<   2011年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

入江川をたどる①

今回は、横浜市鶴見区、神奈川区を流れる入江川をたどってみました。
支流も含めてかなり大規模な川で、長い行程となりました。

訪問日:2011/4/30、2011/12/4

ここは横浜市鶴見区上の宮1-19。
この辺に川跡らしきものはありませんが、この谷地形は紛れもなく入江川の支流が刻んだものと思われます。
川跡が始まっている場所を目指し、この坂を右へ降りていきます。
b0206463_18473661.jpg


降りる途中に神社があって、
b0206463_1847479.jpg


その脇に階段で坂を降りていける場所がありました。
崖を斜めに下りていくこの雰囲気、ちょっとたまらない。
吸い込まれるようにここへ入っていきます。
b0206463_18475626.jpg


行き止まりになりそうですが・・・
b0206463_1848617.jpg


さらに階段で続いていきます。
b0206463_18481883.jpg


何だか敷地内みたいになっていきますが、失礼します。
b0206463_18482720.jpg


難関をくぐり抜け、ようやく暗渠っぽいところに出てきました。
右から左に暗渠が通っています。
これが、ここから長いつきあいとなる入江川との初めての出会いでした。
b0206463_18483568.jpg


突き当たって左を見ると、申し分のない暗渠が急勾配で下っていきます。
b0206463_18484417.jpg


右を見ると、これまた急勾配で上っていきます。
谷頭までそんなに距離はないはずですが、先が見えません。
b0206463_18485213.jpg


すぐに行き止まりになっていました。
b0206463_1849030.jpg


それにしても、この唐突な終わり方、というか始まり方はすごい。
コンクリートで固められた急坂&急階段。
b0206463_1849922.jpg

スタートから見たこともないような光景に出会って興奮してしまいました。
東京ではこんな光景にはそうそう出会えないでしょう。
まあ、横浜でこの場所に立って興奮している人もほかにいないかも知れませんが。
気を落ち着けて下流方向に向かってみましょう。

細い暗渠道が結構続きます。
b0206463_18491887.jpg


ここでいったん普通の道と合流しています。
この道を突き当たりまで進むと、
b0206463_18493415.jpg


続きらしきものがありました。
b0206463_18494594.jpg


さすがにここに入っていくのはためらわれました。
b0206463_18495763.jpg


右から回り込んでいくと、ここに出てくるように見えました。
写真奥のところで直角に手前の方に曲がってきているようです。
ここから先は、地形的に写真右方向に進むはずですが、民家の敷地の中なので通行はできません。
b0206463_18507100.jpg


また右から回り込んでみると、こんな谷地形になっていました。
左方向が谷の上流のはずですが、もろに集合住宅が建てられています。
そして、右に見える建物の右側の道が、
b0206463_18505173.jpg


暗渠の続きかと思われます。
そして実は、突き当たりで左右に通っている道は、手元の昭文社の7000分の1地図では開渠として書いてあるところです。
突き当たりの位置で別の支流に合流している、ということなのでしょう。
ここまでの支流、住所から「上の宮1丁目支流(仮)」としておきましょう。
b0206463_1851952.jpg

次回は、この合流後の支流をたどります。

今年はこれで最後の更新になると思います。
皆様、よいお年を。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2011-12-28 19:07 | 横浜市の暗渠 | Comments(2)  

世田谷区池尻3丁目の細道を歩く②

訪問日:2011/10/23

今度は近くにあった別のルート。
ここを入ります。
b0206463_17295936.jpg


一気に細くなります。
ここは地図でも道として書いてありません。
b0206463_17301144.jpg


ドキドキするようなすき間を通って一般道に出ます。
b0206463_17301928.jpg


通り抜けて振り返ったところ。
短いけどこれもいい。
b0206463_17302793.jpg


これはオマケ。
近くにニャンコがたまっていました。
左の2匹はもらったエサを食べています。
横で傍観する黒猫は、舌が出っぱなしでした。
b0206463_17303483.jpg


