「ほっ」と。キャンペーン

足洗川、菊名川の補遺

今回は、横浜の足洗川・菊名川について、コメントで情報をいただいたのを再確認してきた成果をご紹介します。
訪問日:2016/5/5

まず最初は、Owlsさんから情報をいただいた、足洗川のこの記事です。

今回教えていただいたのは、GoogleMapのこの位置。
大口の商店街にある「能登屋」という蒲鉾店の南側の短い通路の奥の建物が撤去されていて、その下に川跡が現れたとのこと。
この赤い矢印の細い通路の突き当たりの位置です。
b0206463_1414958.jpg


ただ、町境(七島町と大口通)が足洗川のルートと思っていましたが、このMapionの地図で見ると、「能登屋」の建物の北側を西に曲がっているように見えます。
現在の町境とは微妙に位置が違うようです。
b0206463_14141977.jpg


さて、それでは現場写真です。
この写真の右側の建物が蒲鉾店「能登屋」です。
奥は工事用の金網で仕切られています。
b0206463_14142773.jpg


近くまで行ってみると、確かに川跡のようでした!
b0206463_14143466.jpg


金網越しに足元を見ると...おっと、手前の金網に焦点が合ってしまいました。
皆さんも気をつけましょう。
b0206463_14144163.jpg


今度は金網の上から足元を。
これはどう見ても川跡ですよね。
建物の下にあっても、完全には埋められていなかったことが分かります。
それにしてもすごいものを見ることができました。
これで、足洗川が商店街に入るところと出ていくところの両方を確認できたことになります。
感無量です。
b0206463_14144823.jpg

ということで、Owlsさん、大変ありがとうございました。



続いて、ついでにと言うか、今の場所から比較的近くにある菊名川の支流について、「おせっかい」さんからいただいた情報を元に、再確認してきました。
この記事です。
菊名川の東側に私の気づいていない暗渠があるとのこと。
現地に行ってみると、駐車場に不自然な通路が。
そして駐車場の奥は東急東横線が通っており、さらにその奥を菊名川の本流が通っています。
b0206463_14151556.jpg


駐車場の奥まで行ってみました。
線路のところには何の痕跡もありませんね。
b0206463_14152336.jpg


そして、駐車場の反対側には車止めのある細道!
b0206463_14152844.jpg


入ってみました。
いやー、いかにも暗渠な道じゃないですか!
b0206463_14153554.jpg


カクカクと蛇行する。
これぞ暗渠道!
b0206463_14154063.jpg


かなり急な勾配。
b0206463_14154618.jpg


右へ右へと曲がっていく。
b0206463_14155234.jpg


正面は突き当たりのように見えますが、斜め左に曲がっています。
谷頭が見えてきましたから、そろそろ終了です。
b0206463_14155793.jpg


斜め左に曲がった先は階段!
b0206463_1416533.jpg


この階段で終了となります。
いやいや、こんな立派な暗渠を見逃してました。
b0206463_14161325.jpg


階段の上から見下ろしたところ。
いかにもな暗渠です。
この光景も素晴らしい。
b0206463_14161948.jpg


ちなみに、最初の駐車場のところは、うっすらながらも谷地形になっていたんですね。
この谷底の右側が駐車場の位置です。
b0206463_14163224.jpg


で、菊名川の本流のところには合流口はないのか、一応探してみました。
はっきりとは特定できませんが、ここのところの右側のコンクリートのところがちょっとコンクリートを付け足してあるみたいに思われました。
もしかしたら、これかもしれません。
これでは本流を歩いていても、支流には気づきませんね。
b0206463_14163940.jpg


少しカメラを引いてみると、ちょうどこの位置にマンホールがあります。
この近辺にはこれしかありませんから、一応傍証になるでしょうか。
ならないですかね。
b0206463_14164745.jpg


これがGoogle earthで見た今の支流の地形陰影図。
赤い矢印が駐車場の位置で、水色の矢印が終点の階段の位置です。
b0206463_14173833.jpg


