中川 みのり商店会支流(仮)をたどる①

今回は、葛飾区のいわゆる「中川七曲がり」に平行して走る暗渠を訪ねました。
訪問日:2016/12/3

ここは葛飾区西新小岩5-26と30の間。
明らかに暗渠の歩道が、道の左から右にサイドチェンジしています。
しかも、行儀よく横断歩道で渡っていますw
偶然にここを通りかかってこれを見つけたのですが、このユーモラスな感じでなかったら、この暗渠をたどっていなかったかもしれません。
b0206463_16211713.jpg


ちなみに、今の位置の少し手前のこの住宅の階段が面白い。
横向きに上がります。
b0206463_16212820.jpg


しかも、ガラス越しにニャンコがこっちを見ていました!
b0206463_16213649.jpg


それはそれとして、この暗渠をちょっとたどってみましょう。
方向的には東に向かっています。
歩道のこの箇所、ずいぶん細くなってるなあ。
b0206463_16215148.jpg


しばらくこんな感じで進みますが、この先、広い「平和橋通り」を横切るところで・・・
b0206463_1622065.jpg


この物件に出会いました!
何と橋跡。
「千代の橋」。
こんなレアな物件にいきなり出会ってテンションマックスです。
b0206463_1622874.jpg

しかもこの場所は、かなり前に記事にした「中川七曲がり」に併走する暗渠をたどるで出会った橋跡のすぐ近くなんです!
距離ににして200メートルほどこの平和橋通りを北上すれば(上の写真だと左方向)、この記事の橋跡「天神前橋」にたどり着きます。
こんな近くにレア物件がもう一つあるのに気がつきませんでした。
相変わらず不覚です。


こんな物件に出会ってしまっては本気を出さないわけにはいきません。
最後までたどることにしましょう。
平和橋通りを渡った先も歩道が続く。
b0206463_16224670.jpg


この先、ものすごく細い歩道になりそうな感じですが、
b0206463_1623141.jpg


車止めがある方が続きでした。
左側の歩道みたいなところは軽いジョークだったようです。
b0206463_16231196.jpg


あとは江戸川区や葛飾区にありがちなまっすぐの遊歩道が続きます。
b0206463_16232064.jpg


グンと右に曲がった後、
b0206463_16233094.jpg


「みのり商店会」の商店街にぶつかりました。
写真中央あたりに植栽が見えます。
あそこへつながるようです。
b0206463_16233926.jpg


ここですね。
しかし、歩道の敷地が三角に取られ、ゴミ置き場になっているのが気になる。
別の支流が手前から合流しているような予感がします。
b0206463_16234714.jpg


振り返って、こちらから来ている可能性もありそう。
しかし、こちらは面白いこともなさそうなのでスルー。
先へ進みます。
b0206463_16235662.jpg


その前に、今たどってきたルートを振り返って見る。
この風情はなかなか。
b0206463_1624481.jpg


と、ここで銭湯らしい煙突を発見。
b0206463_16241136.jpg


正面に回ると、やはり銭湯でした。
「千代の湯」。
現役の銭湯です。
先ほどの橋跡は「千代の橋」でしたので、関連あるのかも。
b0206463_16241954.jpg


さて、暗渠の方はここで左折し、
b0206463_16242846.jpg


あとは再びまっすぐ。
b0206463_16243671.jpg


また商店街(これも「みのり会」)を横切り、
b0206463_16244437.jpg


この「西井堀」にぶつかって終了となります。
b0206463_1624517.jpg

次回は、せっかくなのでこの暗渠の反対側を追いかけてみることにします。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2017-02-07 12:00 | 江戸川区・葛飾区の暗渠 | Comments(4)  

Commented by lotus62 at 2017-02-08 10:51 x
「千代の橋」すごいです!
私も不覚でした、ちょっと南の「金魚の吉田」までは行ったのですが、もう少し北上してみればよかった…。
ほんと、この辺りはどこに宝物が転がってるかわからないから面白いですねー。
Commented by 猫またぎ at 2017-02-08 16:33 x
まあ、私たちのような痕跡好きには宝物でも、一般の人には何の価値もない存在でしょうから、ネットにも情報は落ちてないですよね。
こつこつ集めるほかはないようです。
江戸川区、葛飾区、足立区あたりには少しは残っているかもしれませんね。
Commented by at 2017-02-09 03:56 x
なかなかマニアックな川筋を選びましたね。

”「みのり商店会」の商店街にぶつかりました。”
写真12枚目~15枚目のところには、大きな橋が架かっていました。
他の場所の橋は長さ2m弱で、むしろ巾の方が広い位ですが、ここの橋は長さ8mと大きな橋でした。
親柱だけ石造りで、欄干は全て鉄製でした。
橋の名は「前関堀橋」、昭和2年。

20枚目の商店街、寺家薬局前の橋は、次の書籍に載っています。
いき出版『写真アルバム 葛飾区の昭和』
ページ数は覚えていませんが、木造の橋の時代が写っています。
昭和40年頃にはコンクリート橋に架け替えられます。橋の名は「関二橋」。
www.ikishuppan.co.jp/publics/index/319/

反対側楽しみです。
Commented by 猫またぎ at 2017-02-09 10:48 x
ゆさん
おお、この暗渠はよくご存じなのですね。
橋名が「前関堀橋」ということは、この堀の名前は「前関堀」ということですか。

反対側の探索はかなりいい加減、というかよく分からないので、過度な期待は控えて下さい(笑)。

<< 中川 みのり商店会支流(仮)を... 柿生駅前の暗渠を鑑賞する >>