「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

辰井川周辺の暗渠をたどる⑤

前回、前々回と自然河川を2本たどりましたが、今回はようやく前井堀に戻って探索を再開します。
訪問日:2013/4/27、2013/4/28

道の右側の歩道が続きます。
b0206463_14594622.jpg


ここでカクンと右に曲がっていくように見えますが、左奥にも暗渠らしき続きが見えます。
ここで2方向に分水しているようです。
b0206463_14595471.jpg


右の方に曲がるルートは、
b0206463_150029.jpg


すぐに辰井川に合流していました。
b0206463_1501028.jpg


橋を渡って下を見ると、合流口を確認できました。
先ほどの場所に戻ります。
b0206463_1502681.jpg


続きは護岸のようになっています。
b0206463_1503559.jpg


この「峯交差点」を横切ります。
b0206463_1504228.jpg


左手の方がいきなり高くなってきました。
b0206463_1505290.jpg


前回お見せしたGoogleEarthの地形図を再掲。
この地形図の右端の中央あたりを現在進んでいます。
島状にぽっかり浮かんでいる地形が面白い。
この島状のところが先ほどの高台なのですね。
b0206463_151222.jpg


この少し位置ずれした交差点は、
b0206463_1514536.jpg


「危険交差点」に指定されていました。
b0206463_1515422.jpg


さて、広い道を越えると、前回の最後の写真のところに到達しました。
b0206463_15266.jpg


コンクリート蓋が延々と続きます。
b0206463_1521738.jpg


この信号を渡り、さらに進むと、
b0206463_1522630.jpg


奥の金網の向こうに引きこもっていきます。
b0206463_1523481.jpg


隔離されたこの感じ。
b0206463_1524622.jpg


ここで行き止まり。
b0206463_1525683.jpg


行き止まりの手前に分水しているらしき支流を発見。
これを次回たどってみようと思います。
b0206463_153545.jpg


ゴール地点である伝右川(でんうがわ)はもうすぐ。
回り込んでみると、伝右川の直前で開渠になっていました。
b0206463_1531424.jpg


上の写真位置で振り返ると、すぐに伝右川です。
立派な水門も備えられています。
b0206463_1532841.jpg


近くの橋から撮った合流口。
結構な水量が流れ込んでいます。
b0206463_1534656.jpg

次回は、先ほど分水していた支流をたどってみます。
結構面白い展開となりました。
なかなか辰井川に戻れませんが、気にしないで下さいw
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2013-08-28 15:06 | その他地区の暗渠 | Comments(0)  

辰井川周辺の暗渠をたどる④

訪問日:2013/4/28

コンクリート蓋暗渠が続きます。
奥は金網が張られていますが、普通に通れます。
b0206463_19395751.jpg


ここで90度左に曲がり、
b0206463_19401182.jpg


すぐに右に曲がり、
b0206463_19402387.jpg


金網2枚を越え、
b0206463_19403178.jpg


すごい裏手っぽいところを進んでいきます。
抜け道感があってすごくいい。
b0206463_19404033.jpg


このあたりから歩道に。
b0206463_19404844.jpg


うにゃうにゃ曲がります。
b0206463_19405691.jpg


おお、美しい。
魅せてくれます。
b0206463_1941462.jpg


一般道を渡り、
b0206463_19411345.jpg


ここでまた広い通りを横切りますが、その手前に、
b0206463_19412179.jpg


足元が金網となっており、相当な水量がごうごうと音を立てて流れていました。
b0206463_19413094.jpg


さて、広い通りを越えるとすぐに右折し、
b0206463_19413890.jpg


すぐに左折。
b0206463_19414611.jpg


またすぐに右折し、
b0206463_1941566.jpg


先の方でまた左折。
もうどっちを向いているか分からなくなってきました。
b0206463_1942447.jpg


もう一度右に曲がると、
b0206463_19421160.jpg


あとはまっすぐ。
どうやら先ほどの広い道とほぼ平行に進む方向に向かっているようです。
b0206463_19421869.jpg


一度一般道を横切ると、
b0206463_19422532.jpg


先ほどの広い道に合流しました。
b0206463_19423538.jpg


しばらく歩道暗渠が続いた後、はっきりした痕跡が消滅します。
b0206463_19424288.jpg


しかし、左斜めに向かう暗渠っぽい道が出ていました。
実はこの道は、最初にたどっていた「前井堀」の続き。
ここで合流していたのでしょうか。
b0206463_19425262.jpg

いえ、ここまでたどってきたルートはもともと自然河川だったはずですから、まっすぐ方向に向かっていたはずです。
古い地図などにあたればよいのでしょうが、まだ調べられていません。
この流れはここで諦め、次回は前井堀の元の場所に戻って再開します。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2013-08-20 19:44 | その他地区の暗渠 | Comments(3)  

辰井川周辺の暗渠をたどる③

今回は、前回たどった自然河川の隣の谷を流れる川をたどります。
訪問日:2013/4/28

これがその谷のGoogleEarth地形図。
前回は地形図の下の方にある谷を上流に向けてたどりましたが、今回は中央の谷を下流に下っていきます。
しかしくっきりとした谷ですねえ。
前回の最後に訪問した貝塚公園の位置も地形図左の方に書いてあります。
b0206463_15304185.jpg


