川崎暗渠狂想曲【小田中堀編】⑦

訪問日:2011/3/6
小田中堀編の7回目です。

このシリーズの第3回で、斜めに合流してきていたこのルートをたどってみましょう。
b0206463_170161.jpg


あ、また出会いました。
コンクリート蓋の他用途使用。
駐車場の土留めとして使っています。
b0206463_17321898.jpg


こっちの方が分かりやすいですか?
b0206463_17325276.jpg


六差路の交差点に突入。
どちらに進むか迷うことはありません。
コンクリ蓋は正面方向に向かっています。
b0206463_1733155.jpg


次の交差点で、道路の左側から右側へチェンジ。
b0206463_17331079.jpg


斜め右方向にクランク。
b0206463_17331932.jpg


二車線の道路を渡ります。
b0206463_17333368.jpg


ここでは、右側の駐車場が低くなっていて、飛び出したマンホールが見られました。
b0206463_17334639.jpg


どこまで進むのでしょうか。
b0206463_17335526.jpg


まっすぐにどんどん進みますが、ここで右から支流らしきものが合流しています。
b0206463_173462.jpg


これです。
コンクリ蓋じゃないけど、雰囲気を漂わせています。
b0206463_17341588.jpg


両側との段差が暗渠を物語る。
b0206463_17342555.jpg


暗渠から上がるこういう手作りの階段、暗渠ならではの物件で、いつ見ても見入ってしまいます。
この上の白い鉄製階段も、下りたところにスペースがなくて、無理な造りとなっております。
全体的に相当無理がある。
いくら見ていても飽きません。
b0206463_17343542.jpg


こちらも手作り感たっぷり。
上の1段の高さが結構あってかなり危険な感じ。
手作り階段はどれも個性があってたまらないものがあります。
b0206463_1734453.jpg


本流に戻ります。
b0206463_17345799.jpg


暗渠の脇にあったこのお宅では、
b0206463_1735684.jpg


コンクリ蓋を庭の敷石代わりに使っているようです。
b0206463_17351526.jpg


暗渠の方はこの道にぶつかり、
b0206463_17352493.jpg


左方向のこちらにつながっているのでしょうか。
幅が狭くなったのがちょっと気になりますが。
b0206463_17353322.jpg


ここで別の暗渠にぶつかりました。
ここで分水していたようです。
b0206463_17354492.jpg


ぶつかった暗渠の下流方向。
こちらは、ひたすらまっすぐ進んで、江川せせらぎ緑道に合流します。
こちらは面白みもないので、割愛とします。
b0206463_17355485.jpg

次回は、積み残した最後の支流を追います。

今回のルートです。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2011-10-11 17:45 | 川崎市の暗渠 | Comments(0)  

<< 川崎暗渠狂想曲【小田中堀編】⑧ 川崎暗渠狂想曲【小田中堀編】⑥ >>