麻生川 五力田支流(仮)をたどる①

今回は、川崎市麻生区を流れる麻生川の支流をたどります。
現地の地名を取って「五力田支流(仮)」としておきます。
最寄り駅は小田急線「新百合ヶ丘駅」か、小田急多摩線の「五月台」です。
訪問日:2016/2/18

五力田支流(仮)の最下流は、小田急線新百合ヶ丘駅と、小田急多摩線五月台の中間ぐらいのところにあります。
ずいぶん遠いところまで来ちゃいました。
これが麻生川の合流地点からみた五力田支流(仮)。
開渠です。
b0206463_22354894.jpg


上の写真からかなり回り込んで来ると、この谷底が続きです。
写真左が上流方向。
b0206463_2236181.jpg


これが下流方向。
b0206463_2236936.jpg


上流方向はしばらくの間、姿を消します。
写真左奥に見えるのは遊水池。
あの左側を通っているようです。
b0206463_22361675.jpg


これがその遊水池。
それにしても結構田舎ですねえ。
b0206463_22362561.jpg


これは「古沢遊水池」。
b0206463_22363520.jpg


古沢遊水池の奥から再び開渠が登場。
b0206463_22364340.jpg


ここで、道沿いにも暗渠が存在しているようです。
コンクリート蓋の上にコンクリートがかけられています。
先ほどの遊水池のところで合流しているのかな。
地面の下なのでよく分かりませんが。
b0206463_22365476.jpg


金網部分の下を見ると、しっかり水が流れていました。
こちらをしばらくたどってみましょう。
b0206463_2237157.jpg


少し先で、こんな急坂を下ってくる支流が合流していてちょっとびっくり。
b0206463_2237963.jpg


すぐに終わっちゃいますけどね。
b0206463_22371741.jpg


途中右折できる道があったので、そちらに行ってみると、本流の続きを見ることができました。
写真左が上流方向。
写真奥で右に曲がり、先ほどの遊水池の方に向かっています。
b0206463_22372547.jpg


上流方向はこう。
谷地形がくっきりとしているのは分かりますが、ただの田舎の川、という感じで面白くはありません。
それより、さっきの暗渠の方が気になります。
b0206463_22373388.jpg


暗渠の続きは、依然としてコンクリート蓋が続いています。
b0206463_22374019.jpg


ここでカクンと左に曲がり、
b0206463_22374788.jpg


少し急な坂のこの部分でコンクリート蓋は途切れてしまいます。

b0206463_22375577.jpg

ここで右を見ると、開渠がありました。
こちらに続くのかな、と思いましたが、地図を見ると違うようです。
b0206463_22381863.jpg


これはGoogle Mapの現地の様子。
ここは開渠のスタート地点ですね!
ということは、この位置で2流路に分流している、ということになりそうです。
b0206463_22382735.jpg

谷地形はここから上流に向けてまだ延々と続きます。
ご報告は次回とします。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2016-11-15 12:00 | 川崎市の暗渠  

<< 麻生川 五力田支流(仮)をたどる② 大堀川 篠籠田(しこだ)支流(... >>