谷古田用水をたどる①

今回から、埼玉県草加市を流れる「谷古田(やこだ)用水」をたどります。
訪問日:2017/6/24

草加市の暗渠をご紹介するのは久しぶりです。
これは、「草加市史」に掲載されていた水路図。
図の真ん中を北から南に流れているのが「谷古田用水」。
「古綾瀬川」から分水して、最終的には「古綾瀬川」に戻っています。
これを下流の方から追いかけてみます。
b0206463_161527.jpg


これは、「古綾瀬川」が「綾瀬川」に合流する地点。
写真奥が「古綾瀬川」で、手前の左から流れてくる「綾瀬川」に合流しています。
ご覧の通り、この辺は工場地帯で、立ち入れないところが多いのが暗渠者にとっては厄介なところです。
b0206463_1612787.jpg


谷古田用水の古綾瀬川への合流口へ向かう途中、支流らしきものに出会いました。
冒頭の水路図をもう一度ご覧下さい。
最下流で点線で書いてある水路がこれのようです。
b0206463_1614098.jpg


でかい芥止めの向こうに暗渠らしきルートが続いていますが、ここには入れません。
まずこのルートを回り込んでみます。
b0206463_1614882.jpg


ちなみに振り向くと、続きがありましたが、そこは「三幾飼料工業」の敷地内。
間もなく古綾瀬川に合流しているはずですが、その様子を見ることはできません。
古綾瀬川の対岸もまた工場敷地ですから、どうしようもありませんね。
回り込んで、上流方向の続きを探していきます。
b0206463_162046.jpg


かなりの距離を回り込んでいくと、続きらしきものが一般道脇にありました!
縁石付きのコンクリート蓋暗渠です。
写真奥が下流方向。
目の前で右方向に曲がっています。
b0206463_162929.jpg


90度右を向くと、残念ながら工事中。
看板には「水路を整備する工事を行っています」とあります。
b0206463_1621697.jpg


さて、下流方向に向かってみましょう。
すぐに左折しています。
古綾瀬川は左方向ですから、当然のルート取りです。
b0206463_1622395.jpg


縁石付きの暗渠が真っ直ぐ続きます。
b0206463_1623139.jpg


コンクリ蓋の横が見えるタイプ。
b0206463_1623844.jpg


ここから一般道を離れ、奥まっていきます。
左側の敷地は「松江中学校」です。
なんかちょっと入りにくいけど。
b0206463_1624881.jpg


割と人が通っていない感じ!
b0206463_163149.jpg


そして、何とここに出ました!
最初に見つけた芥止めですよ!!
さっきこの反対側にいたんですよね。
ここまで来れるとは思いませんでした。
しかし、ここはいちゃいけない場所のような気がします。
写真を撮ったらさっさと離脱します。
b0206463_163990.jpg


離脱しました。
ふう。
さて、今度は上流方向をたどってみることにしましょう。
写真中央に見えるバリケードの所が工事している所の続きです。
工事の人がいて写真が撮りにくいので、遠巻きに撮っちゃいました。
b0206463_1631679.jpg


さて、その続きはと言うと、この広い道路の反対方向に続いているようでした。
うーむ、おかしいな。
冒頭の「草加市史」の水路図では、この辺が谷古田用水本流からの分水地点なのですが、かなり左にそれて行ってしまっています。
まあいいか。
b0206463_1632289.jpg


近くまで行ってみると、この歩道部分がそれのようです。
b0206463_1633264.jpg


すぐに縁石付きのコンクリート蓋暗渠に。
b0206463_1633962.jpg


しかし、残念ながらこのガードレールに阻まれてこれ以上は進めません。
b0206463_1634719.jpg


ガードレールの奥はまだ続きがありますが、あそこより先は公園として再開発されてしまっていて、よく分からないんですよね。
b0206463_1635537.jpg


左から回り込んでくると、その先の方はこんな運動場になっています。
ルート的にはこの柵の脇あたりを通っている感じですが、はっきりしません。
仕方ないので、この方面の探索はこれで終了です。
しかし、この暑いのによく運動なんかやってますね。
b0206463_164211.jpg

次回は、谷古田用水の本流を、合流口からたどっていきます。
[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2017-08-15 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(0)  

新小岩駅南口西側の暗渠をたどる②

新小岩駅南口西側の暗渠の続きです。
訪問日:2012/1/28、2017/4/29

前回の最後の駐車場の場所からさらに西側を歩いていると、こんな暗渠っぽい道を見つけました!
b0206463_19184047.jpg


左方向を見ると、先の方に赤いカラーコーンがあり、「立入禁止」の文字が。
b0206463_19185276.jpg


振り向くと、こちら側は入ってもよさそうです。
ここが暗渠とすると、おそらくこちらが上流方向でしょうから、前回見失った暗渠につながるのではないでしょうか。
うまく行くでしょうか。
b0206463_19185962.jpg