今度は、少し玉川通りに近いところのここ。
暗渠っぽい道が始まっています。
b0206463_17304230.jpg


曲がり角の切り株の上にニャンコ。
b0206463_17305021.jpg


なぜか端っこに座っています。
b0206463_17305874.jpg


こんな側溝を見つけました。
b0206463_1731519.jpg


先ほどの道を右へ曲がっていって、
b0206463_17311353.jpg


ここへ出てきました。
右に建物がないので気づきにくいですが、本当に細い道ですねえ。
b0206463_17312866.jpg


続けてこんないびつな形の十字路。
b0206463_17313984.jpg


その一角から、こんな変な真ん中側溝!
四角い金網が連発の変な側溝!!
b0206463_17314940.jpg


光景が何となくマンガっぽい。
こんなの初めて見ました。
b0206463_1732450.jpg


その先は右に曲がって、茂みの奥に消えていきます。
b0206463_17321330.jpg

何だかよく分からないけれど、面白いものがいっぱい見られた池尻3丁目でした。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2011-12-26 17:33 | その他東京の暗渠 | Comments(2)  

世田谷区池尻3丁目の細道を歩く①

世田谷区池尻3丁目に細道エリアがあり、非常に興味深かったのでご報告します。

ここは、lotus62さんや、うさぎねこさんがご報告されていた、味わい深い暗渠のある所。
そこへ行ってみようというのが最初の訪問動機でした。
行ってみると、細道がまた見事だったので、ご報告することにしました。

訪問日:2011/10/23

これがその暗渠の入口。
やはりまずはこちらの暗渠からご報告ですね。
撮影位置の背後は目黒川緑道です。
b0206463_10173029.jpg


ちょっと進んだだけで、右手がこの崖!
b0206463_10183284.jpg


道幅が急に変わっているのも暗渠らしい。
そして、先の方に見えてきました。
b0206463_10183936.jpg


はい、出ました。
夢にまで見たこの光景。
これが見たかったんです。
b0206463_10184722.jpg


右の護岸もすごい。
抜群の雰囲気です。
b0206463_1019031.jpg


そしてここに出てきます。
こちらの入口も、背筋が寒くなるほどの雰囲気を醸し出しています。
これはやっぱり素晴らしい。
b0206463_10191061.jpg


さて、ここからは細道。
今のルートより二本隣のこの道。
撮影位置背後はやはり目黒川緑道。
ここを入ります。
b0206463_10192118.jpg


行き止まりっぽくなりますが、
b0206463_10193079.jpg


右に曲がれる・・・
b0206463_10194969.jpg


先に言っておきますと、左にも曲がれます。
つまりここはT字路!
b0206463_1020177.jpg


右の道の奥は、すぐに袋小路的に。
入っても大丈夫なのか不安になりますが、
b0206463_10201151.jpg


三差路になっており、真ん中にマンホール!
b0206463_10202062.jpg


右の道は行き止まりですが、階段で少し下りるようになっています。
b0206463_10202922.jpg


下りて振り返ったところ。
この微地形がたまらない。
b0206463_10203794.jpg


左の方は、民家の裏手を通っていきますのでなんですが、
b0206463_10204774.jpg


こんなところを通らせていただいて申し訳ありません。
b0206463_10205698.jpg


ようやく一般道に出ました。
ここは抜け道として使っている人がきっといるはず。
毎日ここを通りたい。
b0206463_1021691.jpg


さて、先ほどの「T字路」を今度は左へ進んでみます。
b0206463_1020177.jpg


先が見えない。
ここ本当に目黒区ですかね。
池尻大橋の駅も近く、一等地のはずですが。
b0206463_10215794.jpg


暗渠かも知れない。
b0206463_1022863.jpg


一般道に出て終わりとなりました。
このルートは草深く、あまり抜け道として使われていない感じがしました。
b0206463_10221837.jpg

まだもうちょっとありますので、次回に続きます。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2011-12-23 10:31 | その他東京の暗渠 | Comments(0)  

