国分川・じゅん菜池支流(仮)をたどる②

じゅん菜池支流(仮)の2回目です。
「じゅん菜池緑地」を出たところから再開します。
訪問日:2012/12/24、2012/12/31

これはGoogleEarthの地形陰影図。
写真右下の方に「じゅん菜池」が見えますが、その上流は左上方向と右上方向に分かれています。
まず右上方向の支流の方向をたどってみます。
b0206463_18173185.jpg


残念なことに右上方向にはそれらしい痕跡はありません。
しかし、陰影図の通り谷地形はくっきりとしており、
b0206463_18173457.jpg


谷の右側にこんな階段を見つけることができました!
手すりもなくて素朴。
いいですねえ。
b0206463_18175365.jpg


階段の先は舗装もしていないスロープです。
階段マニアにはたまらない。
b0206463_18175372.jpg


で、谷の先を進むと、全然川っぽくはなくて、
b0206463_18181255.jpg


ただただ急坂が続く。
b0206463_18181286.jpg


最後はさらに急になって、一気に高台の上に出て終わりとなります。
上る時も大変ですが、降りるのはもっと怖いというほどの急坂です。
b0206463_18183064.jpg


で、最初の陰影図で、右上方向に続く谷は、さらに左上方向にも支谷が突き出ていました。
そちらをたどってみます。
先ほどはこの右の道を進んだのですが、今度は左方向に進みます。
「この先行き止まり」と書いてありますが、これでめげていたら水路跡は見つけることはできません。
かまわず突き進みます。
すると・・・
b0206463_18182996.jpg


うわ、出ました!
柵があって入れませんが、間違いなく川跡です!
ありましたねえ。
左側はもう崖上で「式場病院」の敷地内です。
右側に、川跡に沿った道がありますので、そちらからアプローチしてみます。
b0206463_18184987.jpg


これは、途中の駐車場から撮った下流方向。
空堀状態の川跡。
こんなのが残っていましたよ。
素晴らしい。
周りは住宅地なので、普通はつぶされてしまうところでしょう。
何かの拍子に残されてしまったのですね。
b0206463_18184717.jpg


上流方向を見ると、まだまだ続いています。
b0206463_1819576.jpg


さらに先に進んだこの駐車場の向こうにありそうです。
b0206463_1819477.jpg


ありましたありました。
ちょっと凹みがうっすらしているようですが、土がかぶさってしまったのでしょうかね。
b0206463_18192312.jpg


上流方向を見ると、コンクリートの塀で止まっているようにも見えます。
一応痕跡としてはあそこで終わりなのでしょうが、一応さらに上流に回り込んでみると、
b0206463_18192319.jpg


谷地形はここまで続いていました。
かつてはこの辺りが源流だったのでしょうが、今は地形だけが残されています。
いやー、面白いものを見つけることができました。
b0206463_18194696.jpg

また「じゅん菜池緑地」の出口に戻り、もう一方の谷地形を追います。
そちらが本流でしょうから。

えーと、この先に見える道が谷位置だと思うのですが、立ち入り禁止になっています。
左から回り込んでみますと、
b0206463_18194833.jpg


おっとー、ガードレールに守られたコンクリート蓋暗渠が登場!
ひどく唐突な登場の仕方で、驚いてしまいます。
しかも、奥に見える白いガードレールまでしかないんです。
本当にここだけ。
よくぞこんなものが残っていたものです。
b0206463_1820516.jpg


金網の部分があったのでのぞいてみると、さらさらと水が流れています。
b0206463_1820538.jpg


このガードレールから先はちょっと不明瞭になり、
b0206463_18202237.jpg


その先は、たぶん崖脇のこの道を通っていくのかなあ。
b0206463_18202160.jpg


おっと、その先に細い道が続いていました!
これっぽい。
b0206463_18203857.jpg


何だかそれっぽいですよ!
b0206463_18203931.jpg


崖脇の道はいいですよね。
しかし、写真に見えるこの先の角でよく分からなくなってしまいます。
b0206463_1821308.jpg


一本右の道をもう少したどってみると、急坂を上って広い通り「松戸街道」に出ます。
この坂の上がり具合が、何となく「これで終わり」感をただよわせており、一瞬ここでやめそうになりましたが、手持ちの地形図を見ると、松戸街道沿いにまだ浅い谷が延々と続いているではありませんか。
まだ何かあるかも知れません。
b0206463_1821391.jpg

次回に続きます。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2013-03-26 18:25 | その他地区の暗渠 | Comments(0)  

<< 国分川・じゅん菜池支流(仮)を... 国分川・じゅん菜池支流(仮)を... >>