「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

藤右衛門川支流・明花落(みょうばなおとし)をたどる⑥

明花落の最終回です。
訪問日:2013/11/23

前々回の途中で左から合流していたのがこの暗渠。
金網で閉ざされていますので、回り込んでみます。
b0206463_11212336.jpg


回り込んできました。
左が上の写真の場所の方向で、右が上流方向。
b0206463_11213825.jpg


上流方向は通れるようになっています。
b0206463_11215294.jpg


細い所を通り抜けると、こんなガードレールで隔離された蓋暗渠!
そして、この車止めも何だかユーモラスです。
車もバイクもここを通りますまい。
なのに「車止め」。
右に広い空間があるので、人ですらわざわざこのガードレールの内側を通らないでしょう。
面白い。
b0206463_1122015.jpg


ガードレール暗渠の先は、また金網で隔てられています。
b0206463_1122790.jpg


ここで振り返って、改めて見るガードレール暗渠。
いつまで見ていても飽きない不思議スペースです。
b0206463_11221447.jpg


ちなみに、前の写真の右方向に進んで見ると、谷地形がうっすらと形成されています。
b0206463_11222280.jpg


この先はしばらく川跡の上を歩けなくなります。
しかし、近づけるところがありました。
これは下流方向を見たところですが、撮影位置の足元よりも蓋面はかなり低く、1メートルほどの段差があります。
b0206463_11223013.jpg


これは上流方向。
しばらく道沿いに続いた後、道から離れていきます。
b0206463_11223810.jpg


また近づけなくなったので、左から回り込んできました。
この谷地形の底に続きがあるはずです。
b0206463_11224536.jpg


こうなっていました。
右の金網のところから出てきて、駐車場の脇を進んだ後、90度左折して紅白のガードレールに続いています。
b0206463_11225271.jpg


金網から出てくるところ。
b0206463_1123385.jpg


そして、紅白のガードレールの先。
次の道路のところでまた曲がっているようです。
b0206463_1123962.jpg


次の道路のところまで行くと、左に曲がっていました。
「ここだけ歩道」が数メートル続いています。
b0206463_11231654.jpg


そしてまた右折すると、コンクリ蓋の歩道暗渠。
b0206463_11232476.jpg


1ブロック進むと、ここで歩道が途切れていました。
明確に痕跡を追えるのはここまで。
ここを上流端としておきましょう。
b0206463_11233293.jpg


ここで、最後の支流を少し追いかけてみましょう。
地形図で見ると明確な支谷なのですが、合流地点が全く分からないので、途中では取り上げませんでした。
b0206463_11234052.jpg


今回の「明花落」シリーズ、実はほとんどが1日で回ったものです。
残ったこの最後の支流を探索する頃にはもう夕方になっていました。
ここが確認できる最上流端です。
住所は太田窪3-1、南北に通る「産業道路」から始まっています。
手元の昭文社の地図では、開渠として青い線が引かれています。
b0206463_11235184.jpg


奥の突き当たりですぐ右に曲がっています。
b0206463_11235812.jpg


回り込んでみると、ここで道路を横切っていました。
写真左が上流方向。
b0206463_11247100.jpg


右の下流方向を見てみると、敷地内に橋のようなものがかけられています。
b0206463_1124149.jpg


さらに回り込んでくると、もうこんなに谷地形がはっきりしてきていました。
b0206463_11242372.jpg


谷底で、左の上流方向を見ると、先ほどの橋が見えますが、もうあたりは真っ暗。
そして、ここより下流には全く痕跡を見つけることができませんでした。
b0206463_11243194.jpg

全般的に変化に富んでいて面白い暗渠でしたね。
特に本流の上流端近くは驚きの仕掛けが満載でドキドキしてしまいました。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2014-05-27 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(6)  

藤右衛門川支流・明花落(みょうばなおとし)をたどる⑤

明花落の5回目です。
訪問日:2013/11/23、2014/1/1

前回の続き。
右から回り込んでくると、こんなくっきりとした谷地形。
b0206463_2124678.jpg


谷底まで行って左を見ると、この歩道部分が川跡のように思えます。
b0206463_21241424.jpg


奥まで行ってみると、前回の最後の写真の反対側まで来ることができました。
普通にここを通ってもよかったのかも知れません。
b0206463_21242217.jpg


さて、先ほどの場所に戻り、続きはないかどうか探しましたが、なかなか難しい。
しかし、正面の集合住宅の敷地内に、川を模したスペースがありました。
まさかここが川跡じゃないですよね・・・と半信半疑でいましたが、よく見るとこの写真の右側に緑の金網が写っています。
緑・の・金・網!
あそこは私が谷底に降りる時に通ってきた道の脇じゃないですか!
この記事の1枚目の写真をもう一度見てみて下さい。
しっかりと緑の金網が写っています。
「緑の金網」はいつでも川跡のサインだとこのブログでも再三記してきたというのに、地形に気を取られて見逃していました。
まさかこんな急坂を登ってくるとはねえ...。
b0206463_21243288.jpg


