新小岩駅南口西側の暗渠をたどる②

新小岩駅南口西側の暗渠の続きです。
訪問日:2012/1/28、2017/4/29

前回の最後の駐車場の場所からさらに西側を歩いていると、こんな暗渠っぽい道を見つけました!
b0206463_19184047.jpg


左方向を見ると、先の方に赤いカラーコーンがあり、「立入禁止」の文字が。
b0206463_19185276.jpg


振り向くと、こちら側は入ってもよさそうです。
ここが暗渠とすると、おそらくこちらが上流方向でしょうから、前回見失った暗渠につながるのではないでしょうか。
うまく行くでしょうか。
b0206463_19185962.jpg


マンホールの惑星直列。
b0206463_1919814.jpg


ここで90度右に曲がり、
b0206463_19191468.jpg


またもやマンホールの惑星直列。
川跡であることは間違いなさそうです。
b0206463_19192266.jpg


ここで塀の上に鎮座するニャンコを発見。
b0206463_19192988.jpg


なかなか堂々としています。
b0206463_19193599.jpg


道はさらに続きます。
が、だんだん怪しくなってきました。
b0206463_19194743.jpg


ここまで来ましたが、このあたりが限界。
見咎められたら大変。
いい加減引き上げますが、奥の方にカバーをかけられた自転車が見えます。
あれを目印にできそうです。
b0206463_1920662.jpg


右から回り込んでくると、何やら見かけた光景。
ここは、前回最後にアプローチした道の入り口です(写真は再掲)。
あの道の奥で見失った、と思っていましたが、実はこの道自体が川跡だったようです。
b0206463_19201694.jpg


前の写真の右方向に下がってみると、この辺の道幅が何だか不自然です。
マンホールも多いし。
川跡は写真右方向から来て、写真上方向に曲がり、もう一度左に曲がって、先ほどのカバーをかけられた自転車の位置に到達するのではないでしょうか。
b0206463_19202391.jpg


少し道を進むと、ここで道幅が変わっています。
b0206463_19203166.jpg


左の隙間をのぞき込むと、おお、ありました!
カバーをかけられた自転車。
まんまと見つかって有頂天です。
b0206463_1920384.jpg

さて、うまいこと続きを見つけられた(たぶん)ので、先ほどの「立入禁止」のカラーコーンがあった場所の反対側に回り込んでみます。

その途中で、こんな美猫にも出会いました。
b0206463_19204612.jpg


さて、反対側にきました。
先ほどは「立入禁止」でしたが、こちら側はそうでもなさそう。
b0206463_19205361.jpg


ちなみに、5年前はこの様子。
未舗装の上に立ち入れない。
5年もたつとだいぶ様相が変わります。
b0206463_1921268.jpg


さて、現在は入れそうなので、奥に進んでみます。
カクカクと蛇行する川跡。
b0206463_19211125.jpg


しかし、だんだんヤバくなってきました。
「人の家の裏手」感が半端ありません。
ここで引き上げます。
b0206463_19211911.jpg


さて、今度は先ほどの位置からさらに下流方向です。
家と家の隙間が斜めになっているここが続きですね。
ここには入れないので、反対側に回ってみます。
b0206463_19212657.jpg


反対側に回ってきました。
この左側の建物と塀の隙間が続きです。
b0206463_19214373.jpg


ここで右を向くと、このガードレールの内側が暗渠で、ここに合流しているようです。
b0206463_19215553.jpg

さて、ここで終了してもよいのですが、せっかくなのでこのガードレール暗渠を追いかけてみましょうか。

ちなみに、上の写真の反対方向に向かうと、すぐにこの記事で触れた「西井堀」にぶつかります。
この写真は、西井堀が総武線をくぐってくるところ。
このあたりではこの水路がメインで、この水路からいくつもの水路が分岐していたのでしょう。
b0206463_1922339.jpg


またまたちなみに、上の地点から中川の堤防までは、以前は金網で仕切られて入れなかったのですが、現在ではこんなきれいな遊歩道となっていました。
b0206463_19221157.jpg


では、ガードレール暗渠を下流にたどっていくことにしましょう。
途中からこんな立派な並木道に。
b0206463_19221860.jpg


道路の左側に移動。
b0206463_19222657.jpg


右の方に中川の堤防が見えてきました。
この公園の左側を通り、
b0206463_19223566.jpg


最後はここにぶつかって終了です。
この建物は「西小松川ポンプ所」。
この建物から中川に合流するようです。
b0206463_1922425.jpg


堤防に上ってみると、そこには大きな水門。
今度こそ終着地点です。
b0206463_1923160.jpg

小さな水路跡でしたが、意外と探索心を満足させてくれる暗渠でしたね。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2017-08-08 12:00 | 江戸川区・葛飾区の暗渠 | Comments(0)  

<< 谷古田用水をたどる① 新小岩駅南口西側の暗渠をたどる① >>