恋ヶ窪用水をたどる②

恋ヶ窪用水の2回目です。
訪問日:2012/4/30

前回の道をしばらく進むと、急に道が狭くなっていました。
ここで見失いそうな感じを強く受けましたが、どうやらまっすぐ進んでいるようです。
b0206463_1954565.jpg


道路の右側が森のようになっています。
b0206463_19551247.jpg


金網の中をのぞき込むと、何と水が流れています。
リバーサイドさんのサイトによると、案内板があったそうなのですが、どうもワタクシ見逃したようです。
意識的に保存されている場所なのですね。
b0206463_19552833.jpg


先ほどの保存区間の先は、西武国分寺線の線路が横切っています。
そして、線路の先にも隔離された空間があります。
これが続きに間違いないと思ったのですが、リバーサイドさんのサイトによると、ちょっとルートが違うようです。
時代によってルートが違うのではないか、と推測していますが。
b0206463_1955337.jpg


さて、ちょっと迂回して線路の反対側に回り、線路越しに先ほどの開渠が見えた所を見てみると、柵が水路の所だけ下がっているのが分かります。
b0206463_1955467.jpg


そして振り返ると、いかにも水路跡な感じがぷんぷんするエリア。
ここは別に入ってもよさそうに見えましたが、一応回り込んでみました。
b0206463_19555323.jpg


草ぼうぼうでほったらかしの空間。
なかなかいいですねえ。
b0206463_1956851.jpg


さらに回り込んでみると、こんな橋の欄干が残っている所もありました。
b0206463_1956123.jpg


橋から上流方向を見たところ。
花畑状態。
b0206463_19562639.jpg


さらに回り込んでみると、ほったらかし状態の水路跡はここまで続いていました。
b0206463_19563384.jpg


振り返ってさらに上流方向を見ると、ごく普通の道で、しかもちょっと急な坂。
また見失いそうになりましたが、この道をまっすぐ進んでいくと・・・
b0206463_19564422.jpg


それらしい空間がまた続いていました。
b0206463_19565227.jpg


これが水路跡かどうか、全然確証はないのですが。
b0206463_1957395.jpg


さらにぐるっと回り込んでみると、コンビニの敷地脇のこの歩道が少しだけ広がっている箇所が怪しいと感じましたが、またまた確証はありません。
(写真奥が下流方向)
b0206463_1957982.jpg


右を向いたこの方向は、すでに国分寺村分水です。たぶん。
撮影位置足元のあたりから分水していたのではないか、というのが私の予想。
b0206463_19572145.jpg


前の写真に写っている交差点の先はこんな道が続いていて、暗渠に見えないこともありません。
さて、こっち方向はこれで終わりにして、姿見の池のあたりから別の流れが分かれていたようなので、そちらに戻って探索してみます。
b0206463_19573121.jpg


さて、これが姿見の池の、西武国分寺線側のへり。
草地に見えますが、池です。
この奥の高架の線路際から流れ出している川を見つけることができました。
b0206463_19574366.jpg


流れ出る現場には近づくことができませんでしたが、開渠が民家の裏手を通ってきています。
b0206463_19574957.jpg


こちらが下流方向。
道がないので追いにくい。
b0206463_1958083.jpg


空き地になっている場所がありました。
あの高架の手前の崖下を通っているはずです。
ちなみに、ここで振り返れば、前回たどったルートですから、ごく近くを併走していたのですね。
b0206463_1958565.jpg


道路と横切るところは橋みたいになっていました。
いつの間にか暗渠に。
b0206463_19581674.jpg


道路の反対側はやっぱり民家の裏手で私有地みたいになっていました。
またまた追いかけにくい。
b0206463_19582179.jpg


で、その先は、西武多摩湖線の下をくぐっていってしまうのか、とここでほぼ諦めかけました。
しかし、あれ?この空間は何?
いかにも暗渠っぽい!
写真左が西武多摩湖線の高架です。
そして、この場所は前回のはじめの方で通った場所。
全然気づきませんでした。
b0206463_19583414.jpg


振り返ると、やはり空間が空いています。
そして、何やら大きなコンクリートの構造物が横たわっています。
b0206463_19583856.jpg


うーん、これは・・・。
橋の一部が残されたもの、と思いたいですが、よく分かりません。
b0206463_19585338.jpg


奥まで続いています。
奥でもう一本のルートと合流しているように見えなくもありません。
b0206463_19585710.jpg

最後までいい加減な感じでしたが、でも見所の多い、面白い暗渠でした。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2013-03-15 20:14 | その他東京の暗渠 | Comments(4)  

Commented by リバーサイド at 2013-03-18 19:45 x
ご紹介ありがとうございます。
上流から歩いていたので橋の欄干、気づきませんでした。
てっきり、府中街道沿いを流れていたと思い込んでいたもので・・・
以前、近くに住んでいたので(11枚目の急な坂の上の右手に
見えるマンションです)、固定観念が邪魔したみたいです。
Commented by 猫またぎ at 2013-03-19 10:01 x
ええっ!
あそこに住んでおられたのですか!?
めちゃめちゃ近くじゃないですか。
大変失礼しましたw

姿見の池からのもう一本の流れとか、謎の多い水路ですね。
誰か解明してくれないですかねww
Commented by nama at 2013-03-20 00:50 x
あ、猫またぎさんがやっと知ってるエリアに戻ってきてちょっとうれしいですww(しばらくの間、どこのことを書いているのかわかりませんでしたw)

この暗渠、西武国分寺線に乗っているとがっつり釘付けになりますよね・・・。でもわたしは日立研究所の水源しか見たことが無く、それ以上辿ってはいません(たぶん水源&下流を見たらすごい楽しいんだろうなとは思います)。こちら方面によく来るようになったので、1年ほど前にココを辿ろうと思ったのにもう1年経っちゃいました・・・。このぶんじゃ恋ヶ窪用水はもうしばらく先かなーと思っていたけど、「謎」とか聞くとめっちゃ気になっちゃいます!
Commented by 猫またぎ at 2013-03-21 09:10 x
あ、namaさん
お久しぶりです。

人の行ってない所を紹介するのが自分の役割かな、と思ってまして。
この暗渠もリバーサイドさんがたどられてましたが、非常に魅力的な暗渠だったので取り上げてみました。

<< 国分川・じゅん菜池支流(仮)を... 恋ヶ窪用水をたどる① >>