手前を左右に通っているのが烏山川緑道。
烏山川の上流は右方向です。
ここは入れませんので、反対側に回ります。
b0206463_1711172.jpg


このセブンイレブンの看板のあたりの左から、道を横切って右へ流れているはずです。
少し川跡の部分がへこんでいるようにも見えます。
b0206463_17112638.jpg


川跡まで行って右方向を見ると、こんな感じ。
烏山川緑道がすぐ近くに見えています。
b0206463_17113650.jpg


反対方向はこう。
このほったらかし状態がなかなかいいですね。
先の方は世田谷線の若林駅。
b0206463_1711464.jpg


若林駅のホームに入って下流方向を見てみました。
世田谷線の駅は、駅というより停留所ですから、出入り自由。
無料で撮影できました。
b0206463_17115617.jpg


ここで振り返ると、世田谷の川探検隊さんとおたっきーさんも書いておられたように、線路の下を通っています。
世田谷の川探検隊さんのサイトでは、線路の下が木の橋となっていましたが、現在は普通の枕木に変えられています。
しかし、枕木がこの部分だけ新しいので、川跡の位置は一目瞭然。
かつ、ホームの下もちょっと空洞があり、はっきりと痕跡が残っています。
b0206463_1712831.jpg


駅の脇には銭湯。
「天神湯」。
手書き風の宣伝看板がいい感じを出しています。
b0206463_17122272.jpg


煙突を見上げたところ。
b0206463_17123114.jpg


天神湯の入口は、こんなにこぢんまりとしていました。
b0206463_17124250.jpg

次回に続きます。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2011-07-04 17:27 | その他東京の暗渠 | Comments(0)  

<< 世田谷区暗渠探検② 川崎暗渠狂想曲【上平間堀編】④ >>