堀切菖蒲園の暗渠をたどる①

今回は、堀切菖蒲園のすぐ脇を通る暗渠をたどります。
堀切菖蒲園、行ったことありますか?

この暗渠道は駅からの最短距離でもあります。
ですから、堀切菖蒲園に来られた方ならまずこの暗渠を通っているはずです。

知人からの情報で、ここがかなり大変なことになっていると聞き、訪問してみました。
堀切菖蒲園からさかのぼっていくことにします。
訪問日:2010/6/20

ここが堀切菖蒲園の入口。
入場料は無料。
たまたま「堀切菖蒲まつり」をやっていました。
b0206463_18145121.jpg


菖蒲園の中はこんな感じ。
しかし、「きれいだねえ」などと言っている場合ではありません。
早く暗渠に向かわなければ。
ここはそそくさと出ます。
b0206463_1815479.jpg


園の前のここが暗渠ルートと思われます。
奥は綾瀬川で、そのすぐ向こうに荒川があります。
この辺の大きな川はかなり流路が変えられてますし、荒川は最初はなかったので、ここで合流していたというわけではないのでしょうね。
撮影位置の左手が堀切菖蒲園。
b0206463_18151255.jpg


振り向くとこう。
露店の向こうにきれいに整備された暗渠が続いています。
b0206463_18152437.jpg


しばらくは緑道のような暗渠が続きます。
ここは駅から堀切菖蒲園までの通り道。
だからきれいに整備されているのですね。
ここが汚かったら集客に響きますもんね。
b0206463_18153613.jpg


緑道は途中から普通の道っぽくなります。
b0206463_18154578.jpg


それでも蛇行は続きます。
b0206463_18155571.jpg


少し進んで振り返った写真。
この段差もここが川だったことを物語ります。
b0206463_1816649.jpg


駅に近づくと、左手にこんな像が建っていました。
「菖蒲七福神」だそうです。
b0206463_18161796.jpg


その隣には、今度は「堀切十二支神」ですか。
動物の神様のようです。
これは観光客の目を引きますね。
b0206463_18162875.jpg


面白いので、違うアングルでもお見せしましょう。
b0206463_18163991.jpg


広い通りを渡ります。
b0206463_18164956.jpg


その先の左手にはこんなマンホールも。
だんだん消えていくマンホールたち。
b0206463_1817097.jpg


さて、いよいよ駅を越えていきます。
駅の真下をくぐります。
b0206463_18171012.jpg


さあ、ここまでは何の変哲もない暗渠でした。
すべては観光客対策できれいにした、ということでしょう。
しかし、観光客の来ない駅の北側は驚くべきカオス状態となっているのです。

駅を越えた先はこのようになっています。
右のお店「小島屋」は魚がうまくて安いお店。
断然おすすめのお店です。
下町らしく店の造りも変で面白いですし。

・・・話を戻しますと、歩道部分が暗渠ですね。
歩道はすぐ終わっていますが、その場所には・・・
b0206463_18172143.jpg


橋の欄干が残っていました!
そして・・・

もうお気づきかも知れませんが、川があるべき場所に建物が建っています。
b0206463_18173134.jpg


先の方を見ると、ずーっと建物が建っています。
これはどういうことなのでしょうか。
b0206463_18174111.jpg


橋の親柱を見ると、こちら側は「元宮」まで見えます。
b0206463_1817533.jpg


左側の親柱には「もとみやはし」と。
b0206463_1818576.jpg


橋と建物の間をのぞいてみると、少し水がたまっていました。
やはり暗渠の上に建物が並んでいるようです。
あり得ない状況に遭遇してしまいました。
心臓がドキドキしてきます。

実は写真は撮っていないのですが、橋の隣の建物は本屋さんで、その床が鉄板敷きのようになっていました!
さすがに店内なので堂々と撮影はできません。
この時の驚きを写真でお伝えできないのは何とも残念です。
b0206463_18181625.jpg


