京成中山駅をくぐる暗渠をたどる

いやあ、ずいぶん前からGoogleの地図を見て気づいてはいたんですよね。
ただ、ストリートビューでは近づけないし、たぶん痕跡はあまり残っていないのではないかなあ、と。
わざわざ行くのも大変だし、その後ほとんど忘れてしまっていました。

訪問日:2018/3/7

これがGoogle Mapの「京成中山駅」。
線路の北側に開渠を示す青い線が引いてあります。
あと南側にもちょこっと。
このことに結構前から気がついていました。
で、ある日たまたま散策中にこの近くを通ったので、少し探索してみました。
b0206463_20082359.jpg

ここは、上の地図にもある「小栗原蓮池公園」の北西の角。
公園の端をコンクリート蓋が巡っているではありませんか!
しかもかなりゴツい。
予想を超える収穫に仰天です。
ちなみに、「小栗原蓮池公園」の中に蓮池はありませんでしたね。
b0206463_20084339.jpg

右方向を見る。
こちら側はコンクリート蓋の上にアスファルトがかけられていて分かりにくくなっています。
こちらが下流方向だと思われますが、まずはこちらを追いかけてみます。
b0206463_20085352.jpg

千葉街道を越えるところで急に心許なくなります。
b0206463_20090067.jpg

その先にコンクリート蓋が続いていましたが、何だかずいぶん細くなっちゃいました。
これが本当に続きなのかも疑わしい。
b0206463_20091019.jpg

しかもここでそれすらも途絶えてしまいました。
写真右端に見える道路に続いていくのかと予想しましたが、
b0206463_20091868.jpg

その道は行き止まりでした...。
この先はJR総武線の「下総中山駅」に近づくわけですし、痕跡はほとんど消されてしまっているようです。
b0206463_20092666.jpg

下総中山駅の近くで、こんな太めのコンクリート蓋を見つけましたが、これが続きかどうかは判然としません。
b0206463_20093496.jpg

右を向くと、さらに下総中山駅に近づく方向です。
駅前のロータリーで途切れてしまいます。
最終的には真間川に合流するはずの水路だと思いますが、探索は諦めざるを得ません。
冒頭の位置から上流に向かってみることにしましょう。
b0206463_20094328.jpg

