田喜野井川をたどる①

今回から、千葉県の津田沼駅あたりを流れる「田喜野井川(たきのいがわ)」をたどります。
訪問日:2016/12/15

ここはJR総武線津田沼駅の北口から東方向に少し行ったところ。
車止めに隔てられたこの広い暗渠が「田喜野井川」です。
写真は北(上流方向)を向いています。
b0206463_10311566.jpg


振り向くと、そこは防衛省津田沼宿舎の敷地。
その向こうは総武線の線路です。
b0206463_10312310.jpg


ただ、この位置の東側にこんな空きスペースがあって、なんだか怪しい。
支流が流れ込んでいたのかもしれません。
b0206463_10313534.jpg


しばらく続きますが、先の信号の先で急な上り坂となってしまい、終了となります。
b0206463_10314582.jpg


途中こんな飛び出たマンホールもありましたので、やはり水路跡のように思えます。
b0206463_10315368.jpg


本流に戻り、総武線の反対側に回ってみると、そこにあったのは「菊田水鳥公園」。
b0206463_10315999.jpg


たくさんのカモがのんびりしていました。
b0206463_10321043.jpg


菊田水鳥公園と隣接して「菊田神社」もありました。
b0206463_10321871.jpg


さて、「菊田水鳥公園」の西側、北の縁あたりからが暗渠の続きのようです。
公園の敷地内には、なぜかガチョウが佇んでいました。
b0206463_1032314.jpg


総武線の敷地のすぐ脇にこの飛び出たマンホール。
b0206463_1032414.jpg


そして、公園から道路に出たあたりにも同じ形のマンホール。
なので、これがルートのように思えます。
b0206463_10325293.jpg


しばらく進むと道路の両脇に不自然な歩道。
b0206463_1033148.jpg


開渠の桟の跡みたいなものが見えますが、切れ込みがあるから違うかもしれません。
b0206463_1033974.jpg


そしてすぐに、今度は新京成線の線路にぶつかります。
b0206463_10331640.jpg


えーと、あれ?
あのゴミ集積場あたりが実に怪しい!
b0206463_10332456.jpg


このコンクリートの構造物は、川の名残に相違ないですよね!
突如驚きの物件に出会ってしまいました。
b0206463_10333662.jpg


線路の下の部分もレンガ造りになっていて、ほかの場所と違います。
うまいこと場所を特定できたようです。
b0206463_10334378.jpg


さて、新京成線の反対側に回ります。
「京成津田沼駅」の南口から東の方を見ると、奥が谷地形になっています。
b0206463_10335192.jpg


谷底の位置まで行ってみると、左側に未舗装路が始まっていました。
b0206463_10335933.jpg


振り向いて交差点の反対側は、遊歩道になっているようです。
奥の建物は習志野市役所。
b0206463_1034815.jpg


で、未舗装路の方をさかぼのってみると、こんな廃墟のような建物。
b0206463_103416100.jpg


現役のお店なのかどうか、判別できませんでした。
b0206463_10342462.jpg


谷底感たっぷりの道を進むと、
b0206463_10343133.jpg


またもや飛び出たマンホール。
ここが暗渠の続きに思えます。
b0206463_1034389.jpg


足元にも。
b0206463_10344671.jpg


そして、この道はここで新京成線の線路にぶつかります。
この位置は、実は先ほどの反対側のゴミ集積場とは100メートルほど東にずれた位置です。
本当にこれが続きかどうか曖昧ですが、一応そういうことにしておきます。
b0206463_10345393.jpg

以降、次回に続きます。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2017-02-21 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(0)  

<< 田喜野井川をたどる② 中川 みのり商店会支流(仮)を... >>