さて、そして同じく菊名川のこの記事(上のリンクと同じ)の最後の写真の続きです。
前の記事の時は、高い段差で終わっていましたので、この続きがあるとは夢にも思いませんでした。
ここの脇の駐車場はコンビニの駐車場になっていましたので(初回訪問時は違ったかもしれませんが)、中に入ってみると、駐車場の縁の未使用地は明らかに続きじゃないですか!
b0206463_14174690.jpg


で、その先は南武線の線路。
近くに踏切があるので、向こう側に回ってみます。
b0206463_14175391.jpg


線路沿いの道の向こう側は明らかに道より低くなっていますが、個人宅の敷地内ですので、確認はできません。
b0206463_1418016.jpg


しかし、道路沿いに右へ回ってみると、どう見ても開渠な痕跡が!
この写真の左側が上の写真の手前に写っている道路で、その左側がJR南武線という位置関係です。
いやまたすごいものが残っていました。
こんなはっきりした痕跡が残っているとは。
この日は何とも驚きの連続でした。
b0206463_1418796.jpg


その奥は、この道路を渡った先になるようです。
b0206463_14181358.jpg


ちなみに、今の位置はこんな谷地形になっていました。
まあ、この撮影位置の背後は南武線ですから、地形は変えられているかもしれませんが。
b0206463_14182249.jpg


道路を渡った続きはこれ。
おそらくこの道でしょう。
しかし、ちょっと入りにくい。
左側から回り込んでみることにしました。
b0206463_14182942.jpg


回り込んでくると、ありました!
もっと暗渠っぽくなっています。
b0206463_14183636.jpg


右の方を見ると、さっきの位置が見えています。
どうもここを入ってきてもよかったようです。
b0206463_14184324.jpg


そしてさらに上流方向。
ほぼ正方形のコンクリート蓋が続いています。
b0206463_14185221.jpg


お決まりの、脇の敷地との段差を埋める簡易階段。
b0206463_1419017.jpg


砂利道の一般道を、カクカクとくねりつつ横切っていきます。
ここから先は、手元の地図で見ても行き止まりと分かっている道。
ここに入っていってはマズそう。
しかし、ここでやめるわけにはいきませんよね。
b0206463_1419895.jpg


うーむ、ヤバいヤバい。
しかし、暗渠は直角に右折しています。
b0206463_1419256.jpg


ここを右に曲がって進むべきか。
今にも住民の方に見とがめられそうな気がします。
しかし、ここは水路敷。
公の管轄になっている土地に違いないと信じ、もう少しだけ先に進んでみます!
b0206463_14193688.jpg


しかしヤバい雰囲気だなあ。
b0206463_14194840.jpg


そしてここで終了となりました。
暗渠道は終わり、もうどこにも続いていない様子。
最後まで確認できたことに満足し、あわてて引き返すことにしました。
b0206463_14195433.jpg

いやいやすごい。
スリル満点。
心臓がバクバクしています。
こんな見応えのある場所をスルーしていたんですねえ。

で、これが今の支流の地形陰影図。
赤い矢印がこの支流の菊名川への合流地点で、赤い点々が過去にご報告したルート、水色の矢印が今回ご報告したルートです。
南武線に見事に邪魔されて見逃してしまったんですねえ。
b0206463_1420379.jpg

ということで、Owlsさん、「おせっかい」さん、ありがとうございました。
今回の記事は楽しんでいただけましたでしょうか。
また何かありましたら、どこへでも飛んでいきますよ。

(以下、5/22補足)
さて、今回の補足記事ですが、またもや再確認に行ってきました。
補足記事の補足です。
まさかの。
Hさんの情報を元に、またこの大口商店街に行ってきましたよ。

