菊名川をたどる③

菊名川の3回目です。
訪問日:2011/2/27

駐車場から撮ると見通しがいい。
蛇行の様子もよく分かります。
ちょっとした名シーンです。
b0206463_22335741.jpg


駐車場を過ぎると普通の道のようになっていきます。
b0206463_2234699.jpg


だんだん細くなってきました。
b0206463_22341495.jpg


川跡にはあまり見えませんが。
b0206463_22342382.jpg


車止めがそれであることを示唆しています。
b0206463_22343334.jpg


今度はJR横浜線が右から近づいてきました。
うっかり写真を撮り忘れましたが、突き当たりに見える駐輪場のところでこの横浜線の高架をくぐります。
b0206463_22344016.jpg


タテ置きの車止めのある道が続きます。
この奥は、菊名駅前の繁華街です。
b0206463_2234475.jpg


繁華街の通りを横切り、さらに先に続きます。
b0206463_22345648.jpg


過剰な車止め。
b0206463_2235679.jpg


裏手な感じのところを抜けると、
b0206463_22351495.jpg


歩道橋のある五差路に出ました。
b0206463_22352423.jpg


ここから先はほとんど痕跡がなく、完全に見失ってしまいました。
実は、この交差点の位置で川は二手に分かれていたようです。
この正面の広い道路を進む「太尾用水(ふとおようすい)」と、
b0206463_22353533.jpg


交差点を左折して東横線をくぐっていく「大豆戸菊名用水(まめどきくなようすい)」です。
b0206463_22354479.jpg

「太尾用水」の方は本当に全く痕跡が残っていないようです。
しかし、「大豆戸菊名用水」の方は少し残っていました。
次回はそちらをご紹介します。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2012-07-02 22:39 | 横浜市の暗渠 | Comments(1)  

Commented by Owls at 2014-01-11 23:41 x
お久しぶりです。

神奈川区4小河川である入江川、足洗川、滝の川、反町川の中で、確か反町川が最初に暗渠化されたと記憶しています。反町川は結構の長さなので、ちょっと滝の川の支川というのには違和感がありますが、公式表記は滝の川右支川なんですね。

古い地図を見ると、あじさいロードの手前あたりにも小支川があったようです。まあ、川の上流部ですから当然ですが。せせらぎ緑道は入江川上流部の方が川らしい感じですので、反町川の方はイマイチな感じがします。

しかし、最深部が埋め立てされてないのは不思議な感じがします。まあ、たまたま横浜国大や工場などがあり、宅地化されなかったのが埋め立てされなかった原因なのかもしれません。お金使ってまで埋める必要ないですから。昔、最深部を見ようと接近したことがありましたが、私も上手く見れませんでした。

<< 菊名川をたどる④ 菊名川をたどる② >>