川崎暗渠狂想曲【五ヶ村堀編】⑧

五ヶ村堀の最終回です。
訪問日:2010/12/19、2010/12/26

ここが分岐地点。
ここを、今度は左へたどっていきます。
b0206463_1831947.jpg


やや高さのあるコンクリート蓋。
b0206463_18312098.jpg


何だか私有地みたいになってきました。
b0206463_18312859.jpg


ここで南武線に突っ込んでいきます。
線路の反対側に回り込まなければいけません。
b0206463_18313729.jpg


反対側に回り込んでみると、開渠となって、まあ見事に線路を横切ってきています!
b0206463_183145100.jpg


その先は、側溝みたいに進んでいきます。
b0206463_18315515.jpg


この先で、東名高速の高架にぶつかります。
b0206463_18322089.jpg


橋跡らしきものが、なぜか斜めにかかっています。
b0206463_18323076.jpg


高架の下に入っていきます。
b0206463_1839779.jpg


高架下を斜めに進みます。
b0206463_18325877.jpg


橋脚を避けるかのごとく蛇行していきます。
こんなのは見たことないですねえ。
b0206463_183381.jpg


ここで高架下を出て、斜めにまっすぐ進んでいきます。
b0206463_18331873.jpg


そのすぐ先ではなぜか細いコンクリ蓋になり、しかも十字に交差しています。
b0206463_18332970.jpg


先ほどの十字に交差していたところを右に進んだところ。
「飛び出すマンホール」3連発。
こちらはこれ以上追えなくなりました。
b0206463_1833402.jpg


本線を進むと、ちょっと先で開渠になっていました。
b0206463_18344266.jpg


反対側に回ってみると、この広い道の手前で二手に分かれていました。
b0206463_18345158.jpg


逆から撮るとこう。
まあ、右側にはほとんど水が行っていませんが。
そして、ここから先はうまくたどれなくなります。
b0206463_1835218.jpg


これは、その先のあたりをうろうろしていて見つけたもの。
コンクリート蓋暗渠で、縁石が付いており、かつ一段低くなっているのが面白い。
これは、庵魚堂さんがこのページで紹介されていたところですね。
b0206463_18351246.jpg


このルートも、ここで途切れてしまいます。
b0206463_18352255.jpg


これはオマケ。
近くで見つけた妙に背の低い街灯。
手が届きそうな低さです。
ここが夜点灯されたら相当まぶしい気がします。
b0206463_18355763.jpg


オマケ2。
久地小のPTAが設置した注意看板。
この界隈に結構たくさんあります。
b0206463_1836885.jpg

五ヶ村堀の本線は何とか最後と思われるところまでたどれたのですが、支流があいまいになってしまったのはちょっと残念でした。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2011-12-19 18:44 | 川崎市の暗渠 | Comments(0)  

川崎暗渠狂想曲【五ヶ村堀編】⑦

五ヶ村堀の7回目です。
訪問日:2010/12/19、2010/12/26

前回の途中で合流していたこのルート、表通りに回って先を探してみます。
b0206463_194242100.jpg


こんな開渠になっていました。
b0206463_19425378.jpg


振り返ると、右に曲がって、広い道沿いに進んでいます。
b0206463_1943095.jpg


この写真の右から出てきて、コンクリ舗装の色違いのところを進むようです。
b0206463_1943844.jpg


ツートンカラーの歩道がどんどん続きます。
b0206463_19432594.jpg


ここで歩道を離れていきます。
b0206463_19433387.jpg


離れたところからコンクリート蓋になっていました。
b0206463_1943417.jpg


この車通りの多い道を横切ったところでコンクリート蓋は終わっています。
b0206463_19435333.jpg


暗渠らしくなくなりますが、この正面の方向に向かうようです。
左側は神社。
b0206463_1944398.jpg


反対側の入口から撮った神社。
「堰稲荷神社」。
b0206463_19441357.jpg


前の写真の左側の敷地外を撮ったところ。
この神社をぐるっと回り込んでいました。
写真が真っ暗だったので、コントラストを下げてみました。
b0206463_19442362.jpg


