田柄川をたどる①

今回は、石神井川の支流、田柄川をたどります。
田柄川は、最近リバーサイドさんが記事にしていらっしゃいますが、たどった方向が逆でしたので、私も記事にしてみました。
とは言っても、私がたどっているのは光が丘から西の部分だけで、リバーサイドさんの半分の距離です。
リバーサイドさんの記事と比較されると面白いかと思います。
訪問日:2010/4/4

光が丘団地の西を南北に走る「光が丘西大通り」から田柄川方向を見た写真。
うっすらとへこんでいる谷底のところに田柄川があります。
b0206463_20232979.jpg


こんな赤いタイル状の舗装がされています。
なんかとても広い。
b0206463_20234064.jpg


リバーサイドさんの記事にもありましたが、こんな川を模したスペースも作られています。
b0206463_20235089.jpg


個人的には、この車道と歩道の境のへこみが気になる。

このあと、笹目通りにぶつかり、ぷっつりと痕跡が途切れてしまいます。
b0206463_20235896.jpg


笹目通りをかなりの距離北に進んでいくと、ようやくこんな暗渠の入口を見つけることができました。
b0206463_2024874.jpg


これはgooの昭和38年の航空写真。
笹目通りの東側をまっすぐ北上して、その後西にそれていくのが分かります。
b0206463_20242071.jpg


ここでは歩道となります。
b0206463_20243027.jpg


歩道はすぐにやめて左へそれていきます。
b0206463_2024395.jpg


ここで一般道を横切ってまっすぐ進む・・・ように見えますが、実はここを左折するのが正しいようです。
b0206463_20244829.jpg


これはgooの昭和38年の航空写真。
これを見ると、上から来て交差点を左折しています。
現地ではちょっと判断つかないですね。
訪問時は、上から突き当たりまで行って、左折して戻ってくる道が正解と思っていました。
b0206463_20245731.jpg


うーん、この道のどこが暗渠なのでしょうか。
歩道部分でしょうか。
b0206463_2025585.jpg


ここで右折します。
不自然な歩道があるので分かりやすい。
b0206463_20251410.jpg


ここで歩道の位置が逆転します。
うーん、どこが暗渠部分だ?
b0206463_20252324.jpg


蛇行しながら進み・・・
b0206463_20253144.jpg


ここでは歩道が草ぼうぼうです。
b0206463_20254547.jpg


さあ、こんなところに出てしまいました。
大規模に区画整理されています。
ここをうまく通過できるのでしょうか。
b0206463_2025569.jpg


わは、広い。
遠くで鶏が鳴いていたことを、リバーサイドさんの記事で思い出しました。
この奥に見える林のある場所かも知れません。
b0206463_2026713.jpg


結構道に迷いまして、何とかここを見つけました。
区画整理エリアを抜けるのに20分かかりました。
ここまで来れば分かりやすい。
b0206463_20261621.jpg


この辺は畑が多いですね。
ここで「地蔵通り」を横切ります。
b0206463_20262718.jpg


この辺から左に曲がり始めます。
最終的には180度反対方向まで回ることになります。
b0206463_20263749.jpg


ここの左側には「土支田(どしだ)農業公園」があります。
b0206463_20264748.jpg

b0206463_2027389.jpg

どんどん左に回っていきます。


どんどん左へ。
正面には「練馬清掃工場」の煙突が見えます。
このあと、あのすぐ脇を通ることになります。
b0206463_20271379.jpg


この辺は、畑の土がかなり暗渠上に降ってしまっています。
b0206463_20272392.jpg


排水口が保護色になっています。
b0206463_2027323.jpg


清掃工場の煙突が右手の位置に移動しました。
このあと、煙突が右斜め後ろに見えるまで左に回っていくことになります。
b0206463_20274362.jpg


こんな感じで回っていき・・・
b0206463_20275482.jpg


ここの段差がちょっと面白い。
U字溝を階段代わりに。
b0206463_2028588.jpg


ここでようやく左回りが終わり、今度は右回りが始まります。
b0206463_20281550.jpg


なぜか道の右側にU字溝がたくさん置かれています。
余っちゃったんでしょうか。
b0206463_20282779.jpg

次回に続きます。
次回はまた180度右に回っていくことになります。

青が今回までのルート、赤が次回のルートです。

[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2010-10-21 20:55 | 石神井川系 | Comments(4)  

板橋区・練馬区の暗渠をめぐる-過去記事の補足

10/16、17日の両日、板橋区・練馬区の暗渠を再訪してみました。
主にHoLiveさんからいろいろと情報をいただいており、その確認をしなければとかねがね思っていたところです。

