<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

谷本川支流・大場川の支流をたどる

今回は、横浜市を流れる鶴見川の支流である谷本川に流れ込む支流の「大場川」をたどります。
住所的には横浜市青葉区市ケ尾町、最寄り駅は「市ケ尾駅」となります。
訪問日:2016/7/5

これは大場川の下流の様子。
あまり大きな川でもありませんが、この川をさかのぼっていきます。
ちなみに、写真奥が下流方向。
b0206463_11201058.jpg


谷本川に合流する地点では、ガードレールにこの支流の名前が書いてありました。
b0206463_11201747.jpg


大場川をかなりさかのぼっていくと、川の両側から支流が流れ込んでいました。
こちらは左岸方向。
b0206463_11202633.jpg


右岸方向からも。
こちらの支流を少したどっていくと、
b0206463_11203697.jpg


ようやく暗渠が現れました。
道の右側がコンクリート蓋暗渠、左側が川脇の歩道です。
b0206463_11204479.jpg


少し先では、一瞬だけ開渠になっていました。
b0206463_11205366.jpg


いえ、一瞬ではなく、しばらく開渠が続くようです。
b0206463_1121264.jpg


ちなみに、この道路の位置は、こんな立派な谷地形になっていました。
写真左が上流方向。
b0206463_11211066.jpg


Google earthの地形陰影図では、上の写真の谷底は赤い矢印のところです。
まだかなり下流ですねえ。
b0206463_11212312.jpg


さて、しばらく行ったここから再び暗渠。
道路が川の右から左に移ります。
b0206463_11214266.jpg


暗渠も左に曲がっていきます。
b0206463_11215178.jpg


そしてすぐに道路から離れ、右折して遠ざかっていきます。
暗渠らしい独特の動き。
b0206463_11215979.jpg


民家の裏手へと入っていきます。
b0206463_1122815.jpg


典型的なコンクリート蓋暗渠。
良い。
b0206463_11221763.jpg


一般道をくぐって先に進みます。
b0206463_1122276.jpg


暗渠脇に咲く可憐な花。
何ていう花ですかね。
b0206463_11223685.jpg


一般道を横切ってさらに奥地へ。
b0206463_11224588.jpg


ここで広めの道と合流し、歩道として進みます。
b0206463_11225527.jpg


この歩道暗渠もまた見応えある!
b0206463_1123329.jpg


この辺では、道路の左側の崖がかなり高くなってきていました。
b0206463_11231973.jpg


ちなみに、今通っている道から右を見ると、緑の金網が見えます。
あれが大場川の本流です。
ずっと平行に流れた末に合流しているのですね。
b0206463_11232838.jpg


ここは暗渠脇が草深い。
b0206463_11234643.jpg


ここでコンクリート蓋が途切れたようになりますが、
b0206463_11235357.jpg


実は側溝として生き延びています。
b0206463_112409.jpg


少し先ではさらに細く。
暗渠上に階段まで付けられています。
b0206463_1124788.jpg


その側溝すら途切れた先は広い空間が広がっています。
b0206463_11241564.jpg


遊水池でした。
「大場第一2号雨水調整池」。
「第一」だけど「2号」です。
b0206463_11242251.jpg


今の遊水池の位置はここ。
かなり谷をさかのぼってきました。
そして、遊水池の先にも谷地形は続いています。
b0206463_11243293.jpg


遊水池の先にある公園にこんな物を見つけました。
1本の木を鉄枠で取り囲んでいます。
b0206463_11243998.jpg


石碑まで建てられていて、由来が書いてあります。
別の場所にあった巨木をここに移設して、大事に保存しているようです。
こんなに大事に囲われた木は初めて見たので驚きました。
b0206463_11244991.jpg


さて、今の公園の位置はまだこんなに深い谷地形。
写真右が上流方向。
もう少しだけたどってみましょうか。
b0206463_11245655.jpg


道路が蛇行していることだけが川跡の証。
b0206463_1125814.jpg


それでもこの蛇行っぷりは見事です。
b0206463_11251678.jpg


蛇行が止まりません。
b0206463_1125235.jpg


ここではカクカクと。
この先、坂を登ると突き当たりで、そこで終了となります。
b0206463_11253076.jpg


その突き当たりの位置はこの谷底。
まだ谷地形はかなりの深さです。
この地形を見られただけでもここまで登ってきた甲斐はあったというものです。
b0206463_11253792.jpg