これですよ。
この坂を下りてくる時は全く気がつかなかったのですが、空き地になっているじゃないですか。
ここが川跡のようです。
ひぇー。
b0206463_2124427.jpg


坂を登り切ったところで、90度左に曲がっています。
また回り込んでみます。
b0206463_21245019.jpg


左から回り込んでくると、団地内に凹んだ箇所があります!
車止めの見えるところ。
非常にうっすらとしていますが、谷地形が刻まれています。
b0206463_21245846.jpg


車止めの所まで行ってみると、逆に少し盛り上がっています!
これは、ここに橋があった痕跡に相違ありません。
いやー、いろいろと驚かされます。
b0206463_2125795.jpg


ここで右を見ると、先ほどの場所が見えます。
b0206463_21251334.jpg


振り向いて逆方向を見ると、未使用の空き地と、その向こうに緑の金網!
明確な痕跡が残っているようです。
b0206463_21323849.jpg


左から回り込んでくると、そこにはまだ谷地形が残っていました。
b0206463_21324676.jpg


先ほどの緑色の金網のところは、やはり開渠になっていました。
この谷を刻んだ川の名残りです。
b0206463_21325394.jpg


もう1ブロック、右側から回り込んでくると、かなり浅くはなってきましたが、まだ谷地形は消えていません。
b0206463_2133310.jpg


谷底に降りて左を見ると、さっきの開渠の続き。
b0206463_21331120.jpg


反対の上流側は、少し位置ずれしてここが続きのようです。
これよりもう1ブロック回り込むと、もはや谷地形も消え、川の痕跡もありませんでした。
b0206463_21332218.jpg

いやいや、団地の脇をかいくぐり、団地の敷地のど真ん中を横切り、上流端は住宅の間を縫って進む開渠など、最後まで飽きさせないルートでした。
次回は、前回の途中で合流していたもう一つのルートをたどります。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2014-05-20 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(2)  

藤右衛門川支流・明花落(みょうばなおとし)をたどる④

明花落の4回目です。
訪問日:2013/11/23

さて、本流の方はしばらく普通の直線道路が続きますが、この「大谷口細野公園」のところで道路から離れます。
b0206463_12394053.jpg


公園内にあったこの歩道のような道。
これは川跡か?
b0206463_12395679.jpg


今の歩道のような道が続く方向は、GoogleEarthの地形図で見るとこんな短い谷。
やはり川跡のような気がします。
ちょっと興奮してきました。
b0206463_1240572.jpg


公園の端っこをこのように通って、
b0206463_12401327.jpg


その先の「大谷口細野団地」の敷地内となっていきます。
谷も短いですし、この方向はもうこれ以上は痕跡を探せません。
しかし、公園内のくっきりとした跡は信じがたく、夢でも見ているような感じを受けました。
b0206463_1240221.jpg


本流の方は、公園のど真ん中を通っていたと思われますが、公園内には痕跡なし。
公園の奥側から、遊歩道が始まっていました。
b0206463_12403136.jpg


いやー、この真っ赤に染められた暗渠!
すごい迫力です。
これは、東京Peeling!さんのサイトで紹介されていた藤右衛門川の本流で見られたのと同じ色です。
たぶん、旧浦和市の暗渠に特有の作り方のような気がします。
b0206463_12404141.jpg


途中、左から支流らしきものが流れ込んでいました。
こちら方向にはっきりした谷地形はないので、なぜこれが存在するのかよく分からないのですが。
とにかく先をたどってみました。
b0206463_1241321.jpg


回り込んでみると、金網で見事に道路を横切っていました。
b0206463_12411120.jpg


さらに上流方向をのぞき込むと、奥の方はどうなっているのかよく分かりませんでした。
もはや回り込んでも何も見つかりませんでしたので、このルートはこれでおしまい。
本流に戻ります。
b0206463_12411842.jpg


赤い暗渠がうねうねと蛇行していきます。
b0206463_12412722.jpg


このやや広めの通りを越えると、少し様相が変わります。
b0206463_12413437.jpg


車道の左側の歩道になりました。
b0206463_1241425.jpg


道が不自然に広い。
間違いなく川跡ですね。
b0206463_12415279.jpg


歩道が途切れたと思ったら、先の方で道路の右側にチェンジしていました。
b0206463_1242290.jpg


ここからは道路の右側。
ちょっとした変化を楽しみます。
b0206463_12421139.jpg


ここからはまた遊歩道。
b0206463_12421836.jpg


遊歩道がグンと右に曲がっていきます。
b0206463_12422546.jpg


また広めの通り「日の出通り」を超えていきます。
その先は何とブルーシートがかけられています。
b0206463_12423344.jpg


ブルーシートがかけられた未使用の空き地。
ひどく不自然な状況でうち捨てられています。
b0206463_1242416.jpg


その先は、ブルーシートなしの普通の空き地。
ここは脇を通る道があるので、素直に先に進みます。
b0206463_12424878.jpg


脇道が川跡を横切り、川跡の右側から左側に移動します。
と同時に、写真左の方に緑の金網が見えます。
二つの流れがここで合流しているようです。
b0206463_1242561.jpg


