南与野駅周辺の暗渠をたどる

今回は、埼京線「南与野駅」の近くで見つけた暗渠をご紹介します。
訪問日:2017/11/4

ここは、さいたま市中央区鈴谷3-5あたり。
ここから西方向にぺこんとへこんだ谷地形がありました。
この谷底まで行ってみると、
b0206463_13352752.jpg

やっぱり川跡っぽい状況になっていました。
これは右(上流)方向を見たところ。
b0206463_13354234.jpg

振り返ってこちらは下流方向。
川跡らしき空き地が見事に続いています。
b0206463_13355724.jpg

ちなみに、ちょっと通り過ぎて振り返ってみるとこんな感じ。
こっちの方が全然見やすかったw
b0206463_13360979.jpg

さて、今の場所は実は最上流地点に近かったのでした。
1ブロック上流側に行ってみると、もうほとんど谷地形は消えていました。
b0206463_13371159.jpg

これが先ほどの川跡の続き。
空き地が続いてきています。
b0206463_13372400.jpg

振り返ると、会社の私有地。
これより先は痕跡はないのでしょう。
先ほどの場所から下流方向を目指します。
b0206463_13374135.jpg

右岸側から回り込んできました。
なかなか雄大なV字谷を拝むことができます。
b0206463_13375504.jpg

谷底に行って上流方向を見る。
金属蓋の暗渠となっていました。
b0206463_13380689.jpg

下流方向。
ここは未舗装路で、入ることができます。
b0206463_13381645.jpg

1か所金網の蓋があり、暗渠と確認できます。
b0206463_13382683.jpg

そして、この道に出て、一瞬見失いました。
谷底はどちらかと言うと右方向なのですが、
b0206463_13383555.jpg

実は少し左にズレた位置から再開していました。
しかも上に物は置いてありますが、開渠です。
b0206463_13384606.jpg

物が置いてあって全然分かりませんw
b0206463_13385566.jpg

開渠をしっかり確認できる所がありました。
水量はこんなものですか。
b0206463_13390702.jpg

そして、この突き当たりで開渠終了。
b0206463_13392108.jpg

道路のひび割れが道の奥まで続いています。
b0206463_13393173.jpg

この金網の雨水ますのところで右折しているのでしょう。
b0206463_13394009.jpg

しばらく何もない道をまっすぐ行くと、別の細い水路に出会いました。
b0206463_13395045.jpg

先ほどより水量の多いこの水路に合流しているのでしょう。
b0206463_13400240.jpg

足元を見ると、ちゃんと合流地点を確認できました。
右側が今追いかけてきた暗渠です。
b0206463_13401154.jpg

合流先の水路の上流方向。
ここをたどってもすぐに開渠になるだけなので、これを追うのはやめておきました。
b0206463_13403901.jpg

ちなみに、今回の暗渠の最上流地点の近くにあったのがこれ。
「本杢古墳」。
b0206463_13404986.jpg

盛り上がっていて古墳らしかったですよ。
b0206463_13410183.jpg
今回は、何気ない暗渠でしたが、ちゃんと痕跡が残っているのに好感が持てましたし、谷地形の見事さも良かったですね。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2018-03-13 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(0)  

<< 梅屋敷駅近くの暗渠をたどる 武蔵野線 吉川駅周辺の暗渠をたどる③ >>