「小栗原蓮池公園」の北側を東に進むコンクリート蓋暗渠。
端が不揃いw
b0206463_20100221.jpg

水平方向もめっちゃ不揃い。
この荒っぽい感じがいい。
b0206463_20101153.jpg

ここで公園を離れ、
b0206463_20101812.jpg

京成中山駅のホームの下をくぐっていきます。
地図の通り、その直前は開渠になっています。
b0206463_20104107.jpg

水は流れている、というよりもたまっています。
駅の反対側に回り込んでみましょう。
b0206463_20110625.jpg

左から回り込んでくると、ありました!
写真右が駅の方向です。
b0206463_20111307.jpg

右方向を見る。
この蛇行している感じもいいですね!
b0206463_20112643.jpg

先が見通せませんが、すぐに駅のはずです。
b0206463_20113434.jpg

駅にぶつかりました。
ちょうど電車が線路の上を通過しています。
b0206463_20114244.jpg

のぞき込むと、ここはハシゴ式開渠になっていました。
こちら側では、水はさらさらと流れていましたね。
b0206463_20115009.jpg

さて、先ほどの場所に戻り、上流方向に向かいます。
b0206463_20115844.jpg

コンクリート蓋の上に黒猫を発見。
b0206463_20120654.jpg

ちょっと小汚いのですが、人を恐れない猫のようです。
b0206463_20121591.jpg

先に進むと、おお、この蛇行、素晴らしい。
b0206463_20122338.jpg

一般道を横切る。
コンクリート蓋の方が少し高い位置にあります。
b0206463_20123137.jpg

さらに先に進むと、ここで通行止めとなってしまいました。
また回り込んでいきましょう。
b0206463_20124096.jpg

ここに出てきていました。
一瞬開渠になっています。
b0206463_20125037.jpg

水面をのぞき込んでみると、まだ水量は十分にありますね。
b0206463_20125970.jpg

奥の方の様子はこんな感じで私有地。
続きで間違いありませんね。
b0206463_20130624.jpg

で、この続きはこの車止めの道のようです。
b0206463_20131406.jpg

途中から砂利道に。
正面は突き当たりです。
そろそろ探索の終了が近いようです。
b0206463_20132242.jpg

突き当たりから少し右にずれた位置にまた砂利道。
このあたりはもうはっきりしません。
正面はまた突き当たり。
b0206463_20133002.jpg

突き当たりから少し右にずれた位置にまた車止め。
この辺は想像にすぎません。
b0206463_20133869.jpg

そして、この「木下街道」にぶつかりました。
この先はもうそれらしいものを見つけることはできませんでした。
この辺を上流端としておきましょう。
b0206463_20134754.jpg
ゴツいコンクリート蓋が印象的な暗渠でしたね。


[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2018-06-12 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(1)  

「新金貨物線」の橋跡を見に行く⑤

「新金貨物線」の橋跡の最終回です。
訪問日:2018/3/3

さて、前回の場所より南下し、京成線を越え、高砂橋も越えた場所にあるのがこれ。
中川は写真のすぐ右。
中川の堤防の上から撮っています。
線路を斜めに横切る橋跡が見えます。
b0206463_09451430.jpg

水路が見える位置まで行ってみると、水面が見えます!
ここは埋められていない開渠のようです。
単に水がたまっているだけなのかもしれませんが。
b0206463_09452339.jpg

アップで水面を撮ってみました。
水がたまってますよね。
b0206463_09453217.jpg

さて、今の橋跡の近くまで行ってみましょう。
この道の奥が橋跡。
b0206463_09454071.jpg

ちなみに、振り返ると「高砂小橋」交差点の真下です。
この続きはあとでたどってみます。
b0206463_09455167.jpg

橋跡の近くまで行ってのぞき込んでみました。
実はこちらからはあまりよく見えません。
ただ、水面を確認することはできました。
b0206463_09460018.jpg

今の橋跡は、Mapionの地図ではここ。
b0206463_09460998.jpg

先ほどの交差点の先ですが、方向的にこれが続きのようです。
b0206463_09461906.jpg

途中、右に分かれている暗渠道がありました。
こちらは後でたどります。
b0206463_09463195.jpg

まっすぐ方向は、すぐに途切れてしまいました。
b0206463_09464286.jpg

しかし、先の方をうろうろしてみると、こんないびつな十字路の先に、
b0206463_09465253.jpg

暗渠っぽい道がありました!
b0206463_09471568.jpg

その先は、暗渠の十字路!
この辺は水路が入り組んでいたようです。
ただ、高砂駅が近いこともあり、残されている箇所はわずかです。
このルートも、京成線の線路にぶつかって、あとはよく分からなくなります。
b0206463_09472891.jpg

先ほど分岐していたルートに戻ると、ここで道路を渡り、歩道に化けています。
b0206463_09473748.jpg

ここで左折して、
b0206463_09474589.jpg

歩道の上にマンホールがいっぱい。
b0206463_09475622.jpg

ここで歩道が途切れますが、
b0206463_09481130.jpg

左方向を見ると、右に曲がって再開しているようです。
b0206463_09482079.jpg

いやー、細い道ですねえ。
b0206463_09483101.jpg

しかし、ここで途切れ、あとはよく分からなくなります。
b0206463_09484009.jpg

さて、中川の堤防の上をさらに歩いていくと、こんな怪しい植栽エリアが。
新金貨物線は、この向こうにあります。
b0206463_09484845.jpg

下に降りてみると、先に踏み切りが見えます。
b0206463_09485759.jpg

振り返ると、三角形の「ヘタ地」。
新中川に斜めにぶつかっていっています。
どうも、この植栽は、西井堀の続きのようです。
このあと、西井堀のルートは新中川を越えて続きますが、今回のテーマではないので、追いかけません。
b0206463_09491185.jpg

さて、新金貨物線の踏み切りに向かいますが、踏み切りの手前で左右の歩道とも消滅してしまい、迷惑ですw
b0206463_09493568.jpg

踏み切りに近づくと、ありました!
⑥で見た西井堀の橋跡と同じような風景。
西井堀は、新金貨物線を2回も横切っていたんですねえ。
しかし、ここにいつまでも立っていると車に轢かれますので、即座に移動します。
b0206463_09494568.jpg