大口商店街から保育園のところを西に入り、「あけぼの通り」の1本南を通る道を進むと途中から砂利道になっているのは上の記事でも書いた通りですが、その一角が現在空き地になっているとのこと。
確かに草ぼうぼうの空き地になっていますねえ。
奥に見える建物の向こうはもう「あけぼの通り」です。
手前にはロープが張られており、明らかに私有地です。
しかし、端の方はロープが途切れており、「ロープを乗り越える」という罪悪感を感じる方法でなく中に入ることはできます。
b0206463_2052599.jpg

ここに入っていいものなのかどうか、非常に悩みました。
ましてやブログに公開していいものなのか...。
しかし、そこにあるのはれっきとした足洗川の痕跡。
我々の感覚では「歴史遺産」です。
地元では全くそのような扱いを受けていないようですが。
歴史遺産を記録に残すため、勇気を持って掲載に踏み切ります。


ということで、近くまで行ってみると、ありました!
金属とコンクリートの桟の支えのある、いわゆる「ハシゴ式開渠」です。
冒頭の「能登屋」裏の川跡と同じく、埋められることなく残っていました。
感無量です。
b0206463_20524478.jpg


右の方を見ると、あちらは建物と建物のすき間を通っている感じです。
b0206463_2053134.jpg


そして、足元を見ると...住宅の下を通っていきます!
b0206463_20532911.jpg


住宅の下を見てみると、川床の上に土台が作られ、その上に柱が建てられています。
何と神々しい光景でしょうか。
埋めてしまえばしまえるものを、意図的か否かは分かりませんが、こうして残していてくれていました。
感動でもう泣きそうです。
b0206463_20534856.jpg


さて、今の場所を観察して感動がさめやらない状況ですが、こうして家の裏手や家の真下にはっきりとした川跡が残っているとなると、ほかのところはどうなっているのか気になります。
少し大口商店街の方に戻りつつ、家のすき間をのぞいていってみました。
こうなってみると、この奥もかなり怪しく見えます。
b0206463_2054775.jpg


ズームしてみると、奥の茂みの下が低くなっているようにも見えます。
ああ、あそこへ行ってみたいですねえ。
b0206463_20542031.jpg


さらに場所を移動し、このすき間はというと、
b0206463_20543126.jpg


奥の住宅と手前の住宅の間にすき間があるようです。
このあたりでは建物の下ではなく、すき間を通っているように思えます。
b0206463_20544164.jpg


次のすき間のところへ行くと、もうよく分からなくなってしまいました。
もうあの撤去された建物の跡地あたりになるのかも知れません。
b0206463_20545289.jpg

ということで、今回も驚くべき展開を見せてくれました。
足洗川おそるべし。
Hさん、Owlsさん、ありがとうございました。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2016-05-10 12:00 | 横浜市の暗渠 | Comments(25)  

Commented by Owls at 2016-05-10 18:17 x
こんにちは
早速の取材、お疲れ様です

私も町境と微妙に違うなと感じました
実際の川筋はアーケードの下あたりか
道路中央を直角に近い角度で曲がり
国道方面に流れていたのかなと思いました

現在の町境通りだと川筋が相当に複雑です
だいたい川筋が境だったのでしょうが、
川付近の土地所有者がどっちの町に帰属するかで
町境が微妙に川筋と一致しなくなったのかもしれません
そこら辺は相当に昔のことでわかりません
ただ、いずれにしろ昭和20年代中頃以降は
大きな川筋の変更は無かったと思います

おそらくあけぼの通り、相鉄ローゼンの先当たりは
商店は川の上だったようです。これは何人かに
証言を得ています。だいぶ商店が閉店してますので、
いずれは商店が撤去され川筋が出現するのではと思っています。

また何か動きがありましたお伝えします
Commented by 猫またぎ at 2016-05-11 09:36 x
Owlsさん
今回いただいたのは貴重な情報でした。
近くに住んでいないと得られない情報ですからね。
今後ももし何か動きがあればご一報いただければうれしいです。
ありがとうございました。
Commented by Owls at 2016-05-11 13:13 x
こんにちは

