人気ブログランキング |

矢上川・野川双子支流(仮)をたどる①

今回から、神奈川県を流れる鶴見川の支流である矢上川の支流をたどります。
住所的には川崎市宮前区野川3丁目。
訪問日:2014/11/2

これは恒例のGoogle earthの地形陰影図。
左下の方に黒い線で書かれているのが矢上川。
その東側に音叉のような二又に分かれた谷があります。
こんなところに暗渠があるのか、と半信半疑でたどってみましたが、まんまとありましたのでご報告します。
二又に分かれていて、左右対称形の同じ形をしていますので、地名の「野川」に足して「野川双子支流(仮)」と名付けてみました。
b0206463_12223853.jpg


まずは西側の支流の谷頭から。
尾根道から谷を見下ろすことができます。
何とも絶景。
ただし、ここからまっすぐ降りていくことはできず、少し回り込みます。
この谷の東側、写真では左の方に道があるので、そちらへ向かいます。
b0206463_12224858.jpg


この道が谷道へのアプローチ。
東側から入ることができます。
b0206463_12225650.jpg


これがその谷道。
まだ川跡らしきものは何もありません。
と思っていましたが、この左側の側溝がそれと言っていいかも知れません。
b0206463_1223551.jpg


木漏れ日が強烈!
b0206463_12231360.jpg


側溝が金網になっているところがありましたが、水が相当なスピードで流れています。
特に雨の後ということでもなかったので、湧水が流れているものと思われます。
やはりこれが川なのでしょうか。
b0206463_1223197.jpg


途中から側溝が道の中の方に移動してきました。
ちょっと川っぽい。
b0206463_12232868.jpg


急な谷をほぼ降りきったところからが本番です。
正面に見えるお宅の脇から、写真右方向に向かってコンクリート蓋暗渠が始まっています。
と同時に、ここは東側の谷と合流する地点。
写真左方向から来る流れも合流しているはずです。
もっとも肉眼では確認できません。
b0206463_12233528.jpg


これがそのコンクリート蓋暗渠。
b0206463_12234395.jpg


近くで見るとよく分かります。
b0206463_12235231.jpg


その先では、道が盛り上がっていて上り坂になっています。
つまり、ここが「橋」ということでいいと思います。
b0206463_12235847.jpg


その先はちょっとワイルドな感じに。
b0206463_1224588.jpg


足元は階段となっています。
やはり先ほど交差した道は盛り土がされているようです。
b0206463_12241237.jpg


上の写真は分かりにくかったので、逆方向から。
3段の階段。
b0206463_1224203.jpg


先に進みますが、草がちょっと通行の邪魔をします。
あまり人が通っていないようです。
b0206463_12243259.jpg


ワイルド暗渠の先はコンクリート舗装暗渠。
道なりに進みます。
b0206463_12244013.jpg


ここで右折。
b0206463_1224485.jpg


道の左側をまっすぐ進みます。
追いかけがいが出てきました。
b0206463_1225275.jpg


この駐車場の奥で引っ込んでいきます。
b0206463_12251167.jpg


ここでまた右折。
b0206463_12251965.jpg


足元を見ると、おっと、いつの間にか開渠になっていました。
b0206463_12252694.jpg


開渠が先まで続いています。
b0206463_12253343.jpg

次回に続きます。

by ankyo-nekomatagi | 2015-04-28 12:00 | 川崎市の暗渠  

<< 矢上川・野川双子支流(仮)をたどる② 海老沼都市下水路をたどる⑥ >>