「ほっ」と。キャンペーン

入江川支流 足洗川をたどる②

足洗川の2回目です。
訪問日:2011/2/27

くねくね道から出たあと、しばらく広い道を進んで、道の反対側から再開しています。
b0206463_16283857.jpg


同じような感じで進みますが、
b0206463_16285083.jpg


ここでなぜか段差のある2本の道に。
b0206463_1629297.jpg


こんな高さの差ができて、また1本の道に戻っていきます。
b0206463_16291216.jpg


傾いた車止めが目印w
このあたりで、左から支流が合流していたようです。
白幡池からの流れ。
そちらは後でご紹介します。
b0206463_16292182.jpg


もうすぐ東急東横線の線路です。
b0206463_16292935.jpg


この位置で斜めに横切っていきます。
b0206463_16293637.jpg


東横線の反対側のここに出てきていました。
特に橋跡のような遺構はなかったようです。
b0206463_16294496.jpg


振り返ると、分かりやすく続いていました。
b0206463_16295387.jpg


だんだん細くなってきましたよ。
b0206463_1630247.jpg


完全に家の裏手です。
b0206463_16301188.jpg


くねくねと蛇行。
b0206463_163021100.jpg


縦置きの車止め。
横に置いたら通れませんよね。
b0206463_16303036.jpg


今の地点を逆方向から。
奥にもぐり込んでいく歩道。
いいですねえ。
b0206463_16303915.jpg


歩道の区間はすぐに終わってしまいます。
b0206463_16305111.jpg


縦置き連発。
b0206463_1631052.jpg


公園の横を通っていきます。
b0206463_16311058.jpg


縦置きの車止めが探索者を奥へ奥へと誘う。
b0206463_16312083.jpg


いよいよ細く。
しかも勾配がきつくなってきました。
b0206463_163135100.jpg


この古びた車止めがおどろおどろしい雰囲気を演出しています。
b0206463_16314549.jpg


この傾斜が分かりますでしょうか。
急流。
b0206463_16315668.jpg


ここで左に曲がります。
・・・じゃなくて!
川跡はまっすぐに進んでいます。
だまされそうになりました。
b0206463_1632674.jpg


のぞき込んでみると、何だかひどくバッチイ状況になっていました。
しかし、一応開渠です。
b0206463_16485117.jpg


道を左に進むと、すぐに暗渠っぽい道は終わっていました。
ここに出て右を見ると、
b0206463_16324710.jpg


先ほどの続きがまだあるようです。
b0206463_16334248.jpg


開渠が続いていました!
ここにはもちろん入れませんので、反対側に回り込みます。
b0206463_1634683.jpg


ここに出てきていました。
これより先はもう何もないようです。
b0206463_16341794.jpg


最後にこんな開渠に会えるとは思いませんでした。
結構長くて雰囲気もあり、楽しい暗渠でしたね。
b0206463_16342933.jpg


ちなみに、足元を見ると、コンクリートで完全にふさがれていますので、今はここが出発点と言えます。
b0206463_16344059.jpg

・・・と、ここまでが昨年2月の探索。
そして、地図で見る限り痕跡がなさそうな下流の行方を追ったのが昨年の11月です。
上流の方が平凡に思えてしまうほどスリリングな展開となりました。
次回に続きます。

ここまでのルートです。
赤が前回、青が今回です。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2012-03-30 16:51 | 横浜市の暗渠 | Comments(5)  

Commented by Owls at 2012-04-08 19:24 x
私も以前この場所を探索したことがあります。すっかり埋め立てられたと思っていたのが、最上流部に川の痕跡が残っていたのに少し感動しました。昭和32年の住宅地図を見ると、川が描かれていたのは最初の開渠の方でした。最初の開渠と最深部の開渠両方から水が流れていたのかもしれません。その他、足洗川には東横線白楽駅近くにある白幡池からも水が流れ込んでいたようです。白幡池には足洗川の源流と書かれた説明版があります。大正期の地図を図書館で調べたら、どうも中流域にも小さな流れが合流していたようです。ただ、私には痕跡を見つけられませんでした。最近はもっぱら大口通の早期に暗渠になった部分の痕跡を探しています。だいたいの流れのルートはわかっているのですが、なかなか痕跡を発見できません。地元なので気長に探索してみます。
Commented by 猫またぎ at 2012-04-10 13:02 x
おお、白幡池に説明板がありましたか。
それは見逃していました。
白幡池の流れが、足洗川本流にどこで合流していたのか、古い地図にも書いてないので、全く特定できていないんですよね。
今一番の心残りです。

中流域に合流していた流れとおっしゃるのは、綱島街道を横切るあたりで南から合流していた流れでしょうか。
でしたらば、次の次の回にご紹介する予定ですが。

大口通周辺の痕跡、何か見つかったら教えていただけるとうれしいです。
Commented by Owls at 2012-04-11 20:43 x
白幡池からの流れと、足洗川本流との合流点は、どうやら足洗川が東横線の下をくぐる旧綱島街道側のところが合流点だったようです。私が横浜中央図書館で以前にみつけた、昭和25年当時のあの一体の大雑把な地図に描かれています。白幡池水門からしばらくは、斜めに旧綱島街道方向に流れ、街道手前で流れが横に曲がり、東横線手前まで進み、東横線線路手前で更に直角に曲がり、東横線と平行した流れになり、そのまま本流に流れ込んでいたようです。昭和25年当時から、水門付近は暗渠になっていたようですう。

Commented by Owls at 2012-04-12 12:10 x
よく見たら、その地点の写真がありますね。
上から8枚目の写真の場所が、白幡池からの流れの合流点だったようです。一番奥のあたりだったのではないでしょうか。白幡池から、そんなに大量の水が流れ出るわけないので、せいぜい最深部の開渠くらいの水路だったのではと推測しています。
Commented by 猫またぎ at 2012-04-12 18:44 x
Owlsさん

ああ、この地点ですか。
上から8枚目の写真、奥まで行っても合流点らしいものは何もなかったんですよね。
ちょっと残念です。

私の見た地図では、白幡池からの流れはちゃんと書いてなかったので、私も中央図書館に一度行ってみようかと思います。

いろいろとありがとうございます。

<< 入江川支流 足洗川をたどる③ 入江川支流 足洗川をたどる① >>