石神井川支流・エンガ堀をたどる①

先日、エンガ堀の下流部分を探索し、ようやくほぼ全域の写真が揃いました。
本当は全流域を回り直したかったのですが、時間切れとなってしまいました。
なので、古い写真をかなり使わなければなりません。
河口の方からたどってみます。

なお、「エンガ堀」について、詳しいことはWikipediaをご覧下さい(笑)。
元は「江川」という川だったそうですね。

訪問日:2009/12/12、2010/10/16

国土地理院の「数値地図 5mメッシュ(標高)」CD-ROMからの画像です。
石神井川の支流群、かなり西の方まで制覇しましたが、置き去りになっていたエンガ堀に戻ってきました。
これらの支流の中ではかなり大規模です。
b0206463_1913168.jpg


拡大図です。
いくつもの支流を集めていますが、一つ一つには名前はついていなさそうです。
今回のルートを大雑把ですがプロットしてみました。
b0206463_19131337.jpg


これが石神井川にかかる耕整橋脇から見た合流口。
なんかすんごいデカイですねー。
あんぐりと口を開けています。
このサイズは初めて見ました。
そして、左の方にももう一つ口が開いています。
b0206463_19132330.jpg


ちょっと写真が逆光気味で分かりにくいですが、右斜め方向から流れ込んできています。
どこから来ているのでしょうか。
b0206463_19133949.jpg


これはかなーり見にくいですが、東京都下水道局の下水道台帳。
青線が雨水管で、下の方から来て、合流口直前で分岐しています。
なぜ直前で分岐しているのでしょうか。
大雨時に何らかの役割を果たすのかも知れません。
ひょっとして、右の巨大な雨水管の天井近くまで水が来た時にだけ、左の管からも放水されてくるのでしょうか。
想像しただけですごい光景です。
b0206463_19134820.jpg


では、上をたどっていきましょう。
真ん中が作り込まれた植え込みとなっています。
これが400メートルほど続きます。
b0206463_1914190.jpg


河口近くの路面には、長方形の合流マンホール。
なぜか逆方向から撮っちゃいまして、すみませんw
上の下水道台帳を見ると、石神井川に沿って左から来た雨水管がここで合流しています。
b0206463_19141143.jpg


この植え込みがかなり長く続くので、あまり楽しくはありませんが、この暗渠上の電話ボックスはちょっと珍しいのでは?

なお、暗渠のお仲間のnamaさんがおっしゃっていた「河口付近の牧場」はこの近辺にあったかと思われますが、ちょっとよく分かりませんでした。
牛乳屋さんとかあればよかったんですけど。
b0206463_19142262.jpg


先の方に、この緑道の終わりが見えてきました。
b0206463_19143350.jpg


この道に突き当たり、本流は右へ進みます。
この商店街は何でしょうか。
ほとんどのお店がシャッターを閉めています。
b0206463_19144016.jpg


都内なのにシャッター商店街状態です。
ここで活躍しているのは自販機ばかりです。
b0206463_19145056.jpg


さて、右に曲がると、すぐに左にまた曲がり、団地の中を進んでいきます。
b0206463_1915034.jpg


最初に見た陰影図の通り、右側は崖になってきました。
b0206463_19151379.jpg


「みちくさ学会」の存在を知ってから、こんな給水塔も気になるようになってしまいました。
この形は珍しいのかな。
どうなのかな。
b0206463_19152376.jpg


特に変わり映えもしない暗渠が続きますが・・・
b0206463_19153366.jpg


ここで右から支流が合流します。
最初の陰影図の左方向に突き出た谷がこれです。
b0206463_19154391.jpg


うーん、この道は細くて暗渠っぽい。
しかし、ここはぐっとこらえて本流を進みます。
b0206463_19155378.jpg


ここは傾斜の途中みたいな位置に暗渠が通っています。
b0206463_1916551.jpg


うわー、左側の坂が急だぁ。
b0206463_191620100.jpg


さらに進むと、ここで右に曲がっています。
b0206463_19163335.jpg


ここの左手は、やはりこんな急な坂、というか崖。
b0206463_19164577.jpg


このあと、有楽町線小竹向原の駅のある広い通りに出ます。
もう暗くなってしまいました。
あとは、2009/12/12の撮影写真でご説明します。
b0206463_19165684.jpg


いきなり昼間になってすみませんw
広い通りを右折して信号を渡っています。
渡りつつ左側を見ると、向原トンネルが見えます。
川はこのトンネルの少し手前を右から左に流れていました。
b0206463_1917847.jpg


ここが再開位置。
向原トンネルが右側に見えます。
b0206463_19171984.jpg


先へ進むと、ガードレールの車止め。
b0206463_19173032.jpg


少し進むと、ここで右折しています。
ガードレールが案内してくれているので分かりやすい。
b0206463_19174069.jpg


その先ですぐに左折。
b0206463_19175040.jpg


さらに進むと、またこの車止め。
ガードレールが多用されています。
b0206463_1918046.jpg


その左隣の道も魅力的。
こちらも川跡かも知れないし、こちらを進んでみます。
b0206463_19181338.jpg


途中から砂利道に。
ますますいい感じになってきました。
b0206463_19182375.jpg


こんな石を敷いた、しかも木の枝が覆い被さる、さらに雰囲気のあるルートを抜けると、
b0206463_19183591.jpg


このちょっと広い道に出ます。
さらに暗渠っぽい道が続いていますが、すぐに行き止まりです。
右のルートに戻ってみます。
b0206463_19184830.jpg


右のルートから先ほどの通りに出たところ。
この位置で、たどるべき方向が2通りに分かれます。
次回に続きます。
b0206463_1918571.jpg


今回のルートです。

[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2010-11-12 19:54 | 石神井川系  

<< 石神井川支流・エンガ堀をたどる② 羽田赤レンガ堤防を鑑賞する >>