江東区唯一(かも知れない)コンクリート蓋暗渠をたどる

いやー、それにしても下町の方ってコンクリート蓋暗渠が少ないですよね。
杉並区とか世田谷区、川崎市や草加市などでは無尽蔵に見られるんですが、足立区では自分の知っているのは4ヵ所、葛飾区では1ヵ所、江戸川区では1ヵ所も知りません。
で、江東区にもなさそうだなあ、と思っていたのですが、先日たまたま1つ見つけたのでご報告します。

訪問日:2012/1/28

ここは江東区北砂3-2。
写真背後の方向には、旧小名木川駅跡に作られた「アリオ北砂」があります。
左に見える歩道も水路跡のような気がしますが、そこへ左から合流してきているものが見えます。
b0206463_18134877.jpg


柵で隔てられて中には入れませんが、水路跡っぽい。
b0206463_18135914.jpg


のぞき込むと、奥の方には物置が設置されています。
b0206463_1814932.jpg


さて、右側から回り込んだここが続き。
左に見える駐車場の左方向が先ほどの場所。
b0206463_18141938.jpg


駐車場の手前まで行ってみると、この砂利道が続きのようです。
b0206463_18142771.jpg


振り返ると、ここからコンクリート蓋暗渠になっていました!
b0206463_18143714.jpg


よく見ると、目地のセメントがまだ新しい。
最近補修されたのでしょうか。
b0206463_18144614.jpg


ここは通れるので入ってみますが、裏手な感じが強いですね。
b0206463_18145528.jpg


ここは勝手に駐輪場にされている模様。
b0206463_1815458.jpg


右の一般道との間をつなぐ細道は上り坂となっています。
b0206463_18151521.jpg


さらに進むと、お決まりの隣接敷地との段差。
b0206463_18152533.jpg


ここは駐車場との段差。
b0206463_18153416.jpg


これは・・・階段じゃなくて何かの遺構に見えますが、何の遺構なのかが分かりませんw
ちなみに、反対側には何もありませんでした。
b0206463_18154491.jpg


ここでちょっと広い道を渡ります。
b0206463_18155343.jpg


道路の向こう側は、もう入れなくなっていました。
コンクリート蓋もすでに終わっています。
そして、残念ながらこのあと痕跡は全くなくなってしまいました。
b0206463_1816491.jpg


先ほどのルートを仮にまっすぐに進むと、この小名木川にぶつかったはず。
先ほどは北上するルートだったので、この小名木川から分水していたのでしょう。
b0206463_18161480.jpg

いずれにせよ、江東区では極めて貴重なこの水路跡。
消滅しないことを祈ります。

今回のルートです。



●以下、2017/3/21追加

先日、東大島にある「中川船番所資料館」に掲示されている資料で、この水路の名前が「境入堀川」または「代官堀」ということが判明しましたのでお知らせします。
「名もなき水路」かなと思っていたので、名前が判明してうれしいです。
以上、ご報告します。

by ankyo-nekomatagi | 2012-06-11 18:32 | その他東京の暗渠  

<< 西井堀最下流を歩く 川崎暗渠狂想曲【大師堀編】③ >>