今の谷底の位置はここ。
b0206463_11255491.jpg

途中のコンクリート蓋暗渠はなかなか見応えがありましたね。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2016-11-29 12:00 | 横浜市の暗渠 | Comments(2)  

麻生川 五力田支流(仮)をたどる②

麻生川 五力田支流(仮)の2回目です。
訪問日:2016/2/18

前回の最後で痕跡を見失ってしまいますが、谷底の位置はこの道です。
谷はまだまだ続きそうなのですが、何の痕跡もなさそう。
この辺ではもう諦めてまして、念のため一応谷頭まで行ってみようかな、くらいの気持ちでした。
b0206463_205332.jpg


谷地形は結構長く続きましたが、何と途中からコンクリート蓋暗渠が再開していました!
私有地っぽいので直接はたどれませんが。
b0206463_2051093.jpg


せっかく再登場したコンクリート蓋暗渠も土に埋もれていきます。
b0206463_2051664.jpg


手前の崖の脇を通っていくようですが、谷はまだまだ雄大。
道は長そうです。
b0206463_2052376.jpg


ずーっと行って、この谷地形の谷底まで行ってみると、
b0206463_205403.jpg


先ほどのコンクリート蓋の続きが道路までやってきていました。
b0206463_2054681.jpg


振り向くと、ここにも遊水池が。
「白鳥4丁目調整池」。
b0206463_2055431.jpg


その先は、道路脇の歩道暗渠となっていました。
ちょっとやる気が出てきます。
b0206463_206284.jpg


このあたりは歩道とは言いがたい...。
b0206463_206980.jpg


そして、こんな細道の支流が右側から合流していました!
しかし何だか入りにくいな。
誰かに怒られそうです。
b0206463_2061658.jpg


それでも少し入ってみると、写真では分かりにくいのですが、ユスリカの大群に襲われていました。
両脇を高い崖に囲まれ、最高のシチュエーションでしたが、後ろめたさにも襲われ、このルートはここで断念しました。
非常に残念です。
b0206463_2062482.jpg


本流の方は、奥の方でチラッと顔を出しているようです。
b0206463_2063273.jpg


これはおまけ。
一番下の段がやみくもなスロープになっている階段。
散らかり具合も半端なく、気になる物件でした。
b0206463_2063874.jpg


さて、暗渠の方はここで少しだけ顔を出して、
b0206463_2064659.jpg


その先は車道の一部と化しています。
b0206463_206547.jpg


ここでコンクリート蓋はやや左に旋回していくようですが、その先はコンクリートに埋もれて分かりません。
b0206463_207141.jpg


この先の交差点まで行ってみると、
b0206463_20783.jpg


交差点の先が谷底になっていますが、かなり造成されており、川の痕跡を見出すことはできません。
この辺りを上流端としておきましょう。
b0206463_2071637.jpg


これでご紹介を終わりにしてもよいのですが、前回の最後の合流地点よりも下流の方で、左岸側から合流している支流がいくつかありました。
そのうち、何とかたどれるのがこれ。
谷地形ははっきり確認出来ます。
b0206463_2072310.jpg


谷底には排水路のような開渠が。
写真奥が下流方向。
b0206463_2073289.jpg


上流方向は、谷の終わりがもう見えています。
b0206463_2074072.jpg


道路脇に続く開渠。
b0206463_207472.jpg


谷頭に近い位置で暗渠となっていきました。
こんなところでいいですかね。
b0206463_2075331.jpg

下流の部分は普通の田舎の小河川といった感じでしたが、上流の方は予想を超えて意外な展開でした。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2016-11-22 12:00 | 川崎市の暗渠 | Comments(0)  

麻生川 五力田支流(仮)をたどる①

今回は、川崎市麻生区を流れる麻生川の支流をたどります。
現地の地名を取って「五力田支流(仮)」としておきます。
最寄り駅は小田急線「新百合ヶ丘駅」か、小田急多摩線の「五月台」です。
訪問日:2016/2/18

