「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

大堀川 篠籠田(しこだ)支流(仮)をたどる⑤

仕事があまりにも忙しくて、更新を1週飛ばしちゃいました。
篠籠田(しこだ)支流(仮)の探索を続けます。
訪問日:2016/2/26

さて、前回の支流のさらに上流です。
この国道6号線(水戸街道)に開渠でぶつかっています。
b0206463_10471777.jpg


依然開渠。
この開渠の右側がホンダの販売店、左側がスバルの販売店です。
b0206463_10472658.jpg


水戸街道の反対側にも開渠が続いていますが、当然入れませんので、右から回り込んでみます。
b0206463_10473551.jpg


回り込んでくると、うっすらとした谷地形が確認できました。
b0206463_10474473.jpg


そして、期待通り、谷底で開渠が横切っていました。
b0206463_10475448.jpg


上流方向。
また回り込みます。
b0206463_1048212.jpg


次は、JR常磐線を越え、このうっすら谷地形の底にありました。
b0206463_10481279.jpg


ここです。
道路の左右にガードレールで隔てられた場所があります。
下流側は開渠でしたが、上流側からは暗渠になっていました。
b0206463_10482339.jpg


これです。
コンクリート蓋暗渠になっていました。
b0206463_10483153.jpg


また右から回り込むと、ここでは手前が駐車場なので、暗渠のところまで行けそうです。
b0206463_10484053.jpg


いい感じのコンクリート蓋暗渠ですねえ。
b0206463_10484932.jpg


すぐ先で、一般道の脇を流れていました。
歩道のようで歩道でないようです。
柵で隔てられています。
b0206463_10485770.jpg


この辺りで、右から流れ込んでくる開渠の小支流がありました。
ここも後で探索してみましょうか。
とりあえずコンクリート蓋暗渠の方を追います。
b0206463_1049633.jpg


この道路を越えた先は、道が広くなっているので、その右半分くらいが暗渠なのでしょう。
b0206463_10491486.jpg


道の奥まで行ってみると、緑の金網で隔てられたコンクリート蓋暗渠が再開していました。
また右から回り込んでみましょう。
b0206463_10492359.jpg


そして、このルートの最後のアクセスポイントです。
うっすらと凹んだこの地形。
凹んだところまで行ってみると、
b0206463_10493232.jpg


左側から先ほどの続きがやってきていました。
地形的にもここが谷頭ですし、ここが源流でしょう。
最後まで追えたことに満足です。
b0206463_10494183.jpg


さて、先ほど合流していた開渠の先に回り込んでみます。
開渠はここまでで、
b0206463_10494955.jpg


この先は暗渠。
b0206463_10501019.jpg


さらに回り込んで、ここが上流端のようです。
ずいぶんと細くなっちゃいました。
b0206463_10502051.jpg


先ほどのルートからさらに分かれている支流も見つけました。
この奥で先ほどの流れに合流し、右折して、コンクリート蓋暗渠の流れに合流する、というルートです。
b0206463_10502892.jpg


振り向くと、こんな細いすき間が続いていました。
ここが昔は水路だったのでしょうね。
ここより先は小学校の敷地になってしまいますし、探索はここまでにしておきましょう。
b0206463_10503959.jpg


これが今回のルートのGoogle earthの地形陰影図。
赤い矢印が、コンクリート蓋暗渠の上流端、水色の点々が途中で合流していた開渠の支流のルートです。
b0206463_10504815.jpg

次回は、この篠籠田支流(仮)の下流方向を探索します。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2016-10-11 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(0)