武蔵新城駅周辺の暗渠をたどる

今回は、JR南武線「武蔵新城駅」の近くで見つけた暗渠をご報告します。
川崎市だから、以前のシリーズ「川崎暗渠狂想曲」のタイトルをつけてもよかったのですが、あまりにも間が空きすぎているので、普通のタイトルにしてみました。
なお、訪問が半年以上前ですみませんw
最近ネタが枯れてきたので、お蔵入りにしていたのを引っ張り出してみました。

訪問日:2017/5/6

ここは、川崎市中原区下新城3-14あたり。
交差点のところにコンクリート蓋暗渠を発見しました。
川崎市はほとんどくまなく歩き回っているつもりだったのに、まだヌケがあるんですねえ。
これは北の方角(上流方向)を見たところ。
この歩道部分が暗渠。
b0206463_13595354.jpg

振り返って下流方向。
ここはコンクリート舗装。
まずはこちらを追いかけてみます。
b0206463_14001068.jpg

すぐにコンクリート蓋になりました。
b0206463_14002002.jpg

この位置でコンクリート蓋は道路から離れ、右に曲がります。
b0206463_14003016.jpg

おっと出ました!
縁石付きコンクリート蓋暗渠。
川崎ではこの「縁石付き」が多くてわくわくします。
b0206463_14004083.jpg

ここで左折して奥まっていきます。
b0206463_14004894.jpg

まっすぐ続く。
b0206463_14005879.jpg



「裏道」という感じでいいですねえ。
b0206463_14010944.jpg

ここで終了となってしまいました。
この先に見える緑地は、
b0206463_14014442.jpg

「江川せせらぎ緑道」です。
この緑道自体は、最終手金矢上川に合流することになります。
人為的なものなので、暗渠者にはあまり関心はありませんので、下流の探索はここまでとします。
b0206463_14015417.jpg

冒頭の写真から上流に向かいます。
b0206463_14020870.jpg

コンクリート舗装で道路を渡ります。
b0206463_14023093.jpg

「新城小学校」の敷地の北西端で右折します。
b0206463_14025317.jpg

ここからアスファルト舗装に。
b0206463_14030486.jpg

「新城小学校」の北側をまっすぐ進みます。
b0206463_14031324.jpg

アスファルトにひびがあって、コンクリート蓋の上であることが分かります。
b0206463_14032356.jpg

おっと、ここで歩道が唐突に終わっています。
b0206463_14033221.jpg

ほら、ぷっつりと。
b0206463_14034165.jpg

90度左折してまた北上しています。
b0206463_14035696.jpg

ここは真っ白なコンクリート舗装で補修されています。
b0206463_14040809.jpg

その先は補修前。
b0206463_14041729.jpg

ガレージ前は鉄板暗渠。
b0206463_14043097.jpg

ここから先は蓋の幅が小さくなってしまいました。
b0206463_14044523.jpg

その舗装さえも、ここで終わってしまいました。
ここはもう武蔵新城駅のすぐ近くです。
ここから先は追いかけることはできませんでした。
まあ、この流れも二ヶ領用水の支堀でしょうから、どこかから分水してきてるんでしょうけどね。
b0206463_14045516.jpg
途中の縁石付きコンクリート蓋暗渠が見所でしたね。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2018-02-13 12:00 | 川崎市の暗渠 | Comments(0)  

<< 武蔵野線 吉川駅周辺の暗渠をたどる① 三ツ境駅近くの暗渠をたどる② >>