五力田支流(仮)の最下流は、小田急線新百合ヶ丘駅と、小田急多摩線五月台の中間ぐらいのところにあります。
ずいぶん遠いところまで来ちゃいました。
これが麻生川の合流地点からみた五力田支流(仮)。
開渠です。
b0206463_22354894.jpg


上の写真からかなり回り込んで来ると、この谷底が続きです。
写真左が上流方向。
b0206463_2236181.jpg


これが下流方向。
b0206463_2236936.jpg


上流方向はしばらくの間、姿を消します。
写真左奥に見えるのは遊水池。
あの左側を通っているようです。
b0206463_22361675.jpg


これがその遊水池。
それにしても結構田舎ですねえ。
b0206463_22362561.jpg


これは「古沢遊水池」。
b0206463_22363520.jpg


古沢遊水池の奥から再び開渠が登場。
b0206463_22364340.jpg


ここで、道沿いにも暗渠が存在しているようです。
コンクリート蓋の上にコンクリートがかけられています。
先ほどの遊水池のところで合流しているのかな。
地面の下なのでよく分かりませんが。
b0206463_22365476.jpg


金網部分の下を見ると、しっかり水が流れていました。
こちらをしばらくたどってみましょう。
b0206463_2237157.jpg


少し先で、こんな急坂を下ってくる支流が合流していてちょっとびっくり。
b0206463_2237963.jpg


すぐに終わっちゃいますけどね。
b0206463_22371741.jpg


途中右折できる道があったので、そちらに行ってみると、本流の続きを見ることができました。
写真左が上流方向。
写真奥で右に曲がり、先ほどの遊水池の方に向かっています。
b0206463_22372547.jpg


上流方向はこう。
谷地形がくっきりとしているのは分かりますが、ただの田舎の川、という感じで面白くはありません。
それより、さっきの暗渠の方が気になります。
b0206463_22373388.jpg


暗渠の続きは、依然としてコンクリート蓋が続いています。
b0206463_22374019.jpg


ここでカクンと左に曲がり、
b0206463_22374788.jpg


少し急な坂のこの部分でコンクリート蓋は途切れてしまいます。

b0206463_22375577.jpg

ここで右を見ると、開渠がありました。
こちらに続くのかな、と思いましたが、地図を見ると違うようです。
b0206463_22381863.jpg


これはGoogle Mapの現地の様子。
ここは開渠のスタート地点ですね!
ということは、この位置で2流路に分流している、ということになりそうです。
b0206463_22382735.jpg

谷地形はここから上流に向けてまだ延々と続きます。
ご報告は次回とします。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2016-11-15 12:00 | 川崎市の暗渠 | Comments(0)  

大堀川 篠籠田(しこだ)支流(仮)をたどる⑦

篠籠田(しこだ)支流(仮)の最終回です。
さて、今回は一気に下流を制覇します。
とは言っても、これがなかなか手強い。
まともな痕跡はほとんど残っていませんでした。
訪問日:2016/2/26

広い道を下っていくと、東武野田線が上を横切っていました。
このアンダーパスは比較的最近整備されたようです。
b0206463_13294226.jpg

余談ですが、この線路の右奥にかつて競馬場があったそうです。
そして、このすぐ右の位置には「柏競馬場前駅」まであったという...。
戦後になって船橋競馬場に移転して廃止になったということですが、今は残念ながら何の痕跡も残っていません。

線路を越えたこの通りはなんか暗渠っぽい。
とは言え、谷筋はすぐにこの道をはずれ、1本隣に行ってしまいます。
要するにこのへんははっきりしません。
b0206463_13295558.jpg


これがその1本左の道。
歩道がないのに車通りが激しくて歩きにくい。
b0206463_1330548.jpg


しばらく行くと、左から開渠が合流していました。
しかし、すぐに崖にぶつかって終わってしまいますので、以下は省略。
b0206463_13301234.jpg


しばらく進むと、ようやくそれらしきものを右手に発見!
暗渠っぽいものが写真右方向から来て、90度曲がって撮影者方向に向かい、ここで左にまた90度曲がっています。
b0206463_13302488.jpg


足元には側溝のような、しかしたぶん川の痕跡が見られました。
b0206463_13303419.jpg


先へ進むと、この90度曲がるところで側溝も消失していました。
b0206463_13304249.jpg


その先は...最近宅地開発されたばかりと思しきエリア。
かつてあったはずの川跡は失われてしまったようです。
この上流方向はもはや敷地内ですし、ここで諦めます。
b0206463_1330509.jpg