これは反対方向。
b0206463_19443346.jpg


ハシゴ式開渠でした。
b0206463_19444227.jpg


このビールケースの踏み台は、正面のお宅専用でしょうか。
b0206463_19445258.jpg


さて、その先、ぐるっと回り込んで、ここを通っていたようです。
・・・って全然分からない写真になってしまいました。
しかし、橋跡のようなものが確認できます。
b0206463_1945138.jpg


さらに広い通りを回り込んでみると、明らかにここにつながっているようです。
一段低くなっています。
b0206463_19451489.jpg


奥へ進んでみると、建物との段差がくっきりとしています。
b0206463_19452555.jpg


この奥の方で、先ほどの位置につながりますが、これ以上は進めません。
b0206463_19455520.jpg


さて、そこから先は全く跡がたどれなくなりました。
しかし、位置的にはこのシリーズの第4回の、右へカクンと曲がったあたりとつながっていてもおかしくない気がします。
この写真のあたりで分水している(いた?)のかも知れませんが、はっきりとは分かりませんでした。
b0206463_1946664.jpg

次回、五ヶ村堀の最終回は、シリーズ第3回の最後に分岐していたもう一方のルートをたどってみます。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2011-12-16 19:48 | 川崎市の暗渠 | Comments(0)  

川崎暗渠狂想曲【五ヶ村堀編】⑥

五ヶ村堀の6回目です。
訪問日:2010/12/19

東京靴流通センターの右脇の道を進むと、道の右側から前回の続きの暗渠が出てきていました。
この道を横切って左に進んでいます。
b0206463_1854321.jpg


右側はちょっとくねっと曲がっていますが、曲がった先は、先ほどの集合住宅の方向で間違いなさそうです。
b0206463_18541239.jpg


左の方は、奥でいったんぶつかっています。
b0206463_18542257.jpg


・・・と、何だか左の方からも暗渠がやってきているようです。
b0206463_18543210.jpg


これが左方向。
先には進めませんが、前回最後の東京靴流通センターの反対側を通って来ているようです。
こちらはあとでたどるとして、本流を進みます。
b0206463_18544071.jpg


ここで振り向くと、ここから先は入れません。
先ほどの道に戻って、先に進みます。
b0206463_18544766.jpg


左の方から、この道に戻ってきていました。
b0206463_18545542.jpg


そのすぐ先で、いったん途切れたようになります。
b0206463_1855383.jpg


すぐに再開していますが、ここには入れません。
足元は橋跡のよう。
b0206463_18551263.jpg


そこからしばらく、少し分かりにくくなります。
この下を通っているようにも思えましたが、違うかも知れません。
b0206463_18552081.jpg


少し先で、コンクリ蓋が出てきていました。
b0206463_18552976.jpg


駐車場の端っこを進んでいきます。
b0206463_18553942.jpg


この先の金網のところで、
b0206463_18554793.jpg


途切れています。
ここで道の反対側に渡っているようです。
b0206463_18555624.jpg


ちょっと分かりにくいですが、撮影位置の足元にもぐり込んでいます。
b0206463_1856585.jpg


あとはこの歩道になるようです。
b0206463_18561412.jpg


ちょっとここだけ、畑に降りるための階段が付いていますが、
b0206463_18562323.jpg


その先は広い歩道。
もうすぐ多摩川です。
b0206463_18563427.jpg


多摩川直前で水門が見えてきました。
このルートで合っていたようです。
b0206463_1856434.jpg


堤防の向こうにも水門があり、網をかけただけの水路が続いています。
b0206463_18565130.jpg


これが合流口。
結構な水量がありますね。
堤防にぶつかる直前に別の水路を合わせていた可能性もありそうです。
b0206463_1857498.jpg

いやー、長くてたどりがいがありました。
次回は、今回途中で合流していたルートをさかのぼってみようと思います。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2011-12-13 19:01 | 川崎市の暗渠 | Comments(2)  