谷頭から見た谷の様子。
この道は私道みたいなので遠慮し、左の方から回り込んで公道を降りていきます。
b0206463_15305757.jpg


降りてくると、おお、見つけました。
車止め1本から始まっています。
b0206463_1531478.jpg


まっすぐに進んでいます。
b0206463_1531121.jpg


このあたりはカクカクと蛇行しています。
いいですねえ。
b0206463_15311992.jpg


駐車場との段差が目立ちます。
b0206463_15312772.jpg


突き当たりましたが、左にずれたところから再開しています。
b0206463_15313532.jpg


おっと、ここからは入れません。
回り込んでみます。
b0206463_15314280.jpg


回り込んでみると、このように続いていました。
写真奥が先ほどの場所です。
b0206463_15314977.jpg


ここで振り返ると、ニャンコに遭遇。
b0206463_15315674.jpg


臆せず近づいてきます。
b0206463_1532467.jpg


いきなりコテン!
b0206463_1532153.jpg


ずるずるとフレームアウトしていきます。
b0206463_1532242.jpg


ひとしきりニャンコと戯れた後、先に進みます。
少しの間、痕跡がないのですが、この金網から始まる開渠を発見。
b0206463_15323155.jpg


奥の壁伝いに流れていくようです。
また回り込みます。
b0206463_15323946.jpg


次に近づけるところは広い道。
「峯八幡坂通り」です。
きれいな谷地形を刻んでいます。
b0206463_1532524.jpg


谷底に降りてみると、開渠で続いてきていました。
奥が上流方向。
b0206463_1533380.jpg


下流方向はコンクリート蓋暗渠となっていました。
結構いい感じです。
b0206463_15331284.jpg

ニャンコに会ったこともあって写真枚数を使ってしまいました。
この河川の後半は次回とします。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2013-08-13 15:35 | その他地区の暗渠 | Comments(0)  

辰井川周辺の暗渠をたどる②

辰井堀本流に戻ります。
訪問日:2013/4/28

辰井堀本流は、しばらくコンクリ蓋が続いた後、
b0206463_22354695.jpg


ここから開渠になります。
まだ川幅は狭いですね。
そして、この写真左端に見える小さな石碑みたいなのが、
b0206463_2236447.jpg


辰井川起点の標柱です。
要するにここまでは旧「辰井堀」そのままで、ここからが川幅を広げた「辰井川」ということなのですね。
ここが水源という意味ではないようです。
b0206463_22361468.jpg


さて、このまま辰井川を進むと、もう一つの支堀が置き去りになりそうなので、左に分かれていたこちらの堀を先にたどってみます。
「前井堀」。
この広い通りの左側の歩道として進んでいきます。
b0206463_22362213.jpg


少し進むと、こんなバス停がありました!
「辰井堀」!
もちろん、今たどっているコンクリート蓋暗渠ではなく、先ほど見た水路のことですね。
「辰井堀」は、ここより少し右側を併走しています。
b0206463_22363345.jpg


しばらく進むと道の左側から右側にシフト。
b0206463_22364016.jpg


さらに進むと右手に金網が。
b0206463_22364927.jpg


何か支流のようなものが出ていました。
まっすぐ行くと、辰井川にぶつかると思いますが。
b0206463_2237017.jpg


念のため回り込んで確認してみると、確かに橋の下で辰井川に合流しています。
b0206463_2237727.jpg


前の写真だと分かりにくいのでズームしてみましたが、ちょっと変な感じ。
b0206463_22371755.jpg


・・・と、これで話を済ませて先に進もうと思ったのですが、実はこの小水路、こんなくっきりとした谷を作った川でした!
危ない危ない。
うっかりスルーするところでした。
現在地は「34」と書いてあるところの少し右上、黄色い点と「5」が書いてあるあたりです。
これはさかのぼってみなくてはなりません。
b0206463_22372624.jpg


1ブロック回り込んで広い道に出ると、開渠が始まっていました。
1ブロック分は全く痕跡なしなので、地形図がなければ気がつきませんでしたね。
b0206463_22373454.jpg


さらに回り込むと、ありましたありました。
開渠の続き。
左が下流方向です。
b0206463_223743100.jpg


ここからしばらくは上を歩けます。
b0206463_22375394.jpg


階段で登ります。
b0206463_2238295.jpg


しばらく開渠が続いた後、コンクリート蓋暗渠になります。
奥のグラウンドにぶつかると右折します。
b0206463_22381025.jpg


グラウンドの脇を通り、
b0206463_22381939.jpg


細い道に入っていきます。
b0206463_22382661.jpg


コンクリ蓋が傾いていて歩きにくいんですけど!
b0206463_22383480.jpg


ここでいったん途切れますが、
b0206463_22384080.jpg


左に少しずれた所から再開。
b0206463_2238512.jpg


変な階段を越えて、
b0206463_22385819.jpg


これでは先へ進めませんw
谷はもう少し先まであるのですが、ここまでにしておきましょう。
b0206463_2239919.jpg


谷から大地の上に上がると、そこには「新郷若宮公園」がありました。
b0206463_22394037.jpg


公園内にあるのは「新郷貝塚」。
土器や石器なども発見されたようです。
b0206463_22395062.jpg


足元が貝だらけ!
いやでも踏んづけてしまいますが、これでいいのでしょうか。
b0206463_224016.jpg

次回は、隣の谷に降りて別の川跡をたどり、前井堀の方に戻っていく予定です。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2013-08-06 22:47 | その他地区の暗渠 | Comments(0)