古綾瀬川をたどる④

古綾瀬川の最終回です。
訪問日:2017/8/19

ここでまた道が途切れ、回り込まなければなりません。
b0206463_20285762.jpg


回り込んできて次に出会ったのがこれ。
何かずいぶん様子が違う。
水がどこにもありません。
どうやらこれは分水路か旧流路のようです。
b0206463_2029128.jpg


この地点で途切れていました。
この撮影地点の背後は広い川なんですが、その正体は、
b0206463_20305126.jpg


古綾瀬川本流への合流口でした。
上の写真の下を通っていたんですね。
b0206463_2031259.jpg


Mapionの地図では、現在地はここ。
太い本線は左の方を通っていて、最終的に真東に進んでいます。
やはり旧流路という感じでしょうか。
ちなみに、古綾瀬川の本線のすぐ南、高速道路「外環」の下をもっと太い川が通っていますが、これは「綾瀬川放水路」。
洪水対策の新しい水路です。
古綾瀬川もおそらく同じ事業でまっすぐに流路を変えられたようです。
b0206463_20311373.jpg


で、古綾瀬川の本流のつづきを。
正面から流れてきて、この撮影地点の橋の下を通っていきます。
一部は写真左方向に分水され、すぐに「綾瀬川放水路」に合流します。
上の地図だと「八幡町」と書いてある文字の「町」の字のあたりですね。
b0206463_20312165.jpg


合流地点には「古綾瀬川上流水門」。
古綾瀬川の水の一部を分けただけなのに、ずいぶんと立派な水門です。
b0206463_20313049.jpg


「綾瀬川放水路」への合流口です。
水位が変わらないタイプの合流口。
逆流を防ぐための水門なんですね。
b0206463_20314396.jpg


これが「綾瀬川放水路」。
この左を「古綾瀬川」が通っています。
b0206463_203219.jpg


草加市史の水路図では現在地はこのへん。
かつてはぐにゃぐにゃがまだ続いていましたが、現在はすっかり変えられてしまいました。
b0206463_2032923.jpg


さて、古綾瀬川の本流の続きがこれ。
見事にまっすぐです。
この右を「綾瀬川放水路」が通っています。
b0206463_2032187.jpg


まっすぐに変えられた古綾瀬川ですが、外環の南側に旧流路の名残りも残っています。
この緑道がそれのようです。
b0206463_20322429.jpg


Mapionの地図では、今ここ。
「綾瀬川放水路」の南側です。
b0206463_20324066.jpg


人口のせせらぎが作られた遊歩道です。
b0206463_2032499.jpg


いい感じの散歩道ではあります。
b0206463_20331285.jpg


ひたすら左回りに曲がり、
b0206463_20331974.jpg


ここで終了。
当然ながら、現在は「綾瀬川放水路」とも「古綾瀬川」ともつながりはないのでしょう。
b0206463_20332914.jpg


草加市史の水路図では、現在地はきっとこのへん。
b0206463_20333731.jpg


さて、面白みもないまっすぐな古綾瀬川を進むと、これが見えてきました。
「古綾瀬川下流水門」。
ここでも古綾瀬川の一部を「綾瀬川放水路」に流しているようです。
b0206463_20334664.jpg


その左隣には「古綾瀬川伏越(ふるあやせがわふせこし)」。
ここで古綾瀬川の本流が「綾瀬川放水路」の下をくぐるのですね。
b0206463_20335447.jpg


ちょっと下を向いて撮影。
伏せ越しているかどうか、肉眼ではよく分かりませんけれども。
b0206463_203472.jpg


向こう側には、くぐって上がってくるところの水門が見えています。
b0206463_20341587.jpg


近くまでやってきました。
b0206463_20342368.jpg


これが地上に上がってきたところ。
b0206463_203436100.jpg


その先の下流。
ここから先は普通の川なので(ここまでも普通の川でしたが)、全部省略です。
b0206463_2034461.jpg

これで古綾瀬川のシリーズは終了です。
総じて、住宅地に残る蛇行のすごさが見所でしたかね。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2017-11-28 12:00 | その他地区の暗渠  

<< 蕨駅周辺の暗渠をたどる① 古綾瀬川をたどる③ >>