川崎暗渠狂想曲【五ヶ村堀編】⑤

五ヶ村堀の5回目です。
訪問日:2010/12/19、2010/12/26

こんなあからさまな金網で広い道路を越えていきます。
こんな光景も珍しい。
東京の暗渠では類似例が思い浮かびません。
この道を右に曲がると、南武線「久地」の駅がすぐ近くです。
b0206463_18504247.jpg


先へ進むと、道路の左側をコンクリート蓋暗渠が進みます。
b0206463_1851317.jpg


ここで道の右側にサイドチェンジ。
ダイナミックに動きます。
b0206463_18514936.jpg


ここで右にぐるりんと回ります。
b0206463_18515851.jpg


縁石が付いてきました。
b0206463_1852722.jpg


この交差点で、道の右側から左側に移動。
b0206463_18521457.jpg


今度は右へ移動。
b0206463_18522183.jpg


延々と続きますなぁ。
b0206463_18522994.jpg


ここでまた左へ移動しました!
変化がめまぐるしくて飽きさせません。
b0206463_1852422.jpg


ここは車道よりも一段高く、しかも縁石も付いています。
b0206463_18525695.jpg


そして、ここでカクンと90度以上曲がっています。
b0206463_1853748.jpg


ちょっと通り過ぎてから撮ってみました。
高さがあるので、階段で上るようになっています。
b0206463_18531662.jpg


その先は、カクカクと右に左にと曲がっています。
b0206463_18532540.jpg


左へ。
b0206463_18533533.jpg


最後に右折したあと、
b0206463_1853468.jpg


やや広めの道路を横切ります。
b0206463_18535733.jpg


横切ったあと、出来たばかりの集合住宅の敷地内を通っていきます。
b0206463_1854858.jpg


奥までちゃんとコンクリ蓋が続いています。
こんなモダンな住宅街が造成された時も、このコンクリート蓋暗渠はつぶされなかったんですねえ。
ここには入れませんので、左から回り込みます。
b0206463_18542197.jpg


回り込む途中のこの道も暗渠っぽいのですが。
そして、この東京靴流通センターの左側も、実は水路跡になっていました。
あとでそちらもたどることになります。
b0206463_18543169.jpg

次回に続きます。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2011-12-10 18:58 | 川崎市の暗渠 | Comments(0)  

川崎暗渠狂想曲【五ヶ村堀編】④

五ヶ村堀の4回目です。
訪問日:2010/12/19

分岐点を右に進んでいきます。
幅が細く、雨水側溝のようで気が引けますが、下には多摩川から引き込んだ水が流れているはずです。
b0206463_18562732.jpg


何やら立派な寺院のような建物が見えてきました。
b0206463_18564087.jpg


「新明國上教」という歴史のある宗教団体の本部のようです。
b0206463_18565055.jpg


先へ進みますと、東名高速の高架が見えてきました。
b0206463_18565888.jpg


高架の下をくぐるあたりで開渠になりますが、
b0206463_18571183.jpg


その先は金網暗渠。
そして、「宿河原跨線橋」の下へ突っ込んでいきます。
b0206463_18571952.jpg


反対側に回ってみると、ちゃんと跨線橋の下から出てきていました。
b0206463_18572820.jpg


その先は裏道っぽいところを通っていきます。
b0206463_18573671.jpg


一瞬道路と並走し、また離れていきます。
この位置のすぐ左は南武線の線路。
b0206463_18574655.jpg


線路に斜めに突っ込んでいきます。
b0206463_18575636.jpg


この集合住宅の裏手に入り、ぎりぎり行けるところまで行ってみました。
足元を通っているのですが、でも先がちょっとよく分からない。
b0206463_1858720.jpg