菊名川支流の開渠の写真いいですね
まさに、ここに川があったのだと
ひっそりと主張しているかのようです

足洗川みたいな建物の下に川跡が
残ってるなんてケースは全国的に
珍しいのではと思います
Commented by 猫またぎ at 2016-05-12 11:23 x
Owlsさん
ここで開渠が見られるとは思いもしませんでしたね。
簡単にあきらめちゃいけないんですね。

足洗川もますます好きになってきました。
ただ、せきがみ橋の所の八百屋さんはもうやめちゃったみたいですね。
Commented by Owls at 2016-05-14 10:14 x
こんにちは

足洗川については新しい動きはないのですが、
柵の横から川跡を見る機会がありました

横から覗いてみると、どうやら柵の手前の
タイルの下にも空間が残っているようです
柵のちょうど下には床を支える木のつっかえ棒がありました
どう見ても新しい木材ですので建物撤去後に取りつけられた模様
七島では実際に床が崩落してしまいました

どうやら町境と実際の川筋はズレていたことは確かのようです
商店街中央あたりで国道方面に向きをかえ、石碑付近で
入江川の方に向きを変えるというが本当の川筋だった可能性が濃厚

商店街中央は足洗川埋め立て決定後に大規模な下水工事をしてましたので、
おそらく川の痕跡みたいなものはあまり残ってないと思います
Commented by Owls at 2016-05-19 16:49 x
こんにちは

本日、Hさんが紹介してくれたポイントを見に行きました
確かに上に鉄格子がある川の跡でした
かなり草が生えていたので遠目からではわからないです
おそらく前はアパートか何かが建っていたような気がします
あのポイントは住宅がある限りは見ることはできない
前の空き地に何か建設されれば見ることができなくなりそうです

それと、見間違いかもしれませんが、
グーグルアースでポイント近くを見てください
(有)グッドウイルという建物上の方に
上に鉄格子がある川跡らしきものが写ってませんか?

見にくいかもしれませんが、上に鉄格子がある川跡だとわかってると
それらしきものが写っているように見えます
それが川跡だとするとHさんの見立て通りの場所に繋がってる可能性が高い
その先は店舗の下を通りと平行して川跡があると思います

Hさん、貴重な情報ありがとうございます
Commented by H at 2016-05-19 22:09 x
Owlsさん

見に行かれましたか。やはり川跡ですよね。

能登屋さん左横、今回の物件(記憶が定かでないのですがコーポゆたか跡でしょうか?)を結んだ線を伸ばすと、なんとなくグッドウィルの上につながっているような気がします。
Owlsさんおっしゃる通り、Google航空写真を見るとボケていますが、鉄骨ハシゴ式開渠跡のようにも見えます。
また、この曲線の具合が川っぽい感じもしています。
敢えてスペース効率の悪い曲線の通路は作らないと思うからです。

あけぼの通りのナカトミ書房さん右横の引き戸の奥に答えがあるのかもしれませんが、さすがにそれはできませんし。
悩ましいものです。

4の方に書いて下さった情報を頼りに、また探索したいと思います。
Commented by 猫またぎ at 2016-05-20 10:20 x
あ、Owlsさんも早くも行かれましたか。
これで確実になりましたね。
私もぼちぼち行ってみます。
Commented by Owls at 2016-05-22 18:03 x
古い記憶を辿ってみますと、
綱島街道から八百屋さん付近、
セキ神橋?のちょうっと先から
七島の横断歩道開渠してた地点は
Hさんが教えてくださったポイントのように
上に鉄骨がありました
古くて錆びた鉄骨を子供時代に見た記憶があります
私が発見した地点とはまた違った感動を味わいました
ただ、ユックリと調査できないのが難点ですね
Commented by 猫またぎ at 2016-05-22 21:13 x
Owlsさん
早速行ってみて、また補足記事を書いちゃいましたよ。
行ってみると驚くべき物件でしたね。
皆さんに感謝です。
Commented by Owls at 2016-05-23 05:24 x
こんにちは
早速の取材お疲れ様です