ここからは当然ながら暗渠の上を歩くことはできません。
暗渠と並行して堀切中央通りという広い通りが走っていますので、そちらから右手を見ながら歩いていくと、次に建物が途切れる場所がここ。
赤い鉄板が敷いてあります。
鉄板の向きが普通の暗渠と違いますが、「鉄板暗渠」に間違いはありません。
b0206463_18182729.jpg


次に入れる所はここ。
この写真は入り込んで下流方向を見たところ。
暗渠の位置が建物と少しズレてきているようです。
見たこともない状況で鉄板が敷いてあります。
人が歩かない所なのでテキトーに敷いてあるようです。
b0206463_18183989.jpg


その次の場所は、こんな鉄板暗渠が続いています。
この手すりの左側を見ると・・・
b0206463_18185030.jpg


やはり少し水がたまっていました。
ここはまた位置的に暗渠の真上に建物が来ています。
ここは大雨が降ったら大変なことにならないのでしょうか。
b0206463_1819092.jpg


さらに先に回り込むと、建物と少しズレた位置に暗渠が出てきています。
b0206463_18192057.jpg


そして、コンクリ蓋暗渠となって、平和橋通りという広い道に出ます。
この短い区間で蓋のバラエティがすごい。
赤鉄板、黒鉄板、コンクリ舗装、コンクリ蓋、そして建物・・・
平和橋通りの手前には車止めが。
b0206463_1819325.jpg


平和橋通りを渡ったところ。
道の向こうに上の写真の車止めが見えます。

暗渠の続きの路面が少しひび割れています。
大丈夫ですか?!
b0206463_18194211.jpg

ふーっ、すごい。
衝撃で頭がくらくら。
いえ、エキサイティングだったと言っておきましょう。

どのような経緯でこのようなことになったのでしょうか。
想像はつかないこともないのですが・・・

この川の歴史に思いをはせつつ、次回はさらに上流へ向かいます。

が今回のルート、が次回のルート、は次回の「オマケ」ルートです。

[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2010-10-07 18:54 | 江戸川区・葛飾区の暗渠 | Comments(17)  

石神井川・弁天支流(仮)をたどる

今回も、石神井川の支流をたどります。
前回「桜台支流(仮)」の一つ西隣の暗渠です。

訪問日:2009/12/20、2010/1/24

今回も国土地理院の「数値地図 5mメッシュ(標高)」CD-ROMからの画像で場所を確認しておきます。
だいぶ支流名が埋まってきました。
b0206463_19452574.jpg


拡大図です。
上流端は練馬駅の近くです。
b0206463_19453413.jpg


これが練馬駅を北口から見たところ。
実はこの駅は私が高校時代の3年間通学に使っていた駅。
ここまで自転車で来て、北口の適当な所に停めて電車に乗っていました。
当時の駅舎はまだ高架ではなく地べたにあり、こんなに立派ではありませんでした。
ン十年前の話ですが。
b0206463_19454721.jpg


駅から北に向かう「弁天通り」を少し北上します。
「弁天通り」はまさに私の通学路でした。
この写真は途中の交差点を左折してから振り返ったところ。
弁天通りはこの交差点を左右に通っています。
右の方が練馬駅方向。
b0206463_1946170.jpg


この位置で左を向くと、「豊島弁財天」への入口があります。
「弁天通り」の由来はこれなのでしょう。
しかし、この様子、ちょっと違和感を感じる。
神社らしくないぞ。
なんか入りにくいんですけど。
参道というより人家の脇道ですよ。
b0206463_19461350.jpg


思い切って入ってみると、こうなっていました。
低い鳥居の向こうに小さな祠のようなものが。
これだけです。
入口の案内がおおげさすぎないか。
そしてここは完全に袋小路になっており、どこにも通り抜けることはできません。
b0206463_19462526.jpg