先ほどの跨線橋の上からズームで撮ってみました。
写真奥の、日なたと日陰の境目あたりで斜めに横切っているような気がします。
b0206463_18581789.jpg


線路の反対側に渡り、また集合住宅の裏手に入ってみました。
この塀の脇を通っているようです。
b0206463_18582650.jpg


そしてまた回り込んでみると、ここに腰高のコンクリ蓋暗渠として出てきています。
左が上流方向。
自動車の修理工場の脇なので、タイヤが山積み。
b0206463_18585634.jpg


これが上流方向をのぞき込んだところ。
ここに入っていくと、先ほどの集合住宅の裏を経て南武線の線路まで行けるのでしょうが、さすがにそれはできません。
b0206463_1859686.jpg

この線路を越えるところが、このルートの最大の難所でした。
さんざんに歩き回って、何とかうまくつなげることができました。

さらに下流方向に向かいます。
この先で広い道を渡って進みます。
さて、どこまでたどれるのでしょうか。
b0206463_18591752.jpg

次回に続きます。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2011-12-07 19:03 | 川崎市の暗渠 | Comments(0)  

川崎暗渠狂想曲【五ヶ村堀編】③

五ヶ村堀の3回目です。
訪問日:2010/12/19

左方向に分岐していくこちらを追いかけます。
b0206463_17482818.jpg


斜め右に曲がると、道を一本はさんだ向こうは二ヶ領用水宿河原堀。
b0206463_17483994.jpg


しかし、合流することなく、並行して進んでいきます。
b0206463_17484924.jpg


ここで道から離れていってしまいました。
隣を流れる宿河原堀と「いつか合流するんだろうなぁ」などと考えてたどっていたのですが。
b0206463_1748583.jpg


先の方はまたも開渠になっていました。
b0206463_1749795.jpg


次に回り込めた場所がここ。
道路を横切るところだけがコンクリ蓋になっています。
b0206463_17492035.jpg


その先はまた入れません。
また回り込まねば。
b0206463_17493338.jpg


左から回り込んでいくと、宿河原堀の上に出てしまいました。
そしてこの表示板を発見。
「八幡下圦樋(はちまんしたいりひ)」。
世田谷の川探検隊さんのこのサイトでも紹介されていた有名なスポットです。
この圦樋から二ヶ領用水を守る堤防をくぐって流れていった「八幡堀」も、跡をたどることができますが、ご紹介する機会がいつかあるでしょうか。
今回は関係ないのでスルーして先に進みます。
b0206463_17494711.jpg


回り込もうとしていたら、こんな施設の中に入っていかなければならなくなりました。
「川崎市緑化センター」です。

左に見えるのは宿河原堀です。
今度こそ合流するのでしょうか。
b0206463_17495898.jpg


入口に貼ってあった案内図には「五ヶ村堀」の表記はありませんでした。
b0206463_17501019.jpg


緑化センターの敷地内に、開渠で流れ込んでいました。
奥から手前に。
b0206463_17503162.jpg


振り返るとこんな感じに。
「はぎのトンネル」の表示があります。
何だかこの景色、見覚えがあるなぁと思いつつ歩いていましたが、上記の世田谷の川探検隊さんのサイトで見た光景が脳裏に残っていたようです。
b0206463_17504130.jpg


このトンネルを抜けると・・・
b0206463_1750492.jpg


出ました!
このコンクリ蓋の先にあるのは、
b0206463_1751165.jpg


宿河原堀と立体交差する懸樋です!!
合流するか、するかと思っていた2つの流れは、何とすれ違ってしまいました。
b0206463_17511290.jpg


近くに橋がありますので、反対側に回ってみると、このような案内がありました。
「五ヶ村堀と八幡下の堰」。
先ほど見た「八幡下圦樋」とセットで紹介しています。
b0206463_17512562.jpg


