大津川 逆井(さかさい)支流(仮)をたどる⑤

大津川 逆井(さかさい)支流(仮)の最終回です。
訪問日:2015/6/23

前回までの場所からはかなり下流に下ったところから発している別の支流を見つけました。
この写真の左に見える金網のところで、左が下流方向。
で、上流方向は、写真奥の方に小さく見える白いガードレールの所に続いています。
b0206463_1261667.jpg


Google earthの地形陰影図だと、赤い矢印のところです。
ちなみに、本流との合流地点は水色の矢印のところですが、道がないので近づくことはできません。
b0206463_1262314.jpg


緑色の金網から奥。
開渠。
b0206463_1263311.jpg


そして、白いガードレールから奥の上流方向。
こちらは自然護岸の開渠。
やはりここを通ることはできませんので、回り込みます。
b0206463_1263959.jpg


さっきのGoogle earthの地形陰影図で見ても分かりますが、この川の周辺はほとんど私有地内になっていて、近づける道が併走する1本の道しかありません。
しかし、さらに支流が分かれていて、併走しているこの道路にぶつかっていました。
この白いガードレールの所。
b0206463_1264720.jpg


奥をのぞき込むと開渠。
写真奥の方を左右に本流が流れているはずですが、そこにこの開渠が合流しているようです。
b0206463_1265316.jpg


足元を見ると、あれ?
2つの暗渠がここで合流しています。
右上から来る流れと、右下から来る流れが合流して、左上の方向に流れていっています。
b0206463_127690.jpg


道路の反対側を見ると、道路をくぐってくる流れの続きが確認できます。
もう1本の流れは、この道路に沿ってやってきているようです。
このあたりで何だかずいぶんと錯綜したことになっています。
b0206463_1271545.jpg


ここで再びGoogle earthの地形陰影図。
現在地は赤い矢印のところ。
赤い点々の流れと、水色の点々の流れと、黄色い点々の流れがこのあたりで合流している、ということのようです。
まずは、黄色い点々の流れを追いかけてみます。
b0206463_1281445.jpg


開渠なのか暗渠なのか分からないような状態ですが、水がないので、たぶん暗渠で、この下を流れているのでしょう。
b0206463_1282595.jpg


先ほどの場所は直接たどれないので、左から回り込むわけですが、向こうの崖の手前を通っているようです。
b0206463_1283016.jpg


ようやく道路からアクセスできる所に来ました。
階段の手前のところから、一般道に出てきました。
b0206463_1284020.jpg


階段の手前まで行くと、細いコンクリート蓋になっていましたね。
しかし、人が通るところではなさそうです。
b0206463_1284686.jpg


振り返ると、道は蛇行していますが、川って感じはしませんね。
この右の側溝みたいのが川の痕跡、ということになります。
b0206463_1285245.jpg


この道をたどっていくと、こんな変な階段がありましたよ。
最後の一段がえらく高い!
b0206463_1285830.jpg


この先の白い柵のところで民家の敷地に入っていってしまいます。
また回り込みます。
b0206463_129741.jpg


回り込んできたら、ここに出てきていました。
暗渠っぽい最後の痕跡です。
b0206463_1291438.jpg


のぞき込むと、なぜかビニールシートがかけてありました。
b0206463_129287.jpg


さて、ここから先は、谷地形は続くのですが、川跡の痕跡は見つかりません。
しかし、遊水池がありました。
「逆井第15調整池」。
えっ?
15もありますかね?
b0206463_1293848.jpg


調整池の中。
今のところカラカラです。
b0206463_1294796.jpg


またGoogle earthの地形陰影図。
赤い矢印の位置が今の調整池。
その北側にもまだ少し谷地形が続きます。
b0206463_1295435.jpg


何だかのどかな風景になってしまいました。
しかし、確かにくぼんでいます。
b0206463_12101548.jpg


さて、今度は、先のGoogle earthの地形陰影図の赤い点々のルートをたどってみましょう。
相変わらず私有地内なので近づけません。
奥の少し高くなっているところの手前を流れているはずですが。
b0206463_12102255.jpg


この「南柏霊園」の敷地内ね。
b0206463_12102889.jpg


そして、道路を渡って、柏市の清掃工場へと谷地形は続きます。
しかし、ここではもう全く痕跡はありません。
b0206463_12103853.jpg


ただし、近くに公園があって、池がありました。
川と直接は関係ない気がします。
b0206463_12115626.jpg

何だか最後の方は何をやっているか分からなくなってしまいましたね。
このシリーズのクライマックスは最初の方だったですね。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2015-12-22 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(5)  

Commented by 青葉 at 2015-12-26 17:06 x
こんな小さな川に15も貯水池があるならとんでもない暴れ川じゃないですか。う~ん、そんなに沢山あったかな?
前回の記事の最後に次回は支流を紹介するとの事だったので、今回は第4水源地の方に行くのかと思っていました。この川の水源の一つではと考えていましたが、もしかして私の勘違いで分水嶺を越えた隣の川の水源なんでしょうか。
Commented by 猫またぎ at 2015-12-28 11:37 x
青葉さん
第4水源地ってどこら辺でしょうか。
まあ、特にこの支流を網羅しようとかは考えていませんでしたので、単に気がつかなかったのかもしれません。
住所を教えていただければ、隣の川の支流かどうかは判別できると思いますが。
Commented by 青葉 at 2015-12-28 13:03 x
第四水源地は南増尾4-9-1のようです。
現在柏市の水道水の一部らしいですが、ゼンリンの地図で見ると丸い建物がたくさんで井戸なのか?ちょっと不思議な感じです。
Commented by 猫またぎ at 2015-12-28 16:07 x
ああ、なるほど、「小鳥の森緑地」の先ですね。
この谷も確かに同じ支流から枝分かれしている谷です。
何と、私、その第4水源地まで行って、写真まで撮ってました。
ただ、暗渠らしい痕跡が何もなかったので、記事では触れなかったんですね。
写真まで撮っていたんですから、一言だけでも触れればよかったですね。
情報ありがとうございました。
Commented by 青葉 at 2015-12-30 00:08 x
第4水源地まで行かれたんですね。痕跡が無かったとは意外でした。質問に丁寧に答えて下さってありがとうございました。
今まで何気なく見ていた風景が実は川跡だったとわかり、とても勉強になりました。こんな小さな川を詳しく取り上げていただくなんて夢みたいで感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

<< 五反田川・栗谷支流(仮)をたどる① 大津川 逆井(さかさい)支流(... >>