鳥居の向こうで振り返ってみました。
左右の建物の2階に上がる階段があります。
b0206463_19463566.jpg


左の階段を見上げたところがこれ。
b0206463_19472923.jpg


右がこれ。
すごくひなびている。
ひどく不思議な空間です。
異空間。
b0206463_19474274.jpg


しかもこの2つの建物の間は排気ダクトだらけ。
仮にも参道なのに。
ますます楽しい。
b0206463_19475332.jpg


なんだか何のブログだか分からない展開になっていますが、実はこの場所の奥がガクンと落ち込んでおり、そのあたりから暗渠が始まっているようなのです!
この写真は弁天様の奥から崖下をのぞき込んだところ。
これでこの暗渠の名前は決まりました。
「弁天支流(仮)」です。
これしかない。
・・・って、ちゃんとした名前がほんとはあるかも知れませんが。

ここからは降りられないので、弁天通りを回り込みます。
b0206463_19481080.jpg


弁天通りから次に左折できる位置がここ。
おお、見事にへこんでいます。
実は、弁天通りの隣の道がペコンとへこんでいることは、通学していた高校生の時には気がついていました。
なぜへこんでいるかは、当時は全く分からなかったのですが、「不思議な道だなあ」とは思っていました。
b0206463_19482218.jpg


降りていって左手を見ると、うーん、見事な暗渠です!
ここを進むと先ほどの「豊島弁財天」の下にたどり着くはずです。
何だかドキドキしてきました。
b0206463_19483374.jpg


こんな抜群の雰囲気の暗渠が続いています。
先へ進むと・・・
b0206463_19484484.jpg


おーっと、やはり突き当たりで終わっていました。
b0206463_194855100.jpg


完全なる行き止まりです。
こんな風にコンクリートで固められる前はどんな様子だったのでしょうか。
ちょっと想像がつきません。
b0206463_1949644.jpg


見上げればあの「豊島弁財天」が。
こうして見ると神々しい気もする。
b0206463_19491829.jpg


さて、ここのちょっと手前の右側にはこんな側溝が合流しています。
支流だったのでしょうか。
b0206463_19493090.jpg


足元はこんな感じ。
側溝としては確かにこの道に合流しています。
b0206463_19494196.jpg


先は左に蛇行してこんな風に続いています。
もうかなり本流より高い位置なので、やはり支流とは言いにくいですね。
でも面白い雰囲気です。
b0206463_19495212.jpg


さて、先ほどの暗渠に降りた地点まで戻り、下流方向を見ると、車止めの先に細い道が続いています。
b0206463_1950267.jpg


両側とも建物が一段高くなっています。
b0206463_19501471.jpg


おっと、ちょっと道が右に傾いています。
ここでは一本右の道の方が低い。
並行する2本の流れがあったようです。
b0206463_19502754.jpg


左の坂を上ってみました。
カックンとした見事なV字谷です。
b0206463_19504141.jpg


ここは1本隣の道。
暗渠らしさはちょっと弱い。
b0206463_19505165.jpg


ここは細くていい感じです。
左右どちらの道だったか忘れてしまいましたw
b0206463_1951174.jpg


最後はこの先の練馬区総合運動場にぶつかります。
石神井川はもうすぐ先。
最後は痕跡がわからなくなります。
b0206463_19511331.jpg


石神井川の反対側に回ってみました。
出口はこの丸い合流口か、もしくは、
b0206463_19512667.jpg


この四角い合流口か、はっきりとは分かりません。
b0206463_19513773.jpg

スタート地点が面白く、途中も高低差が楽しめるよい暗渠でしたね。


[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2010-10-06 20:05 | 石神井川系 | Comments(9)  

石神井川・桜台支流(仮)をたどる

今回は、石神井川の支流で、前にご紹介した羽沢支流(仮)の一つ西隣にある支流をたどります。

訪問日:2009/12/20、2010/1/24

国土地理院の「数値地図 5mメッシュ(標高)」CD-ROMからの画像で場所を確認しておきます。
支流名はやはり分からないのですが、全行程が桜台を流れていますので、桜台支流(仮)で文句は出ないでしょう(笑)。
b0206463_1941155.jpg


