人気ブログランキング |

滝の川右支川(反町川)をたどる①

皆さん、明けましておめでとうございます。
年末年始にかけてちょっとブログ休憩していましたが、今年もぼちぼちやっていきますよ。

以前、横浜市の「滝の川」をたどりましたが、その支流である右支川=反町川(たんまちがわ)はあまり興味が持てなくてほったらかしにしていました。
しかし、再訪してみて、データも揃ってくると、なかなかいい暗渠なのではないかと思えてきました。
これから何回かに分けてご報告します。
訪問日:2011/10/30、2013/7/27

これはGoogleEarthの地形陰影図。
右上から上の真ん中あたりに向かって伸びているのが滝の川の本流。
図の右側の「一本松」と書いてあるあたりから左に伸びているのが、今回たどる右支川(反町川)です。
b0206463_1013131.jpg


右支川(反町川)と滝の川本流は、ここ、第二京浜の「二ツ谷交差点」の下で合流しています。
近くだと見にくいので、JRの線路より南側に回って撮ってみました。

b0206463_1044698.jpg

ズーム。
左に見えるのが右支川(反町川)。
右に2つ見えるのが本流です。
b0206463_1045360.jpg


合流口のすぐ上にやってきました。
「境橋」。
右の広い道は第二京浜です。
b0206463_105250.jpg


第二京浜の反対側に来ました。
開渠だった頃の橋跡が残っていましたよ!
b0206463_1051410.jpg


反対側から。
b0206463_1052028.jpg


橋の先は駐車場になっています。
b0206463_1052567.jpg


駐車場の端まで行くと、建物が建っています。
b0206463_1053262.jpg


少し先に進むと、川跡らしき痕跡が現れました。
この歩道のところがそうなのでしょう。
b0206463_1053816.jpg


先へ進むと、隔離された不自然なスペース。
b0206463_1054393.jpg


そしてここで京急東急東横線の線路跡を越えます(京急東横線は現在は地下化)。
b0206463_1055075.jpg


越えたところから急に左に曲がっていきます。
b0206463_1055583.jpg


歩道部分が川跡でしょう。
b0206463_106135.jpg


ここで広い道を越える。
b0206463_106859.jpg


ここからは整備された緑道となっていきます。
b0206463_1061869.jpg


ところどころにこういう橋跡の表示が足元に埋められています。
b0206463_1062410.jpg


「三ツ沢せせらぎ緑道」というのですね。
ダミーとおぼしき水流もここから始まっています。
b0206463_1063320.jpg


こんな湧水が流れ込んでいるところもありました。
左側は急崖ですからね。
b0206463_106463.jpg


ちょっと分かりにくいですが、ここは左から支流が流れ込んでいます。
ここは後でたどることにして、本流を先に進みます。
今回はとりあえず本流を全部たどってしまう予定ですのでね。
b0206463_1065551.jpg


倒れたけやきの木が保存されています!
b0206463_107487.jpg


この川の名前を表記した石碑です。
これがなければ、川の名前すら忘れられてしまうのでしょうね。
b0206463_1071494.jpg


さて、一瞬普通の道になったように見えますが、先に続いています。
b0206463_1072034.jpg


おお、上流方向なのにこの下り坂。
元々の状況とかなり違っているのでしょうね。
b0206463_1072648.jpg


でも、このくねくね蛇行感はなかなかいい。
b0206463_1073215.jpg


ここで左手から何かが合流してきているように見えます。
左の金網のところ。
こちらはあとで追跡します。
b0206463_1073931.jpg


本流は「三ツ沢上町」の交差点をくぐり、ここに続きます。
「滝ノ川あじさいロード」。
ここでは「反町川」ではなく「滝ノ川」の表記となっています。
b0206463_1074736.jpg


「滝ノ川あじさいロード」に入るとすぐに右から支流が合流。
こちらも後回しです。
b0206463_1075621.jpg


左手の崖が高い。
b0206463_108325.jpg


そして途中を大幅に省略し、ここに出ました。
歩道が途切れ、ここから開渠です。
b0206463_1081049.jpg


開渠ですが、道がなく、たどることはできません。
回り込みます。
b0206463_1082135.jpg


回り込む途中にあったバス停。
「三ツ沢池」。
そして、この右の道も「大池道路」。
かつてはこの近くに大きな池があったらしいのですが、今はその姿を消しています。
b0206463_1082739.jpg


さて、回り込んでまた開渠にたどり着きました。
b0206463_1083792.jpg


そして最後は横浜国立大学の敷地の一歩手前で開渠は終了。
地形的にもここを上流端とすべきでしょう。
b0206463_1084522.jpg


大学敷地内には側溝がありますが、学内ゆえ追えませんし、ここで終了としておきましょう。
b0206463_1085195.jpg

次回は、緑道のところで左から合流していた2本の支流をさかのぼります。

by ankyo-nekomatagi | 2014-01-07 12:00 | 横浜市の暗渠  

<< 滝の川右支川(反町川)をたどる② 辰井川周辺の暗渠をたどる⑳ >>