マンホールの惑星直列。
b0206463_1919814.jpg


ここで90度右に曲がり、
b0206463_19191468.jpg


またもやマンホールの惑星直列。
川跡であることは間違いなさそうです。
b0206463_19192266.jpg


ここで塀の上に鎮座するニャンコを発見。
b0206463_19192988.jpg


なかなか堂々としています。
b0206463_19193599.jpg


道はさらに続きます。
が、だんだん怪しくなってきました。
b0206463_19194743.jpg


ここまで来ましたが、このあたりが限界。
見咎められたら大変。
いい加減引き上げますが、奥の方にカバーをかけられた自転車が見えます。
あれを目印にできそうです。
b0206463_1920662.jpg


右から回り込んでくると、何やら見かけた光景。
ここは、前回最後にアプローチした道の入り口です(写真は再掲)。
あの道の奥で見失った、と思っていましたが、実はこの道自体が川跡だったようです。
b0206463_19201694.jpg


前の写真の右方向に下がってみると、この辺の道幅が何だか不自然です。
マンホールも多いし。
川跡は写真右方向から来て、写真上方向に曲がり、もう一度左に曲がって、先ほどのカバーをかけられた自転車の位置に到達するのではないでしょうか。
b0206463_19202391.jpg


少し道を進むと、ここで道幅が変わっています。
b0206463_19203166.jpg


左の隙間をのぞき込むと、おお、ありました!
カバーをかけられた自転車。
まんまと見つかって有頂天です。
b0206463_1920384.jpg

さて、うまいこと続きを見つけられた(たぶん)ので、先ほどの「立入禁止」のカラーコーンがあった場所の反対側に回り込んでみます。

その途中で、こんな美猫にも出会いました。
b0206463_19204612.jpg


さて、反対側にきました。
先ほどは「立入禁止」でしたが、こちら側はそうでもなさそう。
b0206463_19205361.jpg


ちなみに、5年前はこの様子。
未舗装の上に立ち入れない。
5年もたつとだいぶ様相が変わります。
b0206463_1921268.jpg


さて、現在は入れそうなので、奥に進んでみます。
カクカクと蛇行する川跡。
b0206463_19211125.jpg


しかし、だんだんヤバくなってきました。
「人の家の裏手」感が半端ありません。
ここで引き上げます。
b0206463_19211911.jpg


さて、今度は先ほどの位置からさらに下流方向です。
家と家の隙間が斜めになっているここが続きですね。
ここには入れないので、反対側に回ってみます。
b0206463_19212657.jpg


反対側に回ってきました。
この左側の建物と塀の隙間が続きです。
b0206463_19214373.jpg


ここで右を向くと、このガードレールの内側が暗渠で、ここに合流しているようです。
b0206463_19215553.jpg

さて、ここで終了してもよいのですが、せっかくなのでこのガードレール暗渠を追いかけてみましょうか。

ちなみに、上の写真の反対方向に向かうと、すぐにこの記事で触れた「西井堀」にぶつかります。
この写真は、西井堀が総武線をくぐってくるところ。
このあたりではこの水路がメインで、この水路からいくつもの水路が分岐していたのでしょう。
b0206463_1922339.jpg


またまたちなみに、上の地点から中川の堤防までは、以前は金網で仕切られて入れなかったのですが、現在ではこんなきれいな遊歩道となっていました。
b0206463_19221157.jpg


では、ガードレール暗渠を下流にたどっていくことにしましょう。
途中からこんな立派な並木道に。
b0206463_19221860.jpg


道路の左側に移動。
b0206463_19222657.jpg


右の方に中川の堤防が見えてきました。
この公園の左側を通り、
b0206463_19223566.jpg


最後はここにぶつかって終了です。
この建物は「西小松川ポンプ所」。
この建物から中川に合流するようです。
b0206463_1922425.jpg


堤防に上ってみると、そこには大きな水門。
今度こそ終着地点です。
b0206463_1923160.jpg

小さな水路跡でしたが、意外と探索心を満足させてくれる暗渠でしたね。
[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2017-08-08 12:00 | 江戸川区・葛飾区の暗渠 | Comments(0)  

新小岩駅南口西側の暗渠をたどる①

今回は、JR総武線「新小岩駅」南口の西側にある暗渠をたどります。
もっとも、この暗渠は前から知ってまして、ほったらかしにしていたのですが、ネタも尽きてきましたし、再訪してほぼ全貌が明らかになったのでご報告することにしました。
訪問日:2012/1/28、2017/4/29