部分的拡大図です。
河口からさかのぼっていきますが、大きく西に曲がっています。
b0206463_1942752.jpg


これが合流口。
わずかに水が流れています。
b0206463_1944572.jpg


さて、さかのぼっていきましょう。
はじめは緑道のような造り。
b0206463_19455100.jpg


その先は、植え込みと車止め。
この車止めは必要なんでしょうか。
この植え込みを越えていく車などいるのでしょうか?
それともバイク止めかな。
b0206463_19581.jpg


先へ進むと、「ここだけ細い道」になったり、
b0206463_1951845.jpg


また植え込みになったり、
b0206463_1953813.jpg


こんな木造住宅の脇を通ったり、
b0206463_1955117.jpg


木造住宅の先はまた植え込み。
植え込みの多い暗渠です。
b0206463_19618.jpg


しばらく行くと、左手に公園が現れます。
「森公園」。
傾斜面に作られており、傾斜を活かした滑り台があります。
b0206463_1961126.jpg


ここで右を向くと、そこには細い道があり、その先には階段があります。
ここが谷であることが分かります。
階段へ向かってみましょう。
b0206463_1962166.jpg


うーむ、結構な高さなのに手すりがない。
会社帰りに酔っぱらってここを降りたら危険ですよ。
b0206463_1964681.jpg


階段を上ってみました。
谷を見下ろすことができ、向こう側も高いことが分かります。
b0206463_197448.jpg


先へ進みましょう。
細い道が続き、
b0206463_1973431.jpg


生け垣の先には・・・
b0206463_1975543.jpg


ちょっと広い空間になっていました。
先のガードレールの左側を進みます。
b0206463_198873.jpg


この辺は並行する流れもあったようです。
ここは1つ西側の道。たぶん。
去年の訪問なので若干覚えていません(汗)。
b0206463_1983359.jpg


元の道に戻って、暗渠は右にカクッと曲がっています。
足元には水色のペイント。
b0206463_1991735.jpg


曲がった先がまたすぐ曲がっています。
b0206463_1910032.jpg


別な道にぶつかります。
この道はまったく暗渠らしくないのですが・・・
b0206463_19103568.jpg


突き当たりで左を見ると、車止めを発見。
まだ行けそうです。
b0206463_19113380.jpg


こんな風に続いていました。
b0206463_19123163.jpg


ここでまた突き当たり。
左側は一段高くなっています。
ここでちょっと続きが分からなくなります。
b0206463_19131387.jpg


ちょっと右にクランクして進み、さらに左折してここへ出てくるのかも知れません。
b0206463_19134122.jpg


上の写真で左を向くと、このように道が続いていますが、右手の畑の方が低くなっています。
畑の中を通っていたと思われます。
b0206463_19143142.jpg


先へ進むと階段を降りて進むこんな道があります。
すごく暗渠っぽいですが、本流は右手の方を通っていると思われます。
b0206463_19153445.jpg


さらに一本左の道はこんなに暗渠っぽくなっています。
この写真は、突っ切ってから振り返ったところ。
じめじめと苔むしていていい感じ。
撮影位置の後ろ側は開進二小にぶつかるT字路となっています。
b0206463_19163229.jpg


この突き当たりはやはり階段。
いい感じの階段です。
手作り風な手すりもいい。
b0206463_19182094.jpg


さて、小学校にぶつかってから左の方に上ってみました。
緩いV字谷になっています。
ちょうど先ほどの畑の位置が谷底のようです。
b0206463_19194045.jpg


これは谷の反対側からの写真。
この方が凹みが分かりやすいか。
b0206463_19221490.jpg


小学校の右手にはこんな細い道がありました。
きゃー!
ぞくぞくするような細道です。
暗渠と言えるかどうか分かりませんが、通り抜けてみましょう。
b0206463_19231718.jpg


ここへ出てきます。
写真だと真っ暗になっちゃいます。
b0206463_19243384.jpg

この先は痕跡がなくなります。

劇的なことは特に起こりませんでしたが、雰囲気は悪くなかったです。
途中、暗渠が途切れそうになるので、探索心も若干満たされます。
個人的には最後の細道がクライマックスでしたね。

今回のルートです。

[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2010-10-05 19:55 | 石神井川系 | Comments(3)