武蔵野線 吉川駅周辺の暗渠をたどる③

吉川駅周辺の暗渠の最終回です。

訪問日:2017/7/23

今度は右から支堀が合流。
いや、分水かな。
よく分からないけど雰囲気はいい。
b0206463_14041043.jpg

カクカクと蛇行している...だけじゃなく、
b0206463_14042338.jpg

この斜めズレして置かれたコンクリート蓋が珍しいですよね!
b0206463_14043671.jpg

先の方でもこの斜めズレ置きの箇所が。
b0206463_14044869.jpg

しかし、残念ながらここでコンクリート蓋は終わり、その先は判然としません。
いい雰囲気だったので、残念です。
本線に戻ります。
b0206463_14050090.jpg

相変わらずの光景...と思いましたが、右にまた分岐しています。
b0206463_14051196.jpg

割と広いコンクリート蓋暗渠。
これをたどってみます。
b0206463_14052124.jpg

一般道を越えて進みます。
b0206463_14053114.jpg

ここで左折して単独行に。
b0206463_14053997.jpg

ちなみに、逆の右方向からもコンクリート蓋がやってきていました。
ここで合流するのでしょう。
b0206463_14054926.jpg

しばらくさかのぼると、通り抜け不可の表示が。
こちらはこれでやめておきます。
b0206463_14055977.jpg

先ほど左折した方向は、補修されたばかりらしく、コンクリートが真っ白。
b0206463_14060821.jpg

なんか白くてまぶしい。
b0206463_14061722.jpg

そして、ここから開渠になっていました。
b0206463_14063143.jpg

水量は結構ありますね。
b0206463_14064035.jpg

一応今のルートの終末を見届けましょう。
この位置で中川に合流します。
b0206463_14065222.jpg

「中堰排水機場」でした。
b0206463_14070561.jpg

合流地点には水門がありました。
b0206463_14071528.jpg

さて、本線に戻ると、ここで終わったみたいな感じになっていました。
b0206463_14072624.jpg

どうも左折してこっちに向かっているようです。
b0206463_14073552.jpg

歩道部分が暗渠っぽい。
b0206463_14074507.jpg

ここから開渠に。
b0206463_14075437.jpg

開渠なのでここから先は追いかけません。
おっと、こちらは本当に下流方向なのか、流れの方向を確認するのを忘れていました。
まあいいか。
b0206463_14080748.jpg

ここからはオマケ。
中川を渡った反対側、越谷市川柳町2-71あたり、久伊豆神社の近くにあったこのコンクリート蓋暗渠が珍しかったので、写真を載っけておきます。
b0206463_14084837.jpg

両側縁石付きコンクリート蓋暗渠です。
めったに見かけないレアものですね。
b0206463_14090168.jpg

まあ、すぐに終わってしまうわけですが。
b0206463_14091135.jpg

これで吉川駅周辺の暗渠は終了です。
支流にいろいろと見所が多い暗渠でしたね。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2018-03-06 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(2)  

Commented by lotus62 at 2018-03-07 12:10 x
3枚目、衝撃的でした!!!見に行ってみようと思います。
最後のもかわいいですねー。
Commented by 猫またぎ at 2018-03-08 15:02 x
lotus62さん
お久しぶりですね。
何でこんな置き方したんでしょうね。

最近は以前のように暗渠が見つからなくなってネタが枯れがちです。
いつまで続けられるでしょうね。

先日、新金貨物線の橋跡を見てきましたよ。
あまりにも感動したので、lotus62さんの記事と酷似しますが、後日ご報告しようかと思います。

<< 南与野駅周辺の暗渠をたどる 武蔵野線 吉川駅周辺の暗渠をたどる② >>