白旗川をたどる

今回は、横浜市磯子区を流れる「白旗川(しらはたがわ)」をたどります。
訪問日:2017/2/22

ここは横浜市磯子区、前回の陣屋川からもほど近い場所で、横須賀街道から始まっている遊歩道です。
これが白旗川の痕跡のようです。
b0206463_1416129.jpg


振り向くと、横須賀街道の向こうに何やら広い道。
b0206463_14163014.jpg


広い道の終わりまで行くと、そこから90度左に曲がって開渠になっていました。
曲がる直前が橋になっていて、
b0206463_14164044.jpg


「はたたてはし」とあります。
漢字表記は「旗立橋」でしょうか。
この橋の名前からも、この暗渠が白旗川であることが想像できます。
b0206463_1416488.jpg


これが開渠。
海岸線とは平行ですが、この後、広い「大岡川分水路」に合流します。
b0206463_14165637.jpg


冒頭の位置に戻って上流方向をさかのぼっていきます。
遊歩道がしばらく続いた後、
b0206463_1417312.jpg


車止めを経て普通の道に。
b0206463_14171719.jpg


崖脇を通っていきます。
b0206463_14172862.jpg


ちょっと川っぽくないか。
b0206463_14173671.jpg


この先で京急の高架にぶつかっています。
b0206463_14174486.jpg


道路をくぐる所は橋跡っぽい!
b0206463_14175355.jpg


ぶつかる直前の所にコンクリートの構造物のようなものが見えます。
このルートが川跡に間違いはなさそうです。
b0206463_1418121.jpg


京急の反対側に回ってみました。
さっきよりトンネルっぽいコンクリートの構造物があります。
b0206463_1418966.jpg


これですよ。
トンネル跡みたいなものなんでしょうね。
場所的にここでよさそうですが、この後が難しい。
b0206463_14181619.jpg


線路沿いの道を南方向に少し進むと、この道の右側がそれっぽい。
舗装の様子が周りと違っています。
b0206463_14182498.jpg


その舗装もここで終わり。
続きをたどれるか、不安ですが、
b0206463_14183447.jpg


少し進むと何となく暗渠っぽい雰囲気が。
b0206463_14184147.jpg


あれ?
この辺、ちょっと様子が変です。
b0206463_1418502.jpg


道路の真ん中が駐車場!
無茶なw
b0206463_14185724.jpg


しばらく駐車場が続き、ここで終わっています。
この「道路中央の駐車場」の光景、どこかで見た気がします。
横浜市中山駅の近くを流れる「台村川」のページにありましたね。
同じような光景にまた出会えるとは思いませんでした。
得した気分です。
b0206463_1419730.jpg


さて、その先すぐにまた暗渠っぽい展開が待っていました。
このガードレールの内側の植え込みはいかにもそうでしょ。
b0206463_14193238.jpg


住居前のアプローチにも見えなくもありませんが、暗渠者の目から見たら明らかに川跡です。
b0206463_14194016.jpg


その先はもっと川跡とはっきり分かる展開となっていました。
もはや橋です。
b0206463_14194865.jpg


これは川と橋ですよ。
完全に。
しかし、ここで二股に分かれているようにも見えます。
写真左からの流れが、右の橋の下を通ってくる流れに合流しているようです。
b0206463_14195696.jpg


左の流れは、住居の反対側を回り込んできています。
b0206463_14201258.jpg


一番奥まで行ってみました。
このあたりの住居は、両側を川に挟まれている、ということなんですね。
これは珍しい。
b0206463_14201923.jpg


先ほどのところには入れませんので、右側の道路沿いの流れを先に進むと、急な崖に阻まれています。
b0206463_14202834.jpg


崖の手前で曲がってきているようでした。
崖の左方向にさらなる痕跡が続いています。
b0206463_14203687.jpg


足元を見ると、建物の下を曲がってきていることがうかがえます。
b0206463_14205786.jpg


道路は下り坂に見えますが、左の暗渠部分はきっと上り坂です。
b0206463_1421672.jpg


ここは建物の入り口が橋!
b0206463_14211321.jpg


広めの道路にぶつかったところで見失いそうですが、
b0206463_14212048.jpg


たぶん正面方向の私有地内を通っているのでしょう。
b0206463_14212832.jpg


今の広めの道を右に進んで左に曲がる道を見たところ。
そろそろ高台に出てしまいそうなので、ゴールは間近でしょう。
b0206463_14213575.jpg


上の写真の柵から左を見ると、この崖脇が続きのような・・・。
まあ、この辺りを上流端としておきましょう。
b0206463_14214340.jpg

いやいや、意外と長く追いかけられましたね。
見所も多く、良い暗渠でした。

これで横浜市磯子区の暗渠はひとまず終了です。
次はどこへ行きましょうかね。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2017-07-18 12:00 | 横浜市の暗渠 | Comments(0)  

<< 青井駅周辺の暗渠をたどる 陣屋川をたどる >>