「ほっ」と。キャンペーン

野火止用水の下流部をたどる②

野火止用水の2回目です。
訪問日:2016/11/13

さて、まるで世離れした暗渠を延々とたどった前回でしたが、今回は下界に下りていきます。

onnbubattaさんのサイトでも印象的に紹介されていたこのヒューム管の登場です。
b0206463_19052394.jpg

普通の平たいコンクリート蓋だと側溝みたいなものと感じてしまいがちですが、こうして普通じゃない管に出会うと、“特別感”が半端ありませんね。
b0206463_19090901.jpg

さて、“ヒューム管のクライマックス”を経て、一般道に入っていきます。
b0206463_19094099.jpg

家の裏手を通っていきます。
b0206463_19095753.jpg

一般道と一瞬ニアミスした後、すぐに分かれていきます。
b0206463_19105667.jpg
で、この先、暗渠上で近隣住民の方が何か作業をされてましたので、遠慮して回り込むことにしました。

その途中にあったこの大谷石の階段が何とも言えない情緒でしたね。
b0206463_19112332.jpg

さて、先ほどの続きに出会いました。
写真右が上流方向。
b0206463_19113731.jpg

そしてこれが下流方向。
b0206463_19115191.jpg

奥まで行ってみるとT字路になっていました。
b0206463_19121647.jpg

左方向を見る。
こちらは上流方向で、別の流路がここで合流しているようです。
b0206463_19123111.jpg

道をたどると普通の道に出てしまい、
b0206463_19130050.jpg

その先も少し谷道が続きますが、川の痕跡にはもう出会えません。
たぶん、あの右側の道が流路だと思いますけどね。
b0206463_19131338.jpg

かつ、この位置に遊水池もありました。
この辺も、onnbubattaさんがぬかりなくご報告されてますね。
b0206463_19133038.jpg

さて、先ほどのT字路からさらに下流を目指します。
またえらく入りにくそうなルートですが、思い切って入っていきます。
b0206463_19134444.jpg

この辺りは日陰のせいかかなり苔むしています。
b0206463_19151779.jpg

カクカクと。
b0206463_19153297.jpg

日陰に生い茂る草も印象的。
b0206463_19154441.jpg

onnbubattaさんもこの写真を撮ってましたが、暗渠上に堂々と停めてある自転車。
よけて通ります。
b0206463_19155515.jpg

そしてゴールへ。
奥に見える土手の先が新河岸川です。
b0206463_19160870.jpg

暗渠道を抜けて振り返ったところ。
こちらからの眺めも素晴らしい。
b0206463_19162080.jpg

この土手の向こうに新河岸川。
b0206463_19163279.jpg

結構広い合流口に見えますが、ほんとにこの水量があの暗渠の下を流れているのでしょうか。
b0206463_19164281.jpg

川の向こう岸には別の合流口が。
しかし、かつての流れは懸樋で川を越え、あの流れにつながっていたそうな。
b0206463_19165263.jpg
何だかonnbubattaさんのサイトとほとんど変わらない内容だなあ。
何をしているのか分からなくなってきましたが、次回は志木駅の上流側を少し探索します。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2017-01-17 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(1)  

Commented at 2017-01-21 10:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 野火止用水の下流部をたどる③ 野火止用水の下流部をたどる① >>