下流方向も何もなさそうですが、突き当たりに何かありそうです。
b0206463_133059100.jpg


行ってみると、ありました!
やはり側溝みたいなものですが、ここは地形的には谷底ですし、川の痕跡に間違いありません。
ちなみに、右側の敷地は「柏市立柏第三中学校」の敷地です。
b0206463_1331689.jpg


さて、中学校の反対側に回ってくると、校舎の脇の低いところを通ってきているようです。
しかし容易に近づけません。
b0206463_13313288.jpg


少し先でようやく間近で見ることができました。
足元の道路をくぐっています。
b0206463_13314393.jpg


振り返って下流方向はこんな感じ。
それにしても水が少ないなあ。
これは本当に側溝なのかもしれませんね。
本物の暗渠はこの下を流れている気がします。
b0206463_13315237.jpg


次のポイントまで回り込んでみると、脇が遊水池になっていました。
偶然発見。
b0206463_133223.jpg


少し先へいくと広い道が横切っていましたが、あれ?
谷底の位置がずいぶん左に進んでいます。
b0206463_13321076.jpg


谷底まで行くと、歩道部分がコンクリート蓋のような造りになっていました。
この写真はうっかり前の写真と反対方向になってしまいましたが。
したがって、写真左が下流方向。
b0206463_1332224.jpg


下流方向を見ると、先ほどの続きらしきものを見ることができました。
しかし、水量も先ほどよりかなり多いですし、位置もずいぶんずれています。
このあたり、半信半疑。
だまされているような気がします。
b0206463_13323013.jpg


さらに回り込むと、ここを横切っていました。
写真右が下流方向。
橋のようになっています。
b0206463_13323880.jpg


上流方向は...へこんでいますからここが川跡の位置に間違いはありませんね。
しかし、へこんでいる以外の要素が何もなくなってしまいました。
b0206463_1332462.jpg


さらに回り込んでくると、公園脇のこのへこんでいるところが続きか。
b0206463_1332582.jpg


下流方向。
やはりへこんでいるだけで、確信が持てません。
b0206463_1333592.jpg


ちなみに、公園と思った場所は遊水池だったようです。
b0206463_13331446.jpg


さらにしばらく下流を探索すると、ようやくそれらしい場所に遭遇。
この未舗装の歩道は流路に間違いなさそう。
もう大堀川も近くです。
b0206463_13332219.jpg


奥まで行くと、広い川に大変身していました。
b0206463_13333165.jpg


カモが遊ぶほどの水量があります。
これまで追いかけてきた流路は何だったのでしょうか。
実は全然違って、まっすぐで巨大な地下水路がどこかを流れていたのかもしれません。
b0206463_13333912.jpg


そしてここが大堀川への合流口。
「内野樋管」とあります。
b0206463_13334944.jpg


この水量を見て下さい!
全くもって今までたどってきたのは何だったんでしょうかねえ。
b0206463_13335824.jpg

下流の方は迷走してしまいましたが、上流の方は見所たっぷり、面白い暗渠でしたね。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2016-11-08 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(4)  

大堀川 篠籠田(しこだ)支流(仮)をたどる⑥

篠籠田(しこだ)支流(仮)の6回目です。
また忙しくて更新を怠っちゃいました。
ようやく落ち着いてきたので再開します。
全然歩けてないのでネタも枯渇してきましたが。
いつまで続けられるやら。

これまで2つの支流を上流方向に追いかけましたが、今回は2支流の合流後の下流方向に向かいます。
訪問日:2016/2/26

とは言うものの、合流地点は全く分かりません!
この広い道のどこかで合流していたのかなあ、とは思うのですが、痕跡が全くなく、憶測にとどまります。
しかし、この道は谷底の位置に当たりますので、この道(もしくは近傍の並行する脇道)が流路であったことはまちがいなさそうです。
b0206463_17481343.jpg


しばらく下流に進んだ先で、柏駅へと続く広い道路を右に曲がってこの谷を撮ってみました。
若干なだらかではありますが、そこそこ高低差のある谷です。
b0206463_17485036.jpg


