蟹ヶ谷をたどる

今回は、川崎市高津区の矢上川に南から注いでいた川跡をたどります。
地名が蟹ヶ谷なので、支流名も「蟹ヶ谷」としますが、蟹ヶ谷の地名の範囲はもう少し広くて、別な谷と暗渠もあります。
とりあえずこちらを蟹ヶ谷としておきましょう。
訪問日:2011/5/14

これは、矢上川に注ぐ合流口。
なぜか2つあります。
写真右奥にポンプ場があります。
b0206463_20555447.jpg


これがポンプ場。
このポンプ場の裏手から、
b0206463_2056194.jpg


暗渠が始まっています。
手元の地図では開渠として書いてあるところ。
ここをさかのぼっていってみましょう。
b0206463_20564021.jpg


両側よりも一段低くなっています。
そしてまっすぐ。
b0206463_20565451.jpg


左側の駐車場のところにニャンコがいました。
近づこうとしたら、すぐ逃げちゃいました。
b0206463_2057356.jpg


ここでは、横から側溝が合流。
b0206463_20572123.jpg


さらに先へ進むと・・・何やら不穏な空気が漂ってきました。
b0206463_2057314.jpg


何と行き止まり!
手元の地図ではちゃんと通れるように書いてあるのに・・・。
詐欺に遭った気分です。
b0206463_20574122.jpg


やむを得ず回り込んでみると、ふさがれているのはあの1ヵ所だけのようですね。
b0206463_2057557.jpg


さて、ここから先は分かりにくくなります。
これは先ほどの場所から少し離れたところを下流方向に向けて撮ったところですが、手元の地図ではこの駐車場内に開渠が書いてあります。
今は側溝しかないんですけど。
b0206463_2058863.jpg


振り返って上流方向を見ると、あまり川らしくありませんが、ここが谷筋です。
b0206463_20581798.jpg


すごい蛇行しているのがそれっぽいし、左のコンクリ側溝もそれっぽい感じになってきました。
b0206463_20582610.jpg


まだまだ蛇行は続きます。
b0206463_20583483.jpg


ここで突き当たってしまいます。
この建物のために、地形が少し変えられているかも知れません。
とりあえず左側から回ってみます。
b0206463_20584498.jpg


日が暮れてかなり暗くなってきてしまいましたが、しばらく広い道を上ると、この交差点に。
左の道の歩道がコンクリート蓋になっていました!
b0206463_2059942.jpg


ほら、こんな風に。
b0206463_20592664.jpg


金網の中をのぞくと、すごい水音を立てて水が流れていました。
きっとこの辺の湧水を集めてこの水量になっているんでしょうねえ。
b0206463_20593696.jpg


この辺は金網とコンクリ舗装が交互に配置されています。
b0206463_20594636.jpg


ここでお寺にぶつかります。
「専念寺」。
残念ながら、お寺の中にたどれるルートはほとんどありませんでした。
b0206463_20595765.jpg


お寺を入ったところにあるこの金網部分が最後に確認できる場所です。
b0206463_21072.jpg


ところで、お寺の前の道は、まだこんな急坂が続いていました。
だから、暗渠もまだまだどこかへ続いているはずだと思うのですが。
b0206463_2102387.jpg


この坂の急っぷりがすごい!
東京ではまず全く見かけない角度です。
b0206463_210339.jpg


しかも蛇行している!
毎日ここを通って通勤・通学している人もいるはずです。
ご苦労様です。
b0206463_2104377.jpg

さて、次回は、この山を上った反対側にある谷を探ってみます。
その名は「松の川」。
山の向こうはもう横浜市です。

今回のルートです。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2012-07-24 21:12 | 川崎市の暗渠  

<< 松の川をたどる① 本木堀をたどる③ >>