横浜・山手の台地を削った千代崎川をたどる①

突然ですが、今回は横浜に出張です。
横浜市中区にJR山手駅という駅がありますが、この駅を中心とする5km四方の台地は、川と海に隔てられた、ポッコリとした台地となっています。
Google Earthの陰影図をご覧下さい。
今回は東京じゃないので、Google Earthを使わせていただきました。
何だかすごい複雑です。
このいくつもある谷筋のうち、一番西から始まり、一番東のピョコッと出ている川の部分まで続くのが千代崎川です。
横浜の谷には暗渠が残っていないことが多いのですが、この千代崎川は結構長い暗渠としてたどれます。
千代崎川の南側にもたくさんの谷筋が走っていますが、これらにはほとんど暗渠は残っていません。
早速見ていきましょう。(訪問日:2010/5/5、2010/7/10)
b0206463_19475419.jpg


これが河口近くの千代崎川。
ここの100メートルほどだけが本物の川になっており、地図にも「千代崎川」として書いてあります。
b0206463_1948858.jpg


開渠になる部分を見たところ。
ここから下流の川幅が広くなっています。
向こう側はやや広めの通りで、橋になっています。
b0206463_19481883.jpg


通りの反対側に回ると、暗渠部分は金網で仕切られ、立ち入り禁止。
いきなり受け入れ拒否にあいました。
b0206463_19483197.jpg


親柱には「小湊橋」の表示が。
b0206463_19484071.jpg


コンクリートの道が続きます。
左脇に人の通れる道がありますので、暗渠を横目に見ながらたどります。
b0206463_19492442.jpg


すぐに隔離地帯は終わってくれました。
ここから一般道ですが、早くも蛇行しています。
b0206463_19484889.jpg


こんな感じで続きます。
写真では分かりにくい、というか全く分かりませんが、暗渠の方が両脇よりも何センチか高くなっています。
まだ歩き始めたばかりですが、東京の暗渠と何となく雰囲気が違う。
何となくですが。
b0206463_19494423.jpg


この先でほかの道と合流します。
b0206463_19495215.jpg


合流後が不思議。
左の道が暗渠、右の道が一般道です。
両方とも車が走行可能で、ともに一方通行(進行方向は逆)になっています。
つまり、2本の道路を合わせて「2車線の1本の道路」みたいになっています。
ちょっとこんなのは東京にはないでしょう。
初めて見ました。

しかも、2本の道にはかなり段差があり、暗渠の方がかなり高い(30センチくらい?)。
これはやっぱりかなり変です。
まだ歩き始めたばかりなのに、いきなり変なものに出会えてうれしい。
b0206463_19501277.jpg


暗渠の方から撮ってみました。
右の反対車線(?)の方が低いのが分かるでしょうか。
b0206463_19502169.jpg


蛇行しつつ、仲良く進んでいきます。
b0206463_19503153.jpg


そして、ここでお別れ。
右の道はうまいこと2車線を維持していますね。
暗渠は左方向へ。
b0206463_19504184.jpg


すぐに大きな通り「本牧通り」を斜めに横切ります。
b0206463_19505168.jpg


横切ったらすぐ別の道と合流して右にカーブ。
b0206463_1951121.jpg


たまたま工事中で分かりにくいですが、暗渠上は用途不明の空き地状態になっており、両側に歩道、という構造です。
b0206463_19511258.jpg


工事区間が終わると、ちょっと構造が分かりやすいですね。
暗渠部分は歩道よりも少し高い。
うーん、なんか新鮮。
b0206463_19512249.jpg


うわー、広いな。
このスペース、何に使えと言うのか。
b0206463_19513289.jpg


こんな古い橋の遺構も残っています。
参院選直前だったので、候補者の掲示板が乗っていて気が散りますが。
b0206463_19514499.jpg


向きを変えて手前の欄干を撮ったところ。
貴重な遺構がゴミ置き場にされています。とほほ。
b0206463_19515534.jpg


橋は老朽化がひどく、橋名も何も分かったものじゃありません。
b0206463_19527100.jpg


先へ進むと、今度は防災倉庫が我々をブロックします。
b0206463_19521834.jpg


倉庫の裏にもまた橋跡。
b0206463_1952294.jpg


やっぱり老朽化が深刻。
b0206463_19523947.jpg


さらに進むと、今度は自転車・バイク置き場。
なんかめまぐるしいですねぇ。
いろいろと面白いことがあって楽しい。
b0206463_19525431.jpg


その先は普通の道として続いているようです。
この先、さらに見たこともない光景に出会うことができました。
次回に続きます。

今回のシリーズのルートです。
が本流、が支流。
長いシリーズになりそうです。

[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2010-10-13 20:16 | 横浜市の暗渠  

<< 横浜・山手の台地を削った千代崎... 石神井川・墓地のある支流をたどる >>