梅屋敷駅近くの暗渠をたどる

今回は、京急「梅屋敷駅」のすぐ近くにある細道暗渠をたどります。
訪問日:2018/1/20、2018/2/3

これは「梅屋敷駅」の西側から始まっている細道暗渠のスタート地点。
京急の線路の反対側は、広い第一京浜が通っていることもあり、続きを見つけることはできませんでした。
この暗渠は前から知っていたんですが、京急は高架化が順次進められており、この暗渠の行く末が心配でしたが、無事に残ってくれました。
b0206463_12413130.jpg

とにかく細いんですよね。
b0206463_12414410.jpg

ここは住宅が改装中で、さらに細くてめちゃくちゃ通りにくい!
b0206463_12415367.jpg

とにかくまっすぐ進みます。
b0206463_12420276.jpg

小さめのマンホールが多数出現。
b0206463_12421444.jpg

この通りを越えると、側溝の位置が左から右へ移動。
b0206463_12422280.jpg

さらに次の通りを越えると、側溝が真ん中に!
b0206463_12423146.jpg

次の通りを越えると再び右に。
注意して見ていると、目まぐるしい。
b0206463_12424236.jpg

右側に「鶴渡公園」が見えてきました。
b0206463_12425240.jpg

公園が途切れたところで、進入不可能になりました。
b0206463_12430205.jpg

住宅の裏側になっています。
b0206463_12431174.jpg

今のところには入れないので、回り込んでいくと、やや広めの道「東邦医大通り」まで出なければなりません。
この東邦医大病院の敷地内にあるこの植え込みが位置的にはぴったりなので、この位置が続きなのでしょう。
b0206463_12432118.jpg

で、その先ですが、ちょうどいい位置には続きが見つかりません。
ただ、ちょっと左(南)にずれた位置から植え込みが始まっていました。
これが続きか否かははっきりしませんが、勝手に続きと見なしてたどってみます。
b0206463_12432993.jpg

この右側の建物も東邦医大病院です。
b0206463_12434224.jpg

結構長い距離続きます。
b0206463_12435197.jpg

この場所に植え込みがあるのは不自然なので、川跡であることは間違いないでしょう。
b0206463_12440015.jpg

そして、この「大森七丁目公園」でいったん途切れます。
というか、この先はよく分かりません。
しかし、一応この公園の向こうにあるJRの線路の向こう側に回ってみましょう。
b0206463_12440909.jpg

その前に、今の位置から振り返って一枚。
なかなか迫力のある建物です。
b0206463_12441838.jpg

さて、線路を渡ってきました。
線路の向こうに先ほどの公園が見えます。
b0206463_12442731.jpg

振り向くと、道路がやたらと蛇行しています。
この左側の歩道が続きと見なしましょう。
b0206463_12443586.jpg

やたらぐにゃぐにゃと蛇行w
b0206463_12444658.jpg

もうすぐ呑川にぶつかる寸前で、左からぶつかってくる暗渠っぽいルートを見つけました。
あの突き当たりまで行ってみます。
b0206463_12445691.jpg

突き当たりまで行って右方向を見る。
奥に見える突き当たりの位置が先ほどの本流が通っている道です。
道路の左右で舗装の具合が違っています。
おそらくこの道路の左側が暗渠なのでは。
b0206463_12451541.jpg

左方向を見る。
はっきりしませんが、こちら方向に向かってみます。
b0206463_12450633.jpg
少し進むと、やはりこの舗装の違いが気になります。
b0206463_12452499.jpg

ここで急に細くなっています。
b0206463_12453287.jpg

さらに進むと、急に暗渠っぽく。
b0206463_12454109.jpg

この細道は暗渠でしょう。
b0206463_12455006.jpg

突き当たりに行くまでに左から何かが合流。
b0206463_12460117.jpg

奥を見ると、あの突き当たりがJRの線路。
その先は追跡不可能です。
b0206463_12461068.jpg

正面方向も、この突き当たりで、あとは分からなくなります。
b0206463_12462093.jpg

さて、本線に戻ると、この位置で呑川の流路にぶつかっています。
ここで探索終了としましょう。
なお、呑川への合流口はありませんでした。
b0206463_12462822.jpg
何ともいい加減な探索になってしまいましたが、梅屋敷駅近くの暗渠の細さは特筆モノではないでしょうか。

次回は、「東邦医大通り」を少し北上した位置にある銭湯「あたり湯」の脇を通っている暗渠をご紹介します。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2018-03-20 12:00 | その他東京の暗渠 | Comments(0)  

<< あたり湯暗渠をたどる 南与野駅周辺の暗渠をたどる >>