人気ブログランキング |

石神井川支流・エンガ堀をたどる④

エンガ堀の4回目です。

訪問日:2009/12/12、2010/10/6

国土地理院の「数値地図 5mメッシュ(標高)」CD-ROMからの画像に、今回のルートをプロットしたものです。
b0206463_18525846.jpg


今回は、エンガ堀中流付近で西から合流するルートです。
第一回の途中で合流地点を確認した所です。

こんな立派な緑道がまっすぐ続いています。
この写真は東方向、つまり合流地点の方を向いた写真です。
このあと、反対を向いて上流方向へさかのぼってみます。
b0206463_18531522.jpg


この緑道部分は結構な谷地形となっています。
この谷底を右から左へさかのぼっていきます。
b0206463_18532933.jpg


途中から緑道が終わりますが、まっすぐ進みます。
b0206463_1853387.jpg


ここに突き当たって左折。
b0206463_18534780.jpg


左へ曲がって少し進むと、今度は広い道を右折。
ここは左の暗渠部分が低く、一目不自然な造りですね。
b0206463_18535755.jpg


右折するとすぐに環七にぶつかるのですぐに左折。
左側の歩道のこの写真のあたりを通っていたようですが、現在は跡形もありません。
b0206463_1854896.jpg


これはgooの昭和38年の航空写真。
右上から来て、左折、右折、左折となって左下へ続いています。
環七へぶつかる道は現在は広いですが、この時期はまだ狭い道でしたね。
b0206463_18542443.jpg


今はこんな広さ。
環七より広いじゃないですか。
b0206463_18545391.jpg


さて、スタート地点に戻り、東へ進むと、緑道が終わるこのあたりから暗渠指数アップとなります。
b0206463_1855370.jpg


右も左も土台が高い。
b0206463_18551697.jpg


即製の階段。
b0206463_18552546.jpg


なぜかドアの位置が高い。
b0206463_18553495.jpg


マンホールの位置も高い。
b0206463_18554639.jpg


左手の駐車場に上がる階段。
地元のおばさんとかが、本当にここを上がっていました。
b0206463_18555780.jpg


その先はカクカクと蛇行します。
b0206463_1856776.jpg


ここを左に曲がるのですが、
b0206463_18561780.jpg


まっすぐ抜けた先にはこんな建物がいきなりあってド肝を抜かれます。
「ヒラカワ」という会社の建物のようで、ひらがなの「ひ」が書いてあるようです。
以前にデイリーポータルZの風雲コネタ城に応募して採用された写真です。
また使っちゃいますけど、いいでしょう。
b0206463_18562996.jpg


暗渠に戻り、細くてまっすぐな道が続きます。
b0206463_18564244.jpg


暗渠によくある年季の入った建物を回ると、
b0206463_18565353.jpg


ここの合流地点に出て来ます。
b0206463_1857410.jpg

緑道では谷地形が見所、合流点近くでは面白い暗渠サインがいくつも見つかって楽しめました。

今回のルートです。

by ankyo-nekomatagi | 2010-11-19 19:06 | 石神井川系  

<< 石神井川支流・エンガ堀をたどる⑤ 石神井川支流・エンガ堀をたどる③ >>