野火止用水の下流部をたどる①

今回から3回に分けて、野火止用水が新河岸側に流れ込むまでの下流部分をご報告します。
すでにonnbubattaさんがこちらのサイトで詳細にご報告されています。
特に私が付け加えるようなことはないのですが、たまたまここに行ってみてあまりにも素晴らしかったので、私もご報告してみることにしましたよ。

訪問日:2016/11/13

これは、東武東上線志木駅の北口を少し行って、右方向(慶応高校方面)を見たところ。
奥の交差点のところが凹んでいます。
用水路ですから必ずしも低地を通るとは限りませんが、この位置では谷位置の近くを通っています。
b0206463_17352146.jpg


さて、これは京王高校の敷地内を外から撮ったところ。
コンクリート蓋がやってきています。
これが野火止用水の痕跡のようです。
b0206463_17353770.jpg


もう少し道を進んで違うところを見てみると、ここは橋跡のようです。
許可を得て校内に入れてもらうことも考えましたが、次はとりあえず下流の方に進んでみました。
b0206463_17355360.jpg


2枚目の写真の位置で振り向くと、道路の向こう側に遊歩道が始まっていました。
b0206463_1736334.jpg


この歩道の右側が水路跡なのでしょう。
位置は谷底ではなく、少し高いところでした。
b0206463_1736155.jpg


ここは橋跡が残されているようですね。
b0206463_17362488.jpg


しばらく進むと、遊歩道はここで終わり。
で、この紅白のガードレールのところの、
b0206463_17363324.jpg


この何かの水利施設がごっつい。
b0206463_17364139.jpg


その先はしばらくはっきりしませんが、
b0206463_17365139.jpg


少し行くと、道路左側にそれらしき痕跡が現れます。
b0206463_1737283.jpg


ちなみに、谷底の位置は、この場所から左を見た方向。
谷と用水の位置は微妙にずれています。
b0206463_17371371.jpg


またまたちなみに、今の谷底の位置に行ってみると、細いコンクリート蓋が斜面を上がってきていました。
いや、これが隣の谷の川跡だとは言いませんが。
谷底にはほとんど川跡が残っていませんので、これがそれだと信じたくなってしまいます。
b0206463_173721100.jpg


さて、用水路を先に進むと、この交差点で、
b0206463_17373166.jpg


奥の方に入っていきます。
ヤバいな、この光景。
b0206463_17374034.jpg


このあたりからonnbubattaさんが詳しくご報告された異様なる光景のエリアに入っていきます。
b0206463_17374868.jpg


ここでいったん階段を下り、
b0206463_17375760.jpg


その先でまた上ります。
ここが現役の用水だったらあり得ないルート取りです。
b0206463_1738639.jpg


用水路らしく、左の敷地よりも高い位置を進みます。
b0206463_17381458.jpg


ここは左が階段。
そして、ここを最後に当分出口がなくなります。
歩いてる時は知りませんでしたけど。
b0206463_17382228.jpg


うーん、何ですかね。
この道。
世間から隔絶されています。
b0206463_17383254.jpg


先が見通せない不安空間。
b0206463_17383992.jpg


あれ?
前の写真と同じ写真かと見紛うカクカクとした崖脇暗渠。
b0206463_17384943.jpg


見通しが良くなりました。
b0206463_17385877.jpg


コケに覆われた壁面。
異世界に迷い込んだ感を増幅させます。
b0206463_1739554.jpg


延々と続く崖脇隔離暗渠。
b0206463_17391517.jpg


この直線を経て、その後はようやく平地に下りていきます。
b0206463_17392327.jpg

次回に続きます。
それにしても、冒頭で書いたonnbubattaさんのサイトの写真と似た写真ばかり撮っていることに、記事を書いていて気づきました。
次回も同じようなことになっちゃいますけど、ここまで来たら最後まで行ってみましょう。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2017-01-10 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(2)  

Commented by onnbubatta at 2017-01-11 09:41
ご紹介ありがとうございます!
待ってました~。「ヤバイ」「異様な光景」←暗渠では最大級の格付けを得たようなものですね。

多摩川の水がここに届いているのが不思議ですよね。

私はあまりの興奮に、流末まで一気に書いてしまったのですが、きちんと分けて記事にされている猫さんに大人の余裕を感じます。

続編、楽しみに待っています。
Commented by 猫またぎ at 2017-01-12 11:08 x
onnbubattaさん
「大人の余裕」なんてあるわけないじゃないですか。
いつまでたっても拙い記事しか書けなくていやになりますよ。

次の1回は流末まで行った後、もう1回の記事で志木駅の南側に残る痕跡を紹介するつもりです。
もしよろしければ。

<< 野火止用水の下流部をたどる② 兵庫県高砂市の暗渠をたどる⑤ >>