武蔵野線 吉川駅周辺の暗渠をたどる①

今回もかなり前に訪問した記事となってしまいますが、武蔵野線「吉川駅」の周辺で見つけた暗渠をたどります。

訪問日:2017/7/23

ここは吉川駅の南口。
駅前に金のなまずのオブジェがあります。
吉川はなまずの町ですからね。
b0206463_11191677.jpg

さて、南口の広い道を少し進むとこれに出会います。
こちらが下流方向だと思いますが、ではこれより上流はどうなのか、というとよく分かりません。
駅の北口に行っても何も見つかりませんでした。
まあ、探索が不十分な可能性も十分にありますが。
なお、このルートの少し左(東)を「二郷半用水」が通っていますから、それに併走する用水路なのでしょう。
b0206463_11192897.jpg

道路を渡るところのコンクリート舗装。
b0206463_11193956.jpg

緑色のコンクリート舗装が、ここからコンクリート蓋になっていきます。
b0206463_11195376.jpg

まっすぐ進むだけですから、面白みはあまりありませんけど。
b0206463_11200587.jpg

延々と続きます。
b0206463_11202544.jpg

と、ここで右に支流が出ていました。
たぶん、右奥が下流方向。
というか、左奥の方向の方が幅が狭いですね。
右が本流と言うべきなのでしょうか。
b0206463_11204330.jpg

これまたまっすぐ進んでいるのは、用水路のにおいがぷんぷんします。
まずはこちらを追いかけてみましょう。
b0206463_11205359.jpg

コンクリート蓋が道を横切るところはやはり印象的。
b0206463_11211178.jpg

ここも。
b0206463_11213163.jpg

ここで普通の舗装路になり、痕跡としては分かりにくくなります。
とは言え、少し先に中川があるので、そこに合流するのでしょうが。
b0206463_11214630.jpg

しかし、中川まで行っても合流口はありませんでした。
どこへ行っちゃったんでしょうか。
b0206463_11215684.jpg

ということで、元のルートに戻って先に進みます。
ここの様子がちょっと変です。
左右に緑地地帯が横切っています。
b0206463_11221595.jpg

こんな感じの空き地が横切っていました。
手元の昭文社の地図を見ると、青い線で水路として書いてあります。
元々は二郷半用水から中川につながる排水路か何かだったのでしょう。
b0206463_11223148.jpg

ちなみに、今の緑地の脇に小さな開渠がありました。
右の緑地は埋め立てられ、今はこの排水路しかないのかもしれません。
b0206463_11224756.jpg

さて、本線の方は、まだまだ続きます。
b0206463_11225724.jpg

左の田んぼには水路があったりします。
b0206463_11230850.jpg

さて、ここで別の支堀が右に出ていました。
b0206463_11231985.jpg

これをたどってみましょうかね。
b0206463_11234078.jpg

ここで歩道をやめ、左折。
b0206463_11235262.jpg

単独路がまっすぐ続く。
b0206463_11241059.jpg

ここで正面方向は開渠に。
しかし、右方向も暗渠のようです。
b0206463_11242058.jpg

開渠にあまり水は行っていません。
b0206463_11243631.jpg

右方向。
こちらをたどってみます。
b0206463_11245127.jpg

ここで開渠となり、90度左折。
b0206463_11250472.jpg

曲がったすぐ先は公園。
b0206463_11251375.jpg

池になっていました。
b0206463_11252315.jpg

水路の続きは左側に。
b0206463_11253333.jpg

この公園の名は「彦糸公園」ですから、この池は「彦糸池」でしょうか。
b0206463_11254392.jpg

池の端はこんなになっていて、
b0206463_11255681.jpg

ここは排水口なのか、それとも水が出ているのか、よく分かりませんでした。
b0206463_11260586.jpg
次回は本線に戻って先に進みます。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2018-02-20 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(0)  

<< 武蔵野線 吉川駅周辺の暗渠をたどる② 武蔵新城駅周辺の暗渠をたどる >>