反対側から。
立派な橋跡ですねえ。
b0206463_09495569.jpg

そして、その先はこれ。
歩道の植栽がやけに広いですね。
西井堀です。
b0206463_09500456.jpg

Mapionによる最後の橋跡の位置。
b0206463_09501252.jpg
いやー、ありましたねえ。
全部で8か所。
やっぱり橋跡は興奮します。
満足な探索となりました。
次回はどこへ行きましょうかね。


[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2018-06-05 12:00 | 江戸川区・葛飾区の暗渠 | Comments(0)  

「新金貨物線」の橋跡を見に行く④

「新金貨物線」の橋跡の4回目です。
訪問日:2018/3/3

ここは水戸街道を越えた南側。
これはまた大型な橋跡です。
これは東側から撮ったところ。
斜めに水路跡が線路をくぐっています。
b0206463_11053776.jpg

上から撮ってみました。
手前はトラス橋。
見事な遺構ですねえ。
b0206463_11060028.jpg

で、この続きなのですが、全くそれらしきものが見つかりません。
車止めがあるので、この線路沿いの道が続きなのかもしれませんが、水戸街道にぶつかるだけで、全く確信が持てません。
b0206463_11061157.jpg

反対側から撮ってみました。
見事すぎる。
b0206463_11062274.jpg

そして、線路の西側にもやはり続きらしきものはありませんでした。
むしろ、線路沿いに南に向かうこの空き地が水路だったのではないか、と思われます。
b0206463_11063292.jpg

振り向いて、線路の北側にも空き地が続いています。
ここだけは駐車場になっていますが。
全然違うかもしれません。
だとすると、この橋跡は、前後の水路の痕跡はすべて消されているのにもかかわらず、この線路の下だけ痕跡が残されたということになります。
面白い物件でした。
b0206463_11064174.jpg

今の橋跡は、Mapionの地図ではこの⑤の位置。
b0206463_11071719.jpg

さて、ここからしばらくは、この近くで見つけた暗渠をたどってみます。
これは、西井堀から西にそれていく暗渠っぽい道。
b0206463_11072695.jpg

車止めが暗渠っぽい。
b0206463_11074660.jpg

すぐに水戸街道にぶつかります。
b0206463_11075688.jpg

水戸街道の反対側は、何だか急に低くなっています。
b0206463_11080568.jpg

下から見たところ。
この不自然な絶壁は、ここが暗渠だったことの証に思えます。
b0206463_11082078.jpg

ここより先は、全然暗渠っぽくありませんが、
b0206463_11252988.jpg

現状のGoogle SVでは、かろうじてこの角度の写真が、暗渠らしい道だったことを教えてくれます。
この十字路を右方向に向かう道です。
右奥に見える集合住宅は、神社の駐車場になってしまいました。
b0206463_11253802.jpg

その神社がこれ。
この鳥居、見覚えがあるなと思っていたら、谷戸ラブさんのこの記事で紹介されていましたね。
b0206463_11260824.jpg

神社の先を右に曲がると、それっぽい続きがありました。
この左に曲がる道。
b0206463_11264663.jpg

この細道。
しかし、中川はもうすぐ先です。
b0206463_11265826.jpg

水路と関係がありそうな構造物。
b0206463_11270861.jpg

ここを右に曲がって、
b0206463_11271831.jpg

何となく消滅。
新金貨物線の方に戻ります。
b0206463_11272719.jpg

次の物件です。
これは、この記事でも書いた、西井堀をくぐる地点。
b0206463_11275153.jpg

こっちから見ると草ぼうぼうで見にくいw
b0206463_11280332.jpg

土手をちょっと上がって。
線路の右側は、先の方まで空き地となっています。
この空き地が水路だった様子はやはりありませんね。
この西井堀に合流している様子が全くないので。
b0206463_11281390.jpg

反対側から。
広い堀だっただけに、やっぱりこの迫力はすごいですね。
b0206463_11282257.jpg

Mapionの地図による今の位置はここ。
b0206463_11283276.jpg
次回が最終回です。


[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2018-05-29 12:00 | 江戸川区・葛飾区の暗渠 | Comments(0)