Google earthの地形陰影図で見た今の場所。
図のかなり上の方で申し訳ありませんが、そこから左下方向にもう1本谷がつづいています。
この辺でもう1本支流が合流しているようです。
ただ、左の方で別の流れとくっついてしまっている感じですね。
とにかく、この流れを上流方向にたどってみます。
b0206463_1749083.jpg


谷筋に当たる道はこれ。
それにしても何の痕跡もありません。
期待することなく、とりあえずたどってみたのですが、
b0206463_1749102.jpg


おっと、こんなのを見つけました!
突如始まるコンクリート蓋暗渠!
しかも、はじっこがVの字になっています。
b0206463_17492013.jpg


さらに上流方向はこれ。
道沿いに進んで行きますが、道の方はすぐに行き止まりになっていました。
b0206463_17494418.jpg


反対に下流方向はこれ。
ここから先は、全く痕跡を見つけることはできませんでした。
b0206463_1751913.jpg

で、この支流については、ぶろっぐねすとさんのサイトですでに紹介されていました。
そちらの方が権威のあるサイトなので、正しくはそちらをご覧下さいw

今の位置は、Google earthの地形陰影図で見るとここ。
b0206463_17513967.jpg


さて、コンクリート蓋暗渠を先に進むと、脇の道は途切れ、暗渠は90度左に曲がっていきます。
b0206463_17514770.jpg


そして、すぐ先で橋に行く手を阻まれています。
こちらへは進めないので、ぐるっと回り込みます。
b0206463_17515585.jpg


回り込む途中で。
建物がないので見通しがいい。
この敷地の奥がうっすら凹んでおり、そこを左右に通っているはずです。
写真左が上流方向。
b0206463_1752686.jpg


ようやく谷底に降りられる道に来ました。
ここを下ります。
b0206463_17521596.jpg


谷底まで来ると、見つけることができました。
ここを横切っています。
b0206463_17522420.jpg


下流方向。
コンクリート蓋が続いてきていましたね。
ここを歩いて先ほどの場所を目指す、ということも一瞬考えましたが、やめておきました。
b0206463_17523147.jpg


上流方向。
カクカクと蛇行しながら続いています。
ここにも入れないので、また回り込むことになります。
b0206463_17524069.jpg


Google earthの地形陰影図では、現在地は赤い矢印のところ。
水色の点の位置は、先ほどみた、このコンクリート蓋暗渠のスタート地点です。
b0206463_17524829.jpg


回り込む前に、ズームでコンクリート蓋暗渠の先をのぞいてみましたが、どうも土に埋もれていっているようです。
b0206463_17532244.jpg


左からぐるーっと回り込んでいくと、何とこんな立派な開渠に遭遇しました!
写真奥が上流方向。
b0206463_17533560.jpg


下流方向は、しばらく行くと、道から離れて空き地の真ん中の方を通ってしまいます。
丸く蛇行している開渠が見えますでしょうか。
b0206463_17534394.jpg


写真正面に神社が見えますが、どうしてもそこへ行く道はなさそうなんですよね。
少なくとも人様の敷地の中を通らないと行けなさそうです。
あの神社をよけるようにして開渠は進んでいます。
b0206463_17535419.jpg


そして、あの開渠のたどり着く先がここ。
このガードレールの場所です。
b0206463_1754361.jpg


ズームで奥を見ると、どこかで暗渠に変身したようです。
b0206463_17541474.jpg


Google earthの地形陰影図で見た現在地は赤い矢印のところ。
そうなんですよ。
回り込む途中で見つけた開渠は、どちらかと言うと、自分がたどってきたコンクリート蓋暗渠ではなく、別の川に流れ込んでいる感じなんです。
もしくは幾分かの水は分水しているのかもしれません。
とにかく私有地内なので、はっきり確認出来ないんですね。
残念です。
b0206463_17542347.jpg

あと、laninekoさんによると、今回の開渠の辺りも野間土手とのこと。
こちらのサイトの地図にも書いてあります。
ここよりさらに上流もある程度たどってみましたが、何か違う感じがしたので、今回のシリーズでは扱わないことにします。
次回は、この支流の最下流をたどって終わりにしたいと思います。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2016-11-01 13:00 | その他地区の暗渠 | Comments(0)