川底に柱を立ててある写真は凄いの一言です
私は数十秒で退散してしまったので
そこまで調査できませんでした

足洗川埋立決定後の暗渠地帯の何とも中途半端な埋め方
私にとっても歴史遺産級の物件
本当に素晴らしい調査と写真でした

たぶん、例の中華料理屋さんの下もどうやら空間が残っているようです
後はHさんが指摘してた地点から七島の交差点にかけての
店舗の下には何らかの空間か川跡が残っていると思います
私はそれをぜひとも見てみたいと虎視眈々と狙っています

いつも素晴らしい取材には感服しています
Commented by 猫またぎ at 2016-05-23 09:10 x
いやいや、私も通報回避のため数十秒で逃亡しましたよ。
空き地の反対側に回ってみなかったことは今でも後悔しています。
「あちらは建物と建物のすき間を通っている感じです」とか適当なことを書いてますけど。

建物下の写真もサッと撮って終了です。
カメラを構えにくかったので、カメラを逆さまにして撮りました。
なので、掲載した写真は180度回転してあります。
たぶんこんなことは初めてですね。
Commented by H at 2016-05-23 22:31 x
猫またぎさん

取材お疲れさまでした。
私もほぼ同じ写真を撮ってすぐ退散しました。
私はブログをやっていないので、記事にして下さってありがとうございました。

神々しい歴史遺産、その通りですね。

猫またぎさんの一連の記事と、Owlsさんのご発見のおかげで非常に珍しい貴重な遺産を発見できて嬉しい限りです。
今後も拝見させて下さい。
私も何かわかったら報告します。

よろしくお願いいたします。
Commented by Owls at 2016-05-25 12:33 x
こんにちは

猫またぎさんの素晴らし取材に触発され
足洗川の痕跡調査にまた行ってきました
しかし、ヘタレな私は地味な周辺調査です

さて、グーグルアースに川跡らしきものが
写っていると書きましたが、どうやら本当に川跡のようです
あの神々しい写真の建物の向こう側がそこになります
建物の隙間からみても地面がくぼんでるのでわかります
不自然な曲線はほぼ川跡だと思ってよいと思います
やはりHさんのご指摘の通り、古本屋さん横の引き戸の向こうに答えはありそうでう

その引き戸の隙間から中が見えるのですが、
ちょっと不自然に曙通りの地面の高さより低い部分があるとこがわかります
どうやら川跡はそこら辺に続いているようです
となるとそこから先の上流部は店舗の下に隠れていそうです
過去に得られた証言と照合しても可能性が高いと思われます
Commented by 猫またぎ at 2016-05-25 17:36 x
Owlsさん
なるほど、古本屋さんに聞けば教えてくれそう、ということですね。
前回訪問した時は土曜日で、確か営業してなかったので、平日に行かないといけないですかね。
また機会を狙って訪問してみたいと思います。
ありがとうございます。
Commented by Owlsさん at 2016-05-26 22:41 x
追加取材ありがとうございました。
やはりあの引き戸の奥にありそうですか。
引き戸あたりから上流は、Owlsさんが書かれているように店舗下を流れていたのでしょう。
今週末は行けないのですが、来週末に訪問したいと思います。
Commented by H at 2016-05-27 18:23 x
Owlsさん、猫またぎさん

上記は私のコメントです。
入力を誤り、Owlsさんを名乗ってしまい、失礼しました。
お詫びいたします。
Commented by Owls at 2016-05-28 14:22 x
こんにちは 

あの古本屋さんは最近は営業してないみたいです
開いているのを見たことがありません

ところで、引き続きグーグルアースの画像を分析した結果、
どうやら古本屋さんの隣の建物の一部は川を跨いで建ってるみたいです
かなり古い建物ですから川にまだ水流があった時代に建てられたのだと思います
私がまだ子供の頃からあっあた建物ですから
そして本屋さんの引き戸の中のコンクリートあたりが暗渠なのかなとも思います
流れの続きの調査なら路地側からの接近でないとわかりにくそうです