それに、この1ヵ月ほどでいくつかご紹介した板橋区・練馬区の暗渠を訪問したのは冬でしたからね。
もう1年近くもたって、変わっているところもあるはず。

中板橋駅前の暗渠
訪問日:2010/10/16
まず、中板橋駅前の暗渠の記事で、弥生小学校の北側を回ってきているというHoLiveさんからの情報。
いやー、ありましたねー。
コンクリート蓋暗渠。
なぜか大谷石のブロックを重ねてふさいでいます。
b0206463_18565431.jpg


小学校の北側の敷地から出てきていますが、先の方はよく分かりません。
黒いビニールシートで隠されています。
金網を乗り越えてビニールシートをひっぺがしたい衝動にかられましたが、やめておきました。
b0206463_1857386.jpg


振り返ったところ。
このブロック、何か意味があるのでしょうか。
b0206463_18571716.jpg

この先の突き当たりを右に曲がると、前回の報告でたどったコースとなります。

なお、もう一つのHoLiveさん情報の「上流端に池」という件ですが、これは個人宅をのぞき見するような形になってしまうので、はっきりとは確認できませんでした。
場所だけでも特定できるとよかったのですが。

石神井川・羽沢支流の支流
石神井川・羽沢支流の支流が、支流に合流するあたりを省略してしまっていましたが、流路も分かったのでご報告します。
元記事はこちら
訪問日:2010/10/17

これは、gooの昭和38年の航空写真をキャプチャしたもの。
西から「支流の支流」が合流しているのが分かります。
b0206463_18573041.jpg


これは合流地点で上流方向を見た写真ですが、この右の歩道のところから合流していたようです。
b0206463_18574389.jpg


「支流の支流」の上流方向をみると、暗渠らしさはほとんどありません。
b0206463_1858288.jpg


しかし、左手の駐車場との段差はこんなにあり、
b0206463_18581461.jpg


右手との段差もこんなに。
谷地形ははっきりしています。
b0206463_18582338.jpg


暗渠らしさもなく進んでいくと、銭湯がありましたね。
「川場湯」。
b0206463_18583240.jpg


そして突き当たりがJA。
川があった頃は、ここをまっすぐに進んでいたはず。

「ここの駐車場がへこんでいる」というHoLiveさんの情報ですが、この位置ではそのような形跡はありません。
ここから少し左の方にある道を歩いて行きます。
b0206463_18584273.jpg


ここがその駐車場のようです。
確かに奥の駐車場よりも、手前のJAの駐車場の方が低いですね。
左奥は小公園になっていますので、そちらから見てみると、
b0206463_18585242.jpg


こんな感じ。
1~2メートルくらいの段差があります。
これだったんですね。
左奥の方向は石神井川ですから、手前がへこんでいるのは、ここが川だったという以外に理由が考えられません。
b0206463_1859660.jpg


前回の報告場所以降で、それ以外の痕跡はほとんどありませんでした。
なお、最上流の開渠は、このように健在でした。
b0206463_18591819.jpg


この位置から振り返ると、家の脇を細いながらもコンクリート蓋が続いています。
一応川の痕跡ですね。
前回はこの左に建物があって、物理的にも心理的にも撮影しにくかったのですが、更地になっていたので今回は写しちゃいました。
b0206463_18592951.jpg


なお、開渠の位置は「ペコンとへこんだ道路」と前回書きましたが、離れて見ると、「ペコン」どころではなく「かなり」へこんでいることが分かりました。
b0206463_18593897.jpg


石神井川・桜台支流
訪問日:2010/10/17
さて、HoLiveさんからの最後の情報、桜台支流における上流端。
こちらの記事のコメントで情報をいただいていました。

これが開進二小の北の細道暗渠。
また行ったらまたゾクゾクしてしまいました。
またゾクゾク。
この細さはたまらない。
ここで振り返ると・・・
b0206463_18594787.jpg


何やら扉で隠されている。
すき間からのぞき込むと、
b0206463_18595969.jpg


うわ、いろんなものが繁茂していてわけが分からない。
b0206463_1901035.jpg


扉の上からも撮ってみましたが、判別不能です。
ここにコンクリ蓋暗渠があると聞いていましたが。
植物の減る冬に来るしかないですね。
ちょっと残念。
b0206463_1902235.jpg

ということで、HoLiveさん情報の大体を確認することができて満足です。
HoLiveさん、本当にありがとうございました。

風呂釜支流の現在
訪問日:2010/10/16

板橋区に行ったついでに、風呂釜支流にも寄ってみました。
前回の記事はこちら
すると、入口が金網で封鎖されていました!
もう入れません。
脇からのルートで入る方法もまだ残っているかも知れませんが、不法侵入度はよりアップしています。
b0206463_1903474.jpg


反対側に回ってみると、きれいにコンクリート舗装されていました。
こちらも大変な変わりようです。
金網の入口が開いていますが、用もないのに入れる感じじゃありません。
我々が狂喜乱舞したこの暗渠、手の届かないところへ行ってしまったようです。
b0206463_191458.jpg


