滝の川をたどる-過去記事の補足

今回は、滝の川についてコメントで情報をいただいたのをもとに再訪した結果をご報告します。
訪問日:2013/5/19

まず最初は、「横浜・滝の川をたどる①」の記事の補足。
上の記事の6~9枚目の写真で取り上げている支流の追跡を断念していましたが、左に曲がってすぐに六角橋の商店街に出てきていました。
この写真は六角橋の商店街側から撮ったところ。
バリケードがあって少し入りにくいのですが、
b0206463_17412131.jpg


少し入ってみると、奥に駐車場が見えますので、まさしく上の記事で見失った場所です。
すぐに商店街に出てきているとは思いもよりませんでした。
b0206463_17412098.jpg


で、六角橋商店街の方には何か痕跡はないか、ということですが、さすがに何もないようです。
そして、どこかでこのシリーズの第5回の記事の流れととつながっていたと考えるのが確かに自然ですね。
この支流はこのくらいにしておきましょう。
b0206463_17414441.jpg


次は、神奈川区六角橋5-8あたりで合流していたと思われる支流です。
記事では、第3回の記事の21枚目の写真のあたりです。
ここから北へ向かう谷筋があったことは知っていたのですが、全然川跡らしきものがないので諦めていましたが、上流の方には痕跡があると聞いてやってきました。
うっかり上流の方からアクセスしてしまいましたが、奥に階段も見えるこの谷地形から、
b0206463_17413719.jpg


細い暗渠が始まっていました!
b0206463_17420100.jpg


振り返ると、ここからは歩道のようです。
こちらの上流方向にも谷地形はしばらく続きますが、歩道も途中で終わってしまうので、ここから下流の方に向かおうと思います。
b0206463_17415339.jpg


いやー細い。
b0206463_17421684.jpg


何だかすごい。
b0206463_17421011.jpg


狭い。
b0206463_17423678.jpg


うわー、何だか秘境みたい。
超一級の暗渠を見逃していたようです。
b0206463_1742321.jpg


ここで広い通りに出て、あとは合流するまでの150メートルほどの間、痕跡は何もありません。
b0206463_17425748.jpg


少し出て振り返って見てみました。
ちょっとぞくぞくするような抜け道のスタート地点です。
b0206463_1742515.jpg

いやー、この暗渠は素晴らしい。
教えていただいた「おせっかい」さん、ありがとうございました。

そして最後は、滝の川の本流の最上流部です。
このシリーズの第4回では、新横浜通りにぶつかったところでやめてしまいましたが、その後古地図などを見て、さらに左方向(南方向)に続いていたことは気づいていました。
しかし、すぐ横を、広い「新横浜通り」が通っていることもあって、痕跡はなさそうだな、とたかをくくっていました。
新横浜通りから右にそれていくこの細道がその痕跡のようです。
b0206463_17431548.jpg


ちょっと今工事中のようですが、いずれにしても「横浜トヨペット」の敷地にもろぶつかっています。
回り込んで先に向かいます。
b0206463_1743874.jpg


回り込んでみると・・・あれ?
階段を降りたところからすごい道が始まっています。
b0206463_17433330.jpg


おお!
未舗装の「いかにも川跡」なルート。
ばっちり残っていましたねえ。
b0206463_17432573.jpg


未舗装路はしばらく続いたあと、
b0206463_17434756.jpg


この車止めで終了となります。
いやー、見事なものが残っていました。
痕跡はなさそう、と思い込んでいて、しばらくほったらかしにしておいたのは不覚の極みです。
b0206463_17433853.jpg


未舗装路から先は、しばらく住宅街の普通の道が続きます。
しかし、谷地形はくっきりと残っています。
見事なV字谷です。
左が上流方向。
b0206463_1744079.jpg


川跡を先に進むと、ここから何と下り坂になってしまいます。
谷地形が残っているとはいえ、かなり大規模な地形改変が行われているようです。
b0206463_17435438.jpg


最上流はこの公園のあたり、ということになりそうです。
「片倉うさぎ山公園」。
しかし、水源だった面影は今はなく、園内には全く水っ気がありません。
b0206463_17441711.jpg

以上、コメントで「おせっかい」さんからいただいた情報をもとに追加情報をご報告しました。
ずいぶん大事なものを見逃していたものです。
「おせっかい」さん、ありがとうございました。
(それにしてもお呼びしにくいお名前です)
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2013-05-28 17:49 | 横浜市の暗渠 | Comments(4)  

Commented by おせっかい at 2013-06-05 22:37 x
ごくろうさまでした。楽しかったです。
私は祠探しで歩き回って見つけることが多いので足洗川や滝乃川の支流も偶然見つけたものです。主に鳥山川砂田川などの本支流、滝乃川本支流近辺が多いのですが今回のウサギ山方面に向かう本流と片倉駅を挟んで反対側鳥山川に向かって流れる用水があったりします。反町川に合流する翠嵐高校からの支流も楽しいです。機会があれば訪ねてみてください。
Commented by 猫またぎ at 2013-06-06 13:01 x
「おせっかい」さん
今回の探索で反町川も整理できてきまして、面白い所も多いことに気がつきましたので、いつか記事にしたいと思います。
鳥山川に流れていく川も確かにありました。
こちらも鳥山川のデータがまとまってきたら記事にするかも知れません。
Commented by のぼ at 2017-02-16 08:48 x
滝の川本流。日枝橋の上流、片倉町からうさぎ山の水源へ至る。で、新横浜通りをどこで横切っていたか、痕跡らしきモノを発見しました。
地下鉄の片倉町駅の南にガソリンスタンド。その南にテニスコート。道を隔ててコンビニ。そのコンビニと隣家の境のブロック塀。
このブロック塀が、通りに対して直角に作られていない。不自然に斜めになっている。その角度を延長すると、新横浜通りの横濱トヨペット脇の暗渠にぶつかるのです。
片倉町のバスターミナルの北側、ARメディックビルの裏にも、魅力的な暗渠がありますが、どうやらこれは入江川支流跡らしい。分水嶺もはっきりしないほどの湿地で、
用水路が網の目のようであったことが想像できます。
Commented by 猫またぎ at 2017-02-16 09:52 x
のぼさん
確かに斜めになっていますね。
実にそれっぽいです。

北側の暗渠はちょっと気づいてませんでした。
そのさらに少し北側に鳥山川に注ぐ暗渠があるのは気づいてましたが。
また行ってみようかと思います。

情報ありがとうございました。

<< 六郷用水をたどる① 坂川支流・神田川をたどる >>