横浜・山手の台地を削った千代崎川をたどる②

横浜・千代崎川の2回目です。

「両サイドに歩道を従えた一段高い暗渠」の形態が終わり、普通の道が少しだけ続きます。
b0206463_16493121.jpg


一般道とぶつかる所で、右手にかつての橋の親柱が残っています。
b0206463_16501086.jpg


近寄ってみても、橋の名は分かりません。
b0206463_16502042.jpg


反対から撮っても表示は何もありません。
なんかもう捨てられてるって感じ。
ここは諦めて先へ進みましょう。
b0206463_16502940.jpg


おや、なんだこの暗渠。
なんか変。
縞々!
b0206463_16504483.jpg


アップで撮るとこう。
コンクリートが縞々のデザインになっています。
なんでこんなデザインにしたんでしょうか。
こんなの見たことないです。
不思議な感覚にとらわれます。。
b0206463_16505331.jpg


この縞々暗渠がずーっと続いています。
しかも幅が広いなー。
なんか目が回る。
b0206463_1651373.jpg


興奮さめやらないところですが、縞々を維持したままどんどん続きます。
先ほどの本牧通りに合流しました。
b0206463_16511195.jpg


ほんのちょっとの区間だけ「歩道のふり」をしますが、すぐにまた引きこもってしまいます。
b0206463_16512291.jpg


そして・・・お決まりの銭湯です。
「さくら湯」。
b0206463_16513170.jpg


JRの高架をくぐり・・・
b0206463_16513917.jpg


今度は柏葉通りという広い道にぶつかって、ようやく縞々が終わりました。
柏葉通りを横切って続きます。
b0206463_16514935.jpg


崖沿いの蛇行した道が続きます。
b0206463_1651582.jpg


そしてまた柏葉通りに戻ってきました。
横切って反対側に続くようです。
b0206463_1652655.jpg


・・・と思いきや!
回れ右してまた引きこもってしまいました。
内気な暗渠です。
b0206463_16521528.jpg


また蛇行路が続く。
奥の方に小さく見えるのは・・・
b0206463_1652247.jpg


何と崖上のお宅へのアプローチ階段。
迫力満点の階段ですね。
毎日ここから出勤されているのでしょうか。
b0206463_16523393.jpg


また柏葉通りに戻る。
広い通りとの合流は何度目でしょうか。
今度は柏葉通りに沿って「歩道のふり」をして続きます。
b0206463_16524139.jpg


道の反対側にも支流らしき細道が。
b0206463_16525246.jpg


いい雰囲気ですねぇ。
でも、この支流はこの先で終わってしまいます。
b0206463_1653175.jpg


本流の歩道暗渠はここでまた右に曲がっていきます。
b0206463_16531049.jpg


また崖道。
ここの蛇行っぷりはすごいですね。
この写真内だけで3度曲がっています。
b0206463_16532085.jpg


また柏葉通りにぶつかる。
今度は階段で上がります。
b0206463_1653303.jpg


柏葉通りを渡るとこのように続きます。
石畳でますますいい感じの暗渠になってきました!
期待がふくらみます。
b0206463_1653414.jpg


その先は「未舗装」「側溝」「草むしている」と、盛り上げ要素満載になってきました。
このあとどうなるんでしょうか!
b0206463_16535027.jpg


がーーーんっ。
納屋みたいのが通せんぼです。
無念。
表通りを回り込むしかありません。
次回に続きます。
b0206463_1654013.jpg

[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2010-10-14 17:05 | 横浜市の暗渠  

<< 横浜・山手の台地を削った千代崎... 横浜・山手の台地を削った千代崎... >>