ここは、東京都葛飾区新小岩1-26-21。
駅前の道を右(西)に進んだ後、北方向を臨んでいます。
写真左側に見える建物は、そば屋「砂場」です。
この細い隙間は明らかに暗渠ですよね。
b0206463_12152339.jpg


ちなみに、5年まえの2012年はこんな感じでした。
隙間は健在ですが、左の建物がぎりぎりまでありました。
あと、左の建物はうどん屋だったようですw
b0206463_12153130.jpg


現在に戻り、足元を見ると、ちょっと橋跡っぽくなっているのもポイントです。
b0206463_1215421.jpg


振り返ると、車止めのある暗渠が始まっています。
こちらはあとでたどるとして、まず北方向(上流方向)に向かってみます。
b0206463_12155020.jpg


なお、今の場所の5年前はこんな感じで、こちらはほとんど変わっていません。
b0206463_1216057.jpg


先ほどのところには入れませんので、回り込んでいきますが、途中見通しのいい所がありました。
向こうの建物がこの駐車場の敷地に対して斜めになっています。
あの手前が暗渠の続きと思われます。
b0206463_12161116.jpg


その斜めの建物が続く最後の場所がここ。
アプローチできる場所がありました。
b0206463_12162093.jpg


奥をのぞき込むと、すでに暗渠っぽくはありません。
斜め方向のさらに先(写真手前方向)は、すぐに総武線の線路にぶつかってしまいますし、この辺を上流端としておきましょう。
冒頭の位置に戻って、下流方向を目指します。
b0206463_12162732.jpg


暗渠っぽい細道が続きます。
b0206463_12163554.jpg


ここはひと目舗装が新しい。
b0206463_12164321.jpg


ここで5年前の写真。
ああ、元は未舗装路だったんですね。
b0206463_12165162.jpg


そしてここに出て終了となります。
この左右に通る道が、もっと広い水路だったと思われる道です。
b0206463_1217065.jpg


その道の左方向を見る。
この歩道部分が水路だったのでしょう。
b0206463_121775.jpg


で、これで終了でもよいのですが、その先に何とも細い、側溝クラスの川跡がありました。
今たどってきたルートの「続き」とは言えませんが、これもたどってみる価値はありそうです。
しかし、さすがにここに入ることはできません。
右から回り込んでみます。
b0206463_12171672.jpg


回り込んできました。
川跡は写真左から来て右に進みます。
b0206463_12172354.jpg


左(上流方向)。
相変わらず細い。
b0206463_12173188.jpg


右(下流方向)。
斜めに蓋暗渠が続いているのが印象的。
b0206463_12173816.jpg


奥をのぞき込むと、ここも通り抜けるのは難しそう。
b0206463_12174855.jpg


足元を見ると、コンクリート蓋は道から私有地内に入っていきます。
回り込んで反対側に回ってみます。
b0206463_12175829.jpg


回り込む途中で。
何を言いたいのか全く分からなくなってしまった看板。
b0206463_1218910.jpg


反対側に来てみました。
先ほどのバイクが見えます。
b0206463_12181779.jpg


振り向くと、この道路左の側溝が続きのよう。
かなりたよりない探索となってしまいました。
b0206463_12182385.jpg


道路に沿ってカーブし、
b0206463_1218323.jpg


敷地内に入っていきます。
また右から回り込みます。
b0206463_12183923.jpg


回り込んできましたが、ここは行き止まりになっていますね。
暗渠は写真左から右に続いています。
b0206463_12184789.jpg


もうちょっとだけ近づいてみました。
いやいやこれ以上は無理です。
すでに私有地っぽい。
引き返してまた回り込みます。
b0206463_12185772.jpg


次のアプローチ。
また行き止まりのようです。
b0206463_1219710.jpg


奥まで行ってみると、写真左から続いてきているようです。
b0206463_12191438.jpg


左方向。
これまた狭い。
b0206463_12192298.jpg


足元。
草が生い茂って、コンクリート蓋か否かも判然としません。
b0206463_12193159.jpg


右方向。
駐車場になっているようですが、足元の様子はよく分かりません。
b0206463_12193889.jpg


回り込んで駐車場の反対側まで来ました。
うーん、何だかこの駐車場の縁が続きではないような気がします。
この周辺に続きもないようですし、完全に見失いました。
しかし、さらにうろついていると、続きかもしれない川跡を見つけました。
b0206463_12194727.jpg

次回に続きます。
[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2017-08-01 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(2)