鶴瀬駅の暗渠をたどる②

鶴瀬駅の暗渠の2回目です。
訪問日:2014/12/7、2015/4/19

さて、集合住宅の中に入ってしまった暗渠、この写真の中のどこかを通っているような気がします。
割と新しめの集合住宅のようで、邪魔になる「どぶ川」は隠されてしまいました。
b0206463_14365337.jpg


しかし、敷地内をうろついていると、ようやくこれを見つけました!
金網で囲われた隔離暗渠。
b0206463_1437196.jpg


のぞき込んでみると、コンクリート蓋暗渠でした。
それにしてもコンクリート蓋の傾きが不揃いw
b0206463_1437782.jpg


今のところには入ってはいけなさそうなのですが、道路からはルートがはっきりと分かります。
b0206463_14371762.jpg


そしてここへ出てきていました。
それにしてもコンクリート蓋が傾いていますねえ。
b0206463_14374125.jpg


その隣にあったこの建物も何かいい感じ。
b0206463_14374958.jpg


そしてさらに上流方向にも続いています。
b0206463_14375882.jpg


暗渠らしい暗渠が続きます。
b0206463_1438435.jpg


左の敷地との段差が結構あります。
b0206463_1438138.jpg


ここでカクンと曲がると同時に急坂に。
b0206463_14381994.jpg


その先は広い道にぶつかり、一瞬見失います。
b0206463_14382441.jpg


広い道に出て右方向を見たところ。
こちら方向に進んでいると思われます。
b0206463_14383064.jpg


道路の右側の歩道でしょうか。
b0206463_14383657.jpg


ここで銭湯を発見!
歩道も終わり、ここで右に曲がっているようです。
b0206463_1438432.jpg


「つるせ浴場」。
看板はありますが、こちらは裏側。
b0206463_14385293.jpg


煙突もそびえています。
b0206463_14385961.jpg


さて、右に曲がった暗渠は、「つるせ浴場」を回り込んでいくようです。
b0206463_1439635.jpg


この銭湯の入り口のところで左折。
たぶん。
b0206463_14391558.jpg


道が蛇行していることしか暗渠っぽいところはありません。
b0206463_14392122.jpg


途中で「大径マンホール」を発見!
めったに見ない物件を見つけて驚いています。
b0206463_14392977.jpg


・・・と思っていたら、少し先でもう一つ発見!
ある所にはあるんですねえ。
b0206463_14393768.jpg


で、その「大径マンホール」の先の交差点で谷地形もほぼ終わり。
この辺りを上流端としておきましょう。
b0206463_14394347.jpg

次回は、初回のこの暗渠をたどり始めたところから、下流方向にたどってみます。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2015-10-13 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(2)  

Commented by onnbubatta at 2018-05-09 10:11
猫またぎさんこんにちは。
ブログにコメントありがとうございました。こちらも遊びにきてしまいました~。
連休に鶴瀬駅の暗渠を歩いてきまして、きっと猫またぎさんが書いておられるだろうなと(GWに行く場所かどうかはさておき)。
私は線路際のコンフォール鶴瀬から歩いたのですが、ここから上流は団地だし痕跡ないものとスルーしていました・・記事を拝見したら、雰囲気のいい廃居酒屋さんと蓋暗渠が残っていたんですね。一帯が団地の区画の中、この残され方は貴重な感じがしました。
Commented by 猫またぎ at 2018-05-09 14:02 x
おお、鶴瀬に来られましたか。
団地内でコンクリート蓋を見つけた時はちょっと小躍りしたものです。

ところで、この記事の訪問日は2014/12/7と2015/4/19ですが、2014/12/7の後半は夕方になってしまったので、4ヵ月ほど後の2015/4/19に再訪したのですが、この間に「つるせ浴場」は廃業してしまっていたようです。
訪問時は気づきませんでした。
ネットの情報では、2015年3月に廃業したとあります。
銭湯の消滅スピードは、暗渠よりはるかに速いですね。

<< 鶴瀬駅の暗渠をたどる③ 鶴瀬駅の暗渠をたどる① >>