大谷口上町の現在
訪問日:2010/10/16

風呂釜支流からもほど近い、大谷口上町も見てきました。
前回の記事はこちら

んー、なんか全然変わっていない。
あれから6ヵ月が経っているので、ピカピカの高層集合住宅がデンと建っているのを想像してましたが、拍子抜けしてしまいました。
b0206463_1911625.jpg


遺構がちょっと残っているところも変わらない。
そして階段も大体残されているようです。
b0206463_1912841.jpg


上から見ると、おおー、草ぼうぼうですね。
b0206463_1914186.jpg


重機も姿がないし、重機が通るための鉄板も撤去されているようです。
しばらく遺跡として保存するつもりでしょうか。
b0206463_1915362.jpg

今回は、風呂釜支流の封鎖が一番ショッキングでしたね。
暗渠はいつなくなるか分からないので、早くいろいろ回っておかなくちゃと、また意欲を新たにさせてくれる今回の暗渠めぐりでした。
[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2010-10-20 19:21 | 石神井川系 | Comments(4)  

横浜・山手の台地を削った千代崎川をたどる⑤

横浜・千代崎川の最終回です。
今回は支流を遡上します。

ここが支流が合流してきている地点(再掲)。
この先の広い通りに出ると・・・
b0206463_19235353.jpg


こんな道。
普通の道ですね。
最初に本流をたどった時は、支流の存在に全く気がつきませんでしたが、これでは無理もないと思えます。
この写真の先に見える坂を登らずに、上り坂の手前を右に曲がったところから暗渠らしき道が始まっています。
b0206463_1924626.jpg


こんな感じ。
階段を下ります。
b0206463_19242065.jpg


下りた先はこう。
これ、これですよ。
暗渠っぽい。
やっぱり支流です。
b0206463_19242959.jpg


少し進むと左手の崖が高くなってきました。
b0206463_19244448.jpg


こんなに水がしみ出している所も。
真ん中に黒い蝶がとまっているのが見えるでしょうか。
撮影技術がアレでうまく撮れません。
b0206463_19245749.jpg


先に進むとこんな風になっちゃいます。
アパートの敷地。
暗渠はこの左側の道のようです。
b0206463_1925652.jpg


反対側に回り込んでみました。
やはり先ほどの所から続いているようです。
アパートを回り込んできている。
b0206463_19251598.jpg


ここでまた暗渠サインを見失いますが、ちょっと離れたここにつながっているようです。
ここは円大院というお寺の脇。
b0206463_19252459.jpg


少し進むと暗渠らしさが戻ってきました。
ホッ。
b0206463_19253682.jpg


この先は、こんなに開けた場所とか、
b0206463_19254587.jpg


ここは迫力の配水管が。
b0206463_19255373.jpg


右側(左岸)から側溝で流れ込んできている流れもあります。
b0206463_1926238.jpg


ここで変な階段を発見!
かなり傾いています。
最初からこういう風に作ったのでしょうか。
地震で傾いたとも思えないし・・・
手すりもないので、登るのは相当危険。
b0206463_19261256.jpg


階段を登りきってもまだかなりの段差があります。
ますます不可解。
楽しい。
b0206463_1926215.jpg


その先。
急に視界が開けました。
b0206463_1926307.jpg


・・・と思ったらまたこんな高い崖に。
変化に富んだ風景が面白い。
b0206463_19264138.jpg


・・・・と思ったていら突然土手に阻まれてしまいました。
がっくり。
b0206463_19265145.jpg


階段を上って右側を見ると、いつの間にか谷筋からずれていました・・・というわけではなく、こちらが盛り土されただけなのでしょう。
b0206463_1927220.jpg


谷底に降りて下流方向を見ると・・・ちょっと暗渠っぽい雰囲気も。
並行する流路だったような気がします。
b0206463_19271235.jpg


土手道から左手を見ると、墓地が広がっています。
「根岸共同墓地」という広大な墓苑です。
b0206463_19272219.jpg


土手の反対側にはこんな道が続いています。
暗渠らしくない道ですが、先へ進みましょう。
b0206463_1927331.jpg


この右の道を蛇行していきます。
左の登り坂は墓地への入口です。
b0206463_1927589.jpg


すぐ先は広場みたいになっています。
b0206463_1928974.jpg


む、広い。
しかし、残念なことにこの先は行き止まりになっていました。
地図で見ると、反対側に回り込んでもそこは米軍住宅です。
日米関係にひびが入るのもよくないので、ここで諦めます。
b0206463_19281987.jpg

なかなか探索心を満足させてくれる暗渠でした。
[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2010-10-19 19:32 | 横浜市の暗渠 | Comments(0)