谷本川支流・大場川の支流をたどる

今回は、横浜市を流れる鶴見川の支流である谷本川に流れ込む支流の「大場川」をたどります。
住所的には横浜市青葉区市ケ尾町、最寄り駅は「市ケ尾駅」となります。
訪問日:2016/7/5

これは大場川の下流の様子。
あまり大きな川でもありませんが、この川をさかのぼっていきます。
ちなみに、写真奥が下流方向。
b0206463_11201058.jpg


谷本川に合流する地点では、ガードレールにこの支流の名前が書いてありました。
b0206463_11201747.jpg


大場川をかなりさかのぼっていくと、川の両側から支流が流れ込んでいました。
こちらは左岸方向。
b0206463_11202633.jpg


右岸方向からも。
こちらの支流を少したどっていくと、
b0206463_11203697.jpg


ようやく暗渠が現れました。
道の右側がコンクリート蓋暗渠、左側が川脇の歩道です。
b0206463_11204479.jpg


少し先では、一瞬だけ開渠になっていました。
b0206463_11205366.jpg


いえ、一瞬ではなく、しばらく開渠が続くようです。
b0206463_1121264.jpg


ちなみに、この道路の位置は、こんな立派な谷地形になっていました。
写真左が上流方向。
b0206463_11211066.jpg


Google earthの地形陰影図では、上の写真の谷底は赤い矢印のところです。
まだかなり下流ですねえ。
b0206463_11212312.jpg


さて、しばらく行ったここから再び暗渠。
道路が川の右から左に移ります。
b0206463_11214266.jpg


暗渠も左に曲がっていきます。
b0206463_11215178.jpg


そしてすぐに道路から離れ、右折して遠ざかっていきます。
暗渠らしい独特の動き。
b0206463_11215979.jpg


民家の裏手へと入っていきます。
b0206463_1122815.jpg


典型的なコンクリート蓋暗渠。
良い。
b0206463_11221763.jpg


一般道をくぐって先に進みます。
b0206463_1122276.jpg


暗渠脇に咲く可憐な花。
何ていう花ですかね。
b0206463_11223685.jpg


一般道を横切ってさらに奥地へ。
b0206463_11224588.jpg


ここで広めの道と合流し、歩道として進みます。
b0206463_11225527.jpg


この歩道暗渠もまた見応えある!
b0206463_1123329.jpg


この辺では、道路の左側の崖がかなり高くなってきていました。
b0206463_11231973.jpg


ちなみに、今通っている道から右を見ると、緑の金網が見えます。
あれが大場川の本流です。
ずっと平行に流れた末に合流しているのですね。
b0206463_11232838.jpg


ここは暗渠脇が草深い。
b0206463_11234643.jpg


ここでコンクリート蓋が途切れたようになりますが、
b0206463_11235357.jpg


実は側溝として生き延びています。
b0206463_112409.jpg


少し先ではさらに細く。
暗渠上に階段まで付けられています。
b0206463_1124788.jpg


その側溝すら途切れた先は広い空間が広がっています。
b0206463_11241564.jpg


遊水池でした。
「大場第一2号雨水調整池」。
「第一」だけど「2号」です。
b0206463_11242251.jpg


今の遊水池の位置はここ。
かなり谷をさかのぼってきました。
そして、遊水池の先にも谷地形は続いています。
b0206463_11243293.jpg


遊水池の先にある公園にこんな物を見つけました。
1本の木を鉄枠で取り囲んでいます。
b0206463_11243998.jpg


石碑まで建てられていて、由来が書いてあります。
別の場所にあった巨木をここに移設して、大事に保存しているようです。
こんなに大事に囲われた木は初めて見たので驚きました。
b0206463_11244991.jpg


さて、今の公園の位置はまだこんなに深い谷地形。
写真右が上流方向。
もう少しだけたどってみましょうか。
b0206463_11245655.jpg


道路が蛇行していることだけが川跡の証。
b0206463_1125814.jpg


それでもこの蛇行っぷりは見事です。
b0206463_11251678.jpg


蛇行が止まりません。
b0206463_1125235.jpg


ここではカクカクと。
この先、坂を登ると突き当たりで、そこで終了となります。
b0206463_11253076.jpg


その突き当たりの位置はこの谷底。
まだ谷地形はかなりの深さです。
この地形を見られただけでもここまで登ってきた甲斐はあったというものです。
b0206463_11253792.jpg


今の谷底の位置はここ。
b0206463_11255491.jpg

途中のコンクリート蓋暗渠はなかなか見応えがありましたね。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2016-11-29 12:00 | 横浜市の暗渠 | Comments(2)  

Commented by よしりん at 2017-01-08 09:57 x
明けましておめでとうございます。
暗渠徘徊の旅?楽しみにしています。
大場川!って、今の自宅のすぐ近くなんで、よく抜け道で、くねくねと通っていたところでした。
うちの、脇には、谷本川支流の黒須田川が流れていて(ここは開渠が多いのかな?)少し歩いて、丘の上(石坂浩二の家がある)付近に、早渕川の源流もありますね。
青葉区は、開発が進んでしまって、川も整備されてしまっていますが、大場地域は、開発前に、市街化したようなので、暗渠で残っているのかも、知れませんね。
今の自宅の付近は、山だったので、川べりだけに細々と、水田があったと聞いています。
今や、あざみ野の住宅街ですけれどもね・・
Commented by 猫またぎ at 2017-01-09 23:21 x
よしりんさん
大場川の近くにお住まいでしたか。
このあたりまで来ると、確かに暗渠らしい暗渠は少なくなってきますね。
だんだんネタにできる暗渠に出会いにくくなってきました。
できるだけ続けようとは思っていますが、どうなりますやら。

<< 兵庫県高砂市の暗渠をたどる① 麻生川 五力田支流(仮)をたどる② >>