宿河原堀を越えたあと、さらに緑化センター内をコンクリ蓋で進んでいきます。
b0206463_1751388.jpg


こんな風に敷地内を進んでいきますが、こっちの方向は立ち入り禁止のようなので、敷地の外から出口を探します。
b0206463_17515091.jpg


これは、回り込む時に見た桜田小のPTA作成の注意表示。
得体の知れない生き物に諭される子どもたち。
b0206463_1752185.jpg


さて、五ヶ村堀は敷地の外のここに出てきていました。
左の金網の奥が緑化センターです。
b0206463_17521159.jpg


敷地内をのぞき込むと、出てくる直前までコンクリ蓋で、敷地を出るとすぐにコンクリ舗装となっています。
b0206463_17522354.jpg


このあたりから、幅の細いコンクリ蓋が続いていきます。
b0206463_17523424.jpg


ところどころ蛇行していきます。
b0206463_17524448.jpg


右手前から来て、奥の方へ進みます。
左から何かが合流してきているようですが、気にしないようにしましょう。
b0206463_17525928.jpg


おっと、ここで二方向に分かれるようです。
b0206463_17532229.jpg

次回は、とりあえず右方向に進んでみましょう。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2011-12-05 18:09 | 川崎市の暗渠 | Comments(0)  

川崎暗渠狂想曲【五ヶ村堀編】②

五ヶ村堀の続きです。
訪問日:2010/12/19

ここは木の板が敷かれて本格的な植栽置き場になっています。
b0206463_18442799.jpg


道の左側を進みます。
b0206463_18444218.jpg


次のブロックで右側に移動していました。
b0206463_18444965.jpg


例によってゴミ置き場。
コンクリ蓋を縦に並べて、その上に容器を置いています。
b0206463_1844588.jpg


そして駐輪場。
b0206463_1845730.jpg


このゴミ置き場の向こうで道路から離れます。
直接入れなくなりましたので、回り込みます。
b0206463_18453737.jpg


しばらくの間、近寄ることもできなくなります。
b0206463_18454988.jpg


ここに出てきました。
橋跡のようで、実はほんとの橋。
右から左に流れています。
b0206463_1846343.jpg


ここは脇を通ってもよさそう。
b0206463_18461597.jpg


お寺の脇で、また入れなくなりました。
b0206463_18462724.jpg


また回り込むと、ここに出てきました。
b0206463_1847484.jpg


振り向いた下流側はこう。
ここだけ暗渠になっています。
b0206463_18471351.jpg


また道から離れていきます。
神社の裏を通っていきます。
b0206463_18472288.jpg


神社の反対側に回り込みました。
ちょっと芥がたまっていました。
b0206463_18474249.jpg


さて、ここから本格的な暗渠となります。
ようやく暗渠ブログらしくなってきました。
b0206463_18475293.jpg


立派なコンクリート蓋暗渠です。
すぐ右は稲田小学校。
b0206463_1848293.jpg


小学校を過ぎたあたりで道の左側に移動しています。
b0206463_18494460.jpg


移動した先には橋跡!
いい感じになってきましたよ。
b0206463_18495796.jpg


そしてすぐに左に分岐しています。
b0206463_18501053.jpg

訪問時は気がつかなかったのですが、左に曲がっていくのが五ヶ村堀の本流で、まっすぐ進むのは「堰用水」と別な名前がついた流路のようだったのでした。
左に曲がれば、二ヶ領用水の2大ルートの一つ「宿河原堀」が間近。
間もなく合流して終わりかと思ってこちらをたどっていったのですが、それはとんでもない間違いでした。
次回に続きます。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2011-12-01 19:05 | 川崎市の暗渠 | Comments(2)