下流側の方も建物の隙間に入っていければ面白い光景がみられそうですが、
流石に空き地でもないと入っていけません。どうやら川底から木も生えてるようです
猫またぎさんが取材された神々しい被写体がまだまだありそうな雰囲気です

粘り強く接近できる機会をうかがうしかなさそうです
Commented by 猫またぎ at 2016-05-30 13:47 x
なるほど、営業していないのでは行っても仕方ないですね。
私の方はちょっと様子を見ることにします。
いつもありがとうございます。

Commented by おせっかい at 2016-06-25 01:46 x
お久しぶりです。
腰椎狭窄症を発症いたしましてご無沙汰してました。
駐車場からの暗渠いかれたのですね。横浜線の向こう側もいかれたようで安心しました。
私が行ったときはその先を探して近所の方に聞いたのですが終点の先は横浜線をまた超えて菊名桜山公園(通称カーボン山)から流れていたと聞きましたがいくら探しても痕跡は見つかりませんでした。

ついでになってしまいますが訂正があります。滝乃川の支流の件で保土ヶ谷区の岡沢町交差点の交番裏の細道が川跡ではないらしいと申し上げましたが偶然、水道局の工事に出くわし聞いたところ間違いなく川跡だそうです。
以前は田んぼだったので水路だらけでよくわからないがどこかでつながっていたらしいとの話でした。
また時々遊びに来ます。
Commented by 猫またぎ at 2016-06-27 11:04 x
おせっかいさん
そう言えばGoogle earthの地形陰影図では、谷地形はもう一度横浜線を横切った先までほんのちょっとですが続いていますね。
ここから流れ出ていた時もあったのですか。
ほんとに暗渠は奥深いですね。

ご病気の方はご自愛下さい。
私も強度の近視のためか、先日白内障を宣告されまして、現在経過観察中です。
だんだん見えにくくなっていって、どこかの時点で手術、ということになりそうです。
体の方はほかに悪いところはどこもないんですけどね。
Commented by みっちん at 2016-07-16 01:51 x
今から47年程前、毎日あけぼの通りで遊んでいました。
店の中央辺りに四角い蓋があり、開けると結構な勢いで川が流れていました。
昔、川に板を敷いて闇市をしていた名残で商店街として栄えたから、あけぼのも七島も川の上なんだよと近所のおじさんが教えてくれました。
あけぼの通りから七島通りに渡ってすぐも川でした。
七島通りは寿司屋ラーメンあかしや肉屋不動産屋の裏が川でした。
Commented by Owls at 2016-07-17 05:29 x
みっちんさん、はじめまして
Owlsと申します

貴重な昔の情報を教えて頂いてありがとうございます
やはり闇市の名残だったのですね

足洗川の暗渠化や川の上に住居や店舗が建った影響で
河川改修が上手くできずに洪水に悩まされたそうです
とうとう下水道の整備に伴い昭和58年頃から埋立工事が始まりました

私は長年わからなくなった川筋を探索しておりました
また、何か動きがありましたらここに情報を伝えます
Commented by Owls at 2016-09-01 07:20 x
こんにちは

先日、例の空き地を見に行きましたら
草が刈られて地面にビニールシートが
敷かれていました
暫くは空き地のままなのかもしれません

ちょっと接近しやすくなりましたので
記事の写真の反対側の方がどうなってるか見てみました
建物の間をぬって川跡があるというよりは
川跡の上に建物が出っ張って立ってる感じでした
おそらく川がまだ流れていたころからあんな感じだったのでしょう
その奥は川底後に草木が生い茂ってるらしく
下流方向は見えなくなっていました
Commented by 猫またぎ at 2016-09-06 09:47 x
Owlsさん
お疲れ様です。
相変わらずよく分からない状況ということですね。
表の広い道に出てくる場所を確認できればいいんですけどね。
気長に待つことにしましょう。

<< 上富士川 中新宿支流(仮)をたどる① 平賀川 小金きよしケ丘2丁目支... >>