大岡川 蒔田町支流(仮)をたどる

今回は、横浜市南区を流れる大岡川の支流をたどります。
現地の地名から、「蒔田町(まいたちょう)支流(仮)」としておきます。
訪問日:2016/12/6

ここは横浜市南区蒔田町179。
この通りの右側が暗渠と思えます。
ちなみに、ここより下流(写真背後の方向)は途中でよく分からなくなるので、ここより上流のみ探索します。
b0206463_15243991.jpg


これはGoogle earthの地形陰影図。
赤い矢印が現在地で、この辺はまだ平らですが、すぐに谷地形になっていきます。
b0206463_15245797.jpg


道路の右側だけにある歩道。
すでに不自然です。
b0206463_15254416.jpg


途中で歩道がなくなりますが、地形的に見てここで左折していると思われます。
旅館「松島」の案内表示があるところ。
b0206463_15255528.jpg


少し進むと、ありました。
旅館「松島」。
右の建物です。
b0206463_15263100.jpg


商店街「蒔田東通り商栄会」の通りに突き当たって、右折します。
道路の左側に歩道が現れました。
ここらしい。
b0206463_15265826.jpg


川跡らしく、蛇行しています。
b0206463_1527780.jpg


ここで道が細くなり、歩道も消滅してしまいました。
ここで怪しいと思ったあなたはかなり暗渠慣れしています。
b0206463_15271842.jpg


左方向を見ると、かなりの急坂。
こちらに進むわけはない、と思いがちですが、この道路のために地形が変えられている可能性も十分にあります。
少し上ってみます。
b0206463_15272628.jpg


上ってみたら、ありましたよ。
ここまでよりはるかに暗渠らしい暗渠が始まっていました。
b0206463_15273562.jpg


今の位置はここ。
ここからしばらく谷の東にへばりついて進みます。
b0206463_15274462.jpg


いやいや良い雰囲気ですね!
b0206463_15275486.jpg


開渠だった頃の桟の名残も残っています。
しかも真ん中にマンホール。
ここは下に川が流れている「暗渠」ではなく、すでに埋められてしまった「川跡」であることが分かります。
b0206463_1528745.jpg


夕方で写真が少しボケてしまってすみません。
桟の跡にコケが生えています。
b0206463_15281737.jpg


階段が上を横切る。
b0206463_15282579.jpg


いい雰囲気で良かったのですが、ここで終了となってしまいました。
おそらく、右に曲がって商店街に戻るのでしょう。
しかし、商店街の方には、もう痕跡はほとんど残っていませんでした。
b0206463_15283255.jpg


今の位置はここ。
ごくごく短い間だけ残っていたんですね。
b0206463_1528402.jpg


この日はこの銭湯に入ってきました。
「松美湯」。
b0206463_15284925.jpg


煙突が立派。
b0206463_15285674.jpg


谷地形はこんな風にかなり続くんですが。
もうすぐ谷頭です。
b0206463_15291278.jpg


この階段を上って高台の上に出ると、
b0206463_15292090.jpg


これがありました。
「三殿台(さんとのだい)遺跡」。
訪問する人はほとんどないらしく、入ったら係の人が飛んできていろいろと説明してくれましたよ。
b0206463_15292893.jpg


上の建物は「竪穴住居保護棟」でした。
b0206463_15293757.jpg


建物で囲って保存しているのは素晴らしい。
b0206463_15294483.jpg


こんな復元住居もありました。
b0206463_15295199.jpg


中は暗くて湿っぽい。
b0206463_15295963.jpg


こんな所に住んでたんですかねえ。
b0206463_153075.jpg


今の遺跡の位置はここ。
b0206463_15301495.jpg

短いけど良い雰囲気の暗渠でしたね。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2017-04-11 12:00 | 横浜市の暗渠 | Comments(0)  

<< 市川駅周辺の暗渠をたどる① 田喜野井川をたどる⑦ >>