丸子川・野毛支流(仮)をたどる

久々に東京の暗渠です。
東急大井町線の上野毛駅の近くから始まる暗渠を見つけたのでたどってきました。
現地の住所から、「野毛支流(仮)」としてみました。
前回までは横浜の「野毛山下支流(仮)」だったので紛らわしいですねw
訪問日:2014/6/7

これが現地のGoogle earthの地形陰影図。
赤い矢印の谷のところです。
なお、青い矢印のところは丸子川で、最終的にはこれに合流します。
b0206463_15584643.jpg


これが最上流のスタート地点。
環八通りのすぐ脇から始まっています。
細くていいですね!
b0206463_15585684.jpg


すぐに右に曲がって、
b0206463_1559318.jpg


先の方で道にぶつかっています。
b0206463_15592034.jpg


おお、道の反対側で、「ここから歩道」が始まっています。
b0206463_15592757.jpg


歩道がコンクリ蓋になっていますよ。
b0206463_15593624.jpg


コンクリ蓋が道を横切っていたようですが、今はアスファルトで隠されています。
b0206463_15594528.jpg


ずっと道の右側の歩道として進みますが、
b0206463_15595395.jpg


ここで歩道が途切れます。
通常、ここで右か左に曲がるのが暗渠の通例ですが、今回の場合はまっすぐ進んでいるようです。
b0206463_160063.jpg


ここで第三京浜の下をくぐります。
暗渠はいつの間にか道路の左側に移ったようです。
b0206463_160852.jpg


第三京浜を越えたこの位置で右の坂を登ってみると、
b0206463_1601572.jpg


結構強烈な谷地形となっていました。
b0206463_160247.jpg


そして、ここから再びコンクリート蓋に。
b0206463_1603133.jpg


結構な急坂を下っていきます。
b0206463_1603997.jpg


さて、丸子川も近くなってきましたが、ここでカクンと右折。
右折した先から開渠になっています。
b0206463_1604697.jpg


右折先から逆方向に撮ってみました。
大きな水音を立てています。
b0206463_1605570.jpg


近寄ってみると、側溝から流れ込んでいる水が大きな音を立てていたのですね。
b0206463_1611913.jpg


振り返ると、すぐ丸子川との合流地点です。
b0206463_1613033.jpg


これが合流地点。
b0206463_1613962.jpg

短いルートでしたが、川跡らしさが多く残っていて楽しめる暗渠でしたね。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2014-12-23 12:00 | その他東京の暗渠 | Comments(4)  

Commented by lotus62 at 2014-12-25 12:40 x
お!後半は木村ぶどう園さんの横の暗渠ですね!このぶどう園奥は谷頭になっていてお庭で水が湧いているそうですw
Commented by 猫またぎ at 2014-12-26 10:54 x
lotus62さんもここ行かれてたんですね。
まだ誰も報告されてない所かと思ってました。
Google earthの地形陰影図だと、木村ぶどう園のところははっきりした谷ではないですが、なるほど湧水があるんですね。
毎度ありがとうございます。
Commented by YKK at 2015-02-18 15:22 x
この支流、拙者も以前探索しました。
でも、拙者のポリシーとして
「水が流れていなくなったらそこが
源流ということで終了」なので、
途中で辿るのはお終いにしました^^;
かなり先まで上流があるのですね。

で、Lotusさんが書かれている
「ぶどう園の湧水」が流れてきて
拙者が定めた源流のところに
出てきているのかもしれませんな~。
Commented by 猫またぎ at 2015-02-23 17:38 x
この趣味もいろいろな方向性があるんですねえ。
私の場合は、水にはほとんど興味がなくて、「痕跡」の方に興味があります。

「ぶどう園」は、コンクリート蓋だけ追いかけているとなかなか気づきにくいですよね。

<< 芝川・大牧支流(仮)をたどる① 横浜・野毛山下支流(仮)をたどる② >>