白鳥の高射砲陣地の痕跡を見に行く

専ら暗渠ばっかりを扱っているこのブログですが、今回は趣向を変えて、葛飾区白鳥に残る軍事遺跡を探してきました。
お目当ては、書籍『東京の「痕跡」』(同文舘出版、遠藤ユウキ著)の106~107ページに書いてある「高射砲陣地」です。
この本に刺激されて、行ってみました。

なお、「高射砲」とは陸軍の対空火器(つまり地上から航空機を打ち落とす大砲ですね)で、太平洋戦争の時に多数設置されました。
画像検索すればいくらでも出てくるので、イメージできない方は確認していただきたいと思います。

訪問日:2012/8/4

下の画像は、国土地理院の国土変遷アーカイブ空中写真閲覧システムの昭和24年の航空写真。
現在の住所は、東京都葛飾区白鳥。
当時は「青砥高射砲陣地」と呼ばれていたようです。
ここに、半円形に配置された高射砲陣地が見えます。
分かりますか。
b0206463_17372519.jpg


分かりやすいように印を付けてみました。
きれいに半円形に6基ずつ、計18基が設置されています。
b0206463_17374096.jpg


これは現在のMapionの同じ場所の地図。
縮尺を合わせるため、少し縮小しています。
b0206463_17375345.jpg


印を重ねてみました。
当時は畑や空き地の中にあったものが、今では住宅街の中にあります。
これらを1個ずつ探索していくわけですが、マンションなど私有地の中に位置するものは、確認のしようがありません。
いえ、正式に取材を申し込めば確認できるのかも知れませんが、ワタクシそこまで根性がありませんので、表から見えるものだけを探してみました。
b0206463_1738147.jpg


最初はこれ。
上記書籍『東京の「痕跡」』にも掲載されている、駐車場内の痕跡です。
何ともくっきりした痕跡ですね。
なお、奥に見える青い建物が、その隣の高射砲の位置。
b0206463_17381195.jpg


上の駐車場内高射砲の位置です。
赤い矢印のところ。
青い建物はその1つ上です。
b0206463_17382188.jpg


ちなみに、青い建物に来てみると、土台のコンクリートがやけに気になるのですが、どうなんでしょうか。
新しいコンクリートに見えますので、関係ないかも知れません。
b0206463_17383226.jpg


次に見つけたのはこれ。
この集合住宅の奥に、
b0206463_17384332.jpg


こんなのがありました!
丸いコンクリート。
これは当時の痕跡に間違いないでしょう。
b0206463_17385299.jpg


ちゃんと奥まで丸くなっています。
b0206463_1739116.jpg


左の方は、隣の建物の一部になってしまっているようです。
集合住宅の奥にこんなのがひっそりと隠れてましたよ!
b0206463_17393132.jpg


今の痕跡はこの矢印の位置。
b0206463_17394677.jpg


次は、これも『東京の「痕跡」』に掲載されている物件。
上の物件の隣の位置です。
道路に面しているから見つけやすいのですが、丸い陣地が切り取られて断面が見えている、という状況です。
この建物の土台として使われています。
b0206463_17395581.jpg


これが今の物件の位置。
b0206463_1740536.jpg


次は、駐車場の中に残っている物件。
コンクリートではなく、アスファルトで覆われており、はっきりそれとは分かりにくいのですが、位置的には間違いありません。
しかも、丸い取り付け部材の跡のようなものも見えます。
他のサイトで、金属の部材が見えている写真を見ましたので、おそらくそれがアスファルトで埋められてしまったのでしょう。
例えばこちらのサイトです。
http://www.lococom.jp/article/view/13116717/
駐車するには邪魔な存在ですから、仕方ないのかも知れませんね。
b0206463_17401736.jpg


反対側から撮ってみました。
手前に四角いプレート状のコンクリートが見えていて気になります。
b0206463_17402874.jpg


今の物件の位置です。
b0206463_17403929.jpg


次の物件は私有地内を遠巻きから眺めなければいけません。
奥の軒下あたりのコンクリートがちょっと不自然に見えます。
b0206463_17404829.jpg


上の写真を拡大。
コンクリートの土台となっており、丸みを帯びているようにも見えます。
中に入れればもっとちゃんと確認できるんでしょうが、それは今回は無理です。
b0206463_17405721.jpg


この物件の位置はここ。
b0206463_17416100.jpg


次は、ちょっとはっきりしない物件。
マンションの建物の真下に位置しているので、確認することはできないと思っていましたが、すき間から床下をのぞき込むことができる場所があり、こんな風になっていました。
やはりはっきりとは見えませんが、丸いコンクリートの土台のようなものが見えませんか?
b0206463_17411643.jpg


上の物件の位置はここ。
b0206463_17412630.jpg


そして、最後の物件がこれです。
この一般の民家の土台が実に怪しい!
このあたりではそろそろ“丸いコンクリート”に敏感になってきていました。
b0206463_17413616.jpg


しかし、この物件の位置がちょっとはずれているんです。
下の6基の高射砲の位置ではなく、ちょうど“7個目”の位置になってしまうんですね。
おかしいなあ。
現地では間違いないと思えた物件なのですが。
謎です。
b0206463_17414931.jpg

事前の予想以上にたくさんの痕跡が見つかりました。
面白かったですねえ。
しかし、今回入れなかった敷地内にはまだ残っているものがある、と確信しています。
どなたか調べてもらえませんかww
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2012-10-04 17:54 | その他もろもろ | Comments(2)  

Commented by nama at 2012-10-07 21:12 x
ハァハァ・・・(鼻息)。
自分は「かつしか街歩きアーカイブス」にて1つめの駐車場のやつを知り、他のも見つけたいなー、と思いつつ、遠いので見つけに行かずに今に至ります。実は、グーグルの航空写真で探してみたものの、それらしきものが無いので、はっきりいってもう残ってないと思ってました。集合住宅奥とか、民家のとか、ほんっとにすごい!!!よく見つけましたねー!!探してみるものですね。良い勉強になりました。わたしも見に行ってみよう~~
Commented by 猫またぎ at 2012-10-09 09:36 x
国土地理院の航空写真がきれいに写っていて、やる気が出ましたね。

ただ、入れない私有地内で未確認の場所がまだ半分以上もあるのがやはり気がかりなところです。
私も地元の人間じゃありませんし、もう一歩踏み込むのは難しいですね。

<< 神田川 三鷹台支流(仮)をたどる① 矢上川源流域をたどる⑤ >>