またGoogleEarthの地形陰影図をご覧いただきましょう。
図の下からたどってきたところですが、くっきりと二股に分かれていますね!
現地では小さな流れが合流してきたように見えたのですが、地形図ではどちらが本流が分からないほどの谷を削っています。
とりあえず、本流と思われる右の流れを追います。
b0206463_124334.jpg


それにしても広い川跡ですよね。
b0206463_12431227.jpg


道路は突き当たりとなり、この先は空き地となっています。
開けているので谷地形が分かりやすく鑑賞できます。
ここを通っていくのは不審な感じがしたので、コの字に回り込んでいくことにしました。
b0206463_12431981.jpg

次回に続きます。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2014-05-13 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(2)  

藤右衛門川支流・明花落(みょうばなおとし)をたどる③

明花落の3回目です。
訪問日:2013/11/23

このシリーズの1回目で見た遊水池の脇を西方向に進む割と広めのこの道路。
これが暗渠のような気がします。
b0206463_2035642.jpg


途中、左からこんな遊歩道が出ており、前回の支流の合流点ではないか、などと想像したくなりますが、途中が全然つながりませんし、仮説の一つにすぎません。
b0206463_20352058.jpg


道路の方はぐんと右に曲がっていきます。
この曲がり方が川跡っぽいか。
b0206463_20352816.jpg


右にカーブした後、ようやく見つけました。
このガードレールの向こうが未舗装路となっています。
このルートで間違いなさそう。
b0206463_2035361.jpg


未舗装路を奥まで進むと、90度左に曲がる角度で開渠が始まっていました。
b0206463_20355330.jpg


暗渠になっていく部分には芥止め。
水質は意外ときれいなようです。
b0206463_20355969.jpg


道路の下をくぐって武蔵野線に向かいます。
b0206463_2036675.jpg


回り込んで、左の高台の上から見てみました。
写真左が上流方向です。
ここも深い谷ですね。
b0206463_20361398.jpg


谷底で左を見ると、開渠が続いていました。
b0206463_20362091.jpg


また回り込んで、こんな橋の下を通り、
b0206463_20362798.jpg


さらに左から回り込むと、この谷底の位置で開渠が忽然と消えてしまいます。
b0206463_2036354.jpg


前の写真の左方向に伸びるこの歩道が怪しいですが、どこが正確な川の位置かは分かりません。
b0206463_20364258.jpg


前の写真の位置で右を見ると、ここで支流がやってきて合流しています。
b0206463_20365038.jpg


再びGoogleEarthの地形陰影図。
赤い矢印が上の写真の交差点の位置。
そこへ北からやってくる谷があります。
ここに支流の跡があるに違いありません。
こちらを先にたどってみましょう。
b0206463_2037179.jpg


お、歩道が奥まっていきます。
ちょっといい感じ。
b0206463_20371067.jpg


右側が高くていかにも谷底です。
b0206463_20371658.jpg


いい感じで続いていきますねえ。
b0206463_20372494.jpg


ここで「大谷口中学校」の敷地にぶつかります。
支流はこの中学の左側を迂回して通っているようです。
b0206463_20373154.jpg


突き当たりから振り返ったところ。
いやー、いい雰囲気の暗渠でした。
b0206463_20373787.jpg


先へ進むと、なかなか近づけないのですが、大谷口中学の脇を開渠で通っていました。
b0206463_20374497.jpg


このあたりは流れが悪く、水質は今イチ。
b0206463_20375052.jpg


やむなくまた回り込んでいくと、おお、こんな見事な谷地形に出会うことができました。
この下をきっと流れているに違いありません。
b0206463_20375843.jpg


谷底に降りてみると、果たしてそれはありました。
緑の金網のところ。
左が上流方向です。
b0206463_203849.jpg


これが下流方向の景色。
ここからは先ほどの中学校の位置は少し離れており、建物を見ることはできません。
b0206463_20381219.jpg


これが上流方向。
b0206463_20381841.jpg


少し開けたところから上流方向を観望。
先ほどの地形陰影図にあった通り、谷は右方向と左方向に分かれており、写真中央部あたりがその境目の舌状台地ですが、ちょっと判別しにくいですね。
b0206463_2038356.jpg


先ほどの右側の谷の向こう側に回り込んできたところ。
奥が落ち込んでいるのが分かりますが、私有地内につき、上流端を確認することはできませんでした。
しかしやむを得ません。
谷の先端を確認できたことで良しとしましょう。
b0206463_20384778.jpg

次回は、明花落の本流に戻って先